よく使われる京都の方言一覧!京都弁と大阪弁の違いを解説

京都の方言は上品だと言われます。

京都弁に憧れるという方が多いそうですね。

 

とはいえ、一般の京都人が使う京都弁は

ある程度限定されており、

すべての京都弁を使いこなすのは舞妓さんぐらいです。

 

ここでは、京都在住の僕自身の経験から、

よく使われる京都方言だけを紹介し、

また、京都弁と大阪弁の違い

京都弁を程よく使いこなす方法についても解説します!

1:京都民が選ぶ!よく使われる京都弁

京都の代表的な方言といえば、

「~どす」、「~やす」など、

舞妓さんが使ってそうな言葉が思い浮かびますが、

一般の京都人は日常でこんな言葉は使いません。

 

そこで、日常で使われる京都の方言を

まとめてみました。

 

京都に観光に来て、「何て言ってるんだろう?」

と思ったら、ぜひ参考にしてみてください。

京都弁標準語
どんつき突き当り
かしわ鶏肉
お揚げ油揚げ
もん物、者
ねきすぐそば
炊いたん煮物
しまう片づける
ほかす捨てる
ねぶる舐める
よそう注ぐ
あないにあのように
えげつない酷い
しんどい疲れた
らい疲れた
ものすごい
せわしない落ち着きのない
どんくさい手際が悪い
かなん困る
しょうもないくだらない
辛気臭いじれったい
じゃまくさい面倒くさい
むさい小汚い
けったいな妙な
てれこ
いっこも全く
~へん~しない
~ひん~しない
~よし~したらどう?
ほなそれでは
さいならさようなら
おおきにありがとう
かんにんごめん

 

また、京都では、強調したい言葉を

二度繰り返す話し方をします。

 

例えば、

「めっちゃ寒い」を「寒い寒い」

「めっちゃ怖い」を「怖い怖い」

と言ったりします。

 

ここで、二度繰り返す言葉のうち、

最初の言葉を早口で話すことが多いです。

 

「寒い寒い」なら「さむっさむい」

「怖い怖い」なら「こわっこわい」

のように発音します。

 

このような話し方をする人がいれば、

京都の人だと思って間違いないですね。

2:京都弁と大阪弁の違いは?

京都弁2

京都弁は大阪弁と非常に似ていますが、

微妙に異なります。

しかし、この微妙な差だけで、

京都弁は柔らかく、大阪弁はキツく

聞こえてしまうのです。

 

ここでは、この微妙に異なる点について

解説してみます。

2.1:「〜はる」、「〜へん」

京都弁でも関西弁でも語尾に

「〜はる」、「〜へん」をつけるところに

特徴がありますが、若干使い方が異なります。

 

標準語京都弁大阪弁
行く行かはる行きはる
聞く聞かはる聞きはる
行けない行けへん行かれへん
話せない話せへん話されへん
行かない行かへん行けへん
話さない話さへん話せへん

 

京都弁は接頭語にそのまま

「〜はる」「〜へん」をくっつける。

 

関西弁は接頭語の最後をエ段に変えて

「〜はる」「〜へん」をくっつける。

 

という違いがあるのがわかりますね。

     スポンサードリンク

2.2:「〜かぁ」

京都弁が柔らかい印象に聞こえるのは

「〜かぁ」を語尾につけることが大きな要因です。

 

舞妓さんがよく語尾に「~かぁ」をつけて

話す印象がありますが、一般の京都人も

「~かぁ」はよく使います。

標準語京都弁大阪弁
行くんだ行くねんかぁ行くねんやん
面白いよおもろいねんかぁおもろいねんやん

3:京都弁を使うには?

