京都・高雄周辺のおすすめ宿を紹介!近くの格安ホテルを探すなら?

京都市の北方面に位置する高雄は

自然豊かな場所です。

 

秋には紅葉、夏には青もみじと蛍と

四季を通じて見応えがある高雄ですが、

アクセスの不便さが欠点。

 

せっかく高雄に行くなら、

どこかで宿泊して、翌日以降も引き続き

観光することをオススメします。

 

この記事では、

・高雄周辺のオススメのお宿

・高雄の紅葉と川床の見所

について、書いていきます。

高雄観光ホテル

目の前には清流・清滝川が流れ、

すぐ背後には山々がそびえ立ち、

高雄の中でも特に自然に囲まれた

ホテルです。

建物は若干、古さが目立つものの、

その分、高雄のお宿としては、

料金はリーズナブル。

高級旅館がひしめく高雄にあって、

予算が厳しい方にとっては

非常にありがたいホテル

と言えます。

 

口コミには、以下のような声が

見られました。

・川床での夕食と舞妓さん、蛍とすべて堪能できました。

・このお値段でいいのかしら?と思いました。

・真っ赤な秋には少し早めでしたが赤黄緑の錦模様を静かに楽しむことができました。

 

夏の川床料理と蛍、秋の紅葉と

季節によって変わる見所が

非常に満足度が高いようですね。

送迎バスも運行されており、

最寄りの嵐山の駅周辺まで

送り迎えしてくれますので、

アクセス面の心配も不要です。

 

いつ訪れても現実から離れた

特別なひとときを味わうことが

できるでしょう。

エクスペディアで高雄観光ホテルの情報を見る

もみぢ家本館 高雄山荘

国道162号沿い、高雄の入口にある旅館です。

山々に囲まれた展望風呂「山」では、

高雄の季節の移り変わりを

楽しむことができます。

 

美しい自然を目の前にしながらの

お風呂は本当に贅沢ですよ。

お風呂のみならず、お部屋も綺麗で、

窓から見える光景は見事です。

こちらも事前にお願いしておけば、

最寄りの駅まで送迎してくれるので、

アクセスの心配はいりません。

 

口コミによると、お食事も非常に

満足度が高いようです。

・京料理がまるでフルコースのフランス料理のように順番に出てきて、温かいものもおいしくいだけました。

・一番感動したのは朝食。何を食べてもおいしかったです。

・特にお料理と半露天風呂からの高雄の山の風情は大変印象的でした。

 

お風呂もお食事も素晴らしく、

美しい景観に囲まれると、

現実を忘れて寛ぐことができるでしょう。

安いお宿を探すなら

リーズナブルな高雄観光ホテルでも

一泊15,000円以上はかかりますので、

予算に限りがある方には

なかなか厳しいでしょう。

 

高雄を避けて周辺でお安い宿を探すなら、

二条駅周辺がオススメです。

 

JRバスは二条駅の前を通りますし、

高雄からのアクセスも良いです。

 

二条には地下鉄もJRあり、

どこの観光地に向かうにも便利です。

 

 

京都駅と嵐山に行くならJR、

四条通などの京都市街に行くなら地下鉄、

というように目的地に応じて

交通手段を変更できますよ。

杵屋旅館

二条駅から徒歩5分という好立地、

広さ十分の和室が用意されて、

一泊5,000円を下回る格安お宿です。

二条駅周辺は交通の利便性から

宿泊料金もお高めで、

通常のシティホテルでの相場は

一泊15,000円〜20,000円です。

 

この相場を考えると、杵屋旅館が

いかにお安いかが分かりますね。

さらに、ビールやドリンクの

無料サービスもあるそうで、

ここまでコスパの良いお宿は

他にないと言えるでしょう。

京町家 美福ろうじ屋

築130年の京町家を改装して

オープンしたお宿です。

出格子、通り庭、坪庭、一文字瓦など、

京町家らしい造りがそのまま残り、

京都らしい風情を心ゆくまで

味わうことができますよ。

 

二条駅から徒歩5分という立地ですが、

2名以上で泊まると一泊10,000円を下回り

非常にリーズナブル。

せっかく京都に来たからには、

京町家に泊まってみたいけど予算が…

という方にオススメですよ。

秋の紅葉はオススメ!

高雄の紅葉は京都でも随一の美しさ。

 

国道に沿って紅葉が真っ赤に映え、

周囲の大自然と相まって

まるで異世界にいるような

気持ちになります。

 

筆者は5年間、高雄を毎日通過して

仕事に通っていましたが、

紅葉シーズンにはあまりの紅葉の美しさに

運転に集中できないほどでした(笑)

 

国道沿いの紅葉も美しいですが、

高雄の紅葉と言えば、神護寺です。

 

山門へ至る長い石段を

覆うように伸びる紅葉や、

葉の合間に見え隠れする金堂等の建造物など

神護寺の紅葉は趣に溢れています。

 

境内には3,000本もの紅葉が映え、

趣と同時に圧巻の光景を

楽しむことができますよ。

 

神護寺の紅葉について、詳細を知りたい方は

以下の記事を参考にしてみてください。

紅葉の見頃

紅葉は寒い地域、つまり北から順に

色づきが始まります。

 

高雄は京都市でも北方面の

山間部に位置することから、

嵐山や清水寺といった京都市街の

紅葉名所よりも見頃は早くなります。

 

京都市街の紅葉の見頃は

例年11月中旬〜下旬ですが、

高雄は11月上旬〜下旬ですね。

2018年の見頃はいつになる?

葉が赤色や黄色に色づくには、

日最低気温8℃以下が必要となりますが、

これがさらに5℃以下になると、

一気に色づきが進行すると言われています。

 

つまり、その年の気候によって

紅葉の見頃時期は異なってくると

いうことです。

 

2018年の気候ですが、気象庁が発表した

「向こう3ヶ月の天候の見通し」によると、

今年の9月〜11月の西日本の気温は

平年より高いと予報されており、

気温が下がりにくいため、

紅葉の見頃はやや遅くなりそうです。

 

気象庁の観測どおりの気候となれば、

2018年の高雄の紅葉の見頃は

11月中旬から11月下旬

になると予想します。

紅葉の見頃時期まとめ

高雄の紅葉の見頃時期をまとめると、

以下のようになります。

・例年の高雄の紅葉の見頃は11月上旬〜11月中旬。

・2018年は気温が高い傾向にあるので、紅葉の色づきは遅くなる。

・2018年の紅葉は例年より遅れて11月中旬〜11月下旬になると予想。

 

紅葉を楽しみにホテルを予約したのに、

まだ葉が青かった、もう散っていた、

ということになると残念ですよね。

 

一方で、予約が遅れると、

・満室で予約が取れない…

・1ヶ月前に見たときよりも倍の宿泊料になっている…

ということもあるので、

11月中旬〜下旬を狙って、

今のうちに予約することをオススメします!

川床料理もオススメ!

 

秋の高雄に続き、

夏の高雄といえば川床です。

 

清流・清滝川のすぐ脇に床を設え、

会席料理を楽しむことができます