冒頭でも書きましたとおり、

京都弁は上品でおっとりしているため、

女性を中心に憧れるひとが多いそうです。

 

ここでは、京都弁を無理なく

自然に使うためのポイントを紹介してみます。

 

京都弁のかわいいフレーズ集は

以下の記事でまとめていますので、

ぜひ参考にしてみてください。

3.1:ゆっくりとしたテンポで

京都弁は、大阪弁のように早口で

まくし立てるような話し方はしません。

 

ゆっくり話すことで上品でおっとりした印象を

与えることができるので、

意識的にスローテンポで話してみると良いでしょう。

3.2:敬語は語尾に「〜しはる」

標準語の敬語では「〜される」を語尾につけます。

 

例えば、「お隣さんが外出される」

という使い方ですね。

 

一方、京都弁では、

「お隣さんが外出しはる」というように

「~しはる」を語尾につけて敬語を表現します。

 

また、一部の京都人は、

この「〜しはる」を目上の方だけではなく、

動物や天候にも使います。

 

「猫が寝てはる」

「雨が降ってきはった」

といった具合です。

 

この「~しはる」は使い勝手が良く、

どんな相手に対しても「~しはる」と

語尾につけるだけで相手を敬うことができ、

僕も多用するのですが、注意点として、

対上司など仕事の場では、あまり「~しはる」を

使用せず、標準語の「~される」を

使用する方が良いです。

 

「~しはる」は動物や後輩相手にも使うので、

上司や取引先には違う言葉遣いをする方が

丁寧な印象ですね。

3.3:ありがとうは「おおきに」

いきなり使うにはハードルが高いかもしれませんが、

ありがとうは「おおきに」と言ってみましょう。

 

ポイントは、やはりゆっくりと話すことです。

早口で話してしまうと、

大阪弁に近くなってしまいますので。

 

上記が京都弁をうまく使うためのポイントですが、

やり過ぎると嫌味っぽくなります。

 

僕の奥さんは生粋の京都人ですが、

時々出る京都弁にイラッとすることがあります(笑)

 

京都人が嫌われる所以なのかもしれません…。

 

京都は様々な場面で嫌われることがあるそうですが、

そのあたりは別記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

3.4:京都弁を話す芸能人は?

京都弁を話す芸能人と言えば、

AKB48の横山由依さんですね。

 

僕も何かのテレビ番組で横山さんが

京都弁を話すのを観ましたが、

とても可愛らしく感じました。

 

京都人ながら、京都弁を話す女性って

いいなぁと思いました(笑)

 

京都弁を使ってみたいなぁとお考えの方は、

横山さんが京都の観光地を紹介する

「はんなり巡る京都いろどり日記」を

見てみてはいかがでしょうか?

横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記 第1巻 「京都の名所 見とくれやす」編【Blu-ray】 [ 横山由依 ]

横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記 第2巻 「京都の絶景 見とくれやす」編 [ 横山由依 ]

横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記 第3巻 「京都の春は美しおす」編【Blu-ray】 [ 横山由依 ]

あとがき

日常で使われる京都弁と、

京都弁を自然に使うポイントを紹介しました。

 

京都に来たら、ぜひ、

生の京都弁を感じてみてください!

33 件のコメント

  • えらい(ものすごい)の部分、「ら」にアクセントだと標準語ですので、しんどいのもものすごいときも「え」にアクセントで大丈夫です。地元の方ではないかもしれませんがよろしくお願いします。

    • わたしは、中国で日本語を勉強しておりますが、京都弁に興味がございますので、京都弁で日常会話を聞きたいものです。

  • 伊賀在住のものです
    伊賀弁は「行かない」は「行かへん」ですが「来ない」は「来いひん」や「来やへん」って言います
    あと、伊賀は「先生」は京都大阪と同じですが伊勢に属する亀山では東京方言のアクセントになります
    京都~伊賀~亀山(伊勢)山を1つ越える事に微妙に変わるんですね

  • ばんばん も使います。

    意味は、かなり や めっちゃ、たくさん などです。

    あと、若い人は ばんばん や 形容詞を連呼したりとかはしますけど、みずや(食器棚) とか 味がようしゅんでる(味がよく染みてる) と言われてもピンとこうへん人らが多いと思います。

  • はじめまして。
    京都弁が大好きで、検索して此方に辿り着きました。
    ロシア語とフランス語を少しかじった程度ですが、京都弁が世界で一番綺麗な言語だと思います。
    これからも、京都の事を沢山教えていただけると嬉しいです。

  • 母が京都で父が大阪。大阪出身の私ですが、大阪弁と京都弁が混ざってしまいます。この記事読んでいて、無意識に京都弁をしゃべっているなぁと思いました。

  • 最近の若い子達は京都と言うより、大阪の方の言葉や標準語の色も濃くなってきた様な気がしてこちらを拝見させていただきました。ここ最近だと、「炊いたん」を名詞でなく、炊くという動詞だと捉えられたのが印象深いです。動詞でもあるのかしら…?と悩んだのですが…やはり煮物で合ってました。
    参考になりました、ありがとうございました。

  • 神戸の友人と「行けへん」の意味の違いで険悪なムードになった事があります。私は用事があって行けないという意味だったのを、友人は行きたくないと受け取ったようで…。同じ関西弁でも意味が違って怖いわぁって思ったのを思い出しました( ̄▽ ̄;)

  • 来ないの?と言う意味で京都はき(来)ーひんの?って言いますが滋賀や大阪の人、(奈良の人もらしい)は、こー(来)へんの?って言う様です。京都だけって事かな。それと雲居さんの仰る通りで若い子は大阪寄りの関西弁です。京都の人でも2回繰り返して寒い等は言わないです、逆の意味もシャツがテレコになってる。って昔は言いましたが使いませんね〜。

    • 京都市に住んでる中学生です!さっむさむいな!とか、これあっつあついやん。とかは使いますよー。でも、さすがに京都に住んでても、「おおきに」は若い子が使うとなんか変な目でみられるから、あんまり使わへんようにしてます

  • 京都で生まれ幼児期を過ごし大阪で育ち結婚して神戸で子育てしましたが、神戸では「○○したはる」とは言わず、「○○しとお」と言う、こべっこの息子にビックリ!なかなか「○○しとお」に慣れませんでした、、、神戸便は京都大阪とは異質だと思います。独身時代より長く神戸市民になりましたが「○○はる」は抜けません、、、

  • 京都、大阪、東京と住んでた者です。一番長いのは大阪ですが。京都人ならよーくご存知なはずですが、舞妓言葉は座敷言葉であって京都弁やおまへん。
    ちゅーか彼女ら自身が九州やら関東やらの出で京都の人間やおまへんやないか(笑)
    大阪はせかせかしてるとか言いはるけど、少なくとも若者の間なら京都と大阪の子の話し方はまったく変わらへんし分からへんよ。
    それをテレビにのせられて日常出会うことのないはんなり?を気取るのは辞めときなはれ。
    じぶんしんどいで。
    三重とか神戸の子は多少何かちゃうなーって思いますけど。
    ほなさいなら。

    • 話し方おもしろいですねw
      えっと、京都市に住んでる中学生です。大阪の人と話してるとき、結構話し方に違いあるなーって思うときありますよ。京都やと、「今日用事できたから遊べへんくなってん」が、大阪やと、「今日用事できて遊ばれへんくなってん」やからだいぶ違いありますよー。でも、個人的には大阪弁のほうが好きですw

  • 京都出身。現在までずっと京都に住んでいる者ですが、「ねき」や「てれこ」は聞いた事ありませんでした。

    その他、問題なく伝わるものの、日常的には使わない言葉も多いですね。

    京都ー大阪での
    「〜ひん」「〜へん」は確かにややこしい時があります。

  • 父が大阪、母が京都で、大阪に住んでいます!
    大阪と京都のちょっとした違いは面白いと思いました!こんなに細かい違いにびっくりしました!
    京都の祖父の家に行くとよく京都弁で喋られるので勉強してます!いい勉強になりました!!ありがとうございました!

  • 地元が京都市で20数年住んでましたが、
    髪を切りすぎたときや
    裾が短いときなど丈が足りてないときは
    ちょんちょんって言ってました!
    小学生ぐらいから言ってたので恐らく方言かと

  • 京都の方って本当に大阪を下げないと死んじゃうんでしょうか?
    関東だとそういうことがないのでビックリしました笑
    関西はギスギスしてる感じですか?正直怖いです。特に京都の方が…もちろん、全員がそうではないのは理解してますよ…

    • あなたが仰る関東とは、東京のみのことですか?

      関東はそんな事ないと仰いますが、関東も隣県下げはよくしてると思いますよ。

      京都出身で、大学にて関東に四年おりました。
      彼らはお互いに他県を馬鹿にしあっている印象です。

      千葉埼玉の仁義なき戦い、両県の北関東三県蔑視、栃木群馬の五十歩百歩闘争、茨城の福島下げなどです。
      神奈川の人間が千葉埼玉を馬鹿にしてるのも何度か見かけました。

      結局、どこも似たようなものでしょう。

      京都だから~っていうのは、単純に京都を見下げてるだけのように思いますね。

  • ギスギス…?よく言われますけど、それは関東とかの人が早口で関西弁を聞くと、怖く聞こえてしまうからではないでしょうか?奈良県民ですけど、奈良は寝倒れ言うて、寝るのが大好きなやんわりした人が多いです。京都が他を下げるのは、ほとんどの場合ネタのような気がします。関西全体がボケとツッコミの文化ですから、ふっていくネタも多いってことではないでしょうか。
    時々悲しくなるのが、関西で犯罪が起こった時に、関西に生まれなくて良かった、だの何だのでけなしてくる人が多いことです。同じ日本人ですから、やはりそう言うのを聞くと悲しくなります。できれば控えていただけるとありがたいですよね。

  • 兵庫なので、京都弁はわからないけど、
    行きはる、聞きはるはあまり使わない。(河内弁はもっと使わなそう。)
    使うとすれば、「ルール変わったの聞いて(は)るやろ。」とか、使ったことはないが、「明日、先生がここ聞きはるさかい。」みたいな感じか。

    行かれへん…予定があって行かれへん。(事情があって行くことができない。)
    行けへん…そんな危ないところ行けへん。(行きたくないし、行くこともできない。)
    行かへん…遊園地は行かへん。(行きたくない。)
    どれも使う。

    ~ねん。今度東京行くねん。~やん。鶴橋でるやん。餃子食うやん。それから何する?って感じか。
    ~ねんやんは聞いたことがない。

    おおきには商売言葉ってイメージが強いけど。違うのかな。

    炊いたん、ねぶる(聞くことはある)、~ひん、~よし、おおきに以外は、標準語より、京都弁の方をよく使う。
    ってあれ、京都弁だったのか?!

  • さっむさむいじゃなくて基本的にさっぶさぶいです♪
    もしかしたら僕の地域だけかも知れませんが♪

  • こんにちは。

    京都弁、憧れますね~w。
    ベタかもしれませんが、やっぱり柔らかい感じがします。
    自分は群馬出身ですが、「~だんべ」より遥かに(笑)
    関西弁も、九州の方の方言も好きです。
    日本語っていいですねw。

  • 大阪人です。

    京都と大阪の言葉は確かに違いは有りますが、通じない言葉が有る訳でもなく
    それ程違和感は無いですね。

    夜間の電話で切り際にゆっくりとした口調で「おやすみやす」と言われた時は
    とても上品な雰囲気で京都を感じた瞬間でした。
    日常会話で普通に「〜やす」を使う人はもう少ないと思います。

    また「〜きはった」「やらはった」「おおきに」等は大阪と発音が違うので
    話せばすぐに京都人だとわかります。

    1つ取り上げて欲しい言葉が有ります。
    「ニヌキ」 (ゆで卵の固ゆでの事)
    大阪市内では全く普通に使っていますが関西圏で時々通じない事が有りました。
    元々は京言葉ですか?

  • 私は無意識のうちに早口で話してしまい、
    よく家族や友達などから「えっ?ごめん、
    なんて?」と聞き返されることが多いのですが、
    京都弁のようにゆっくり話せばいいのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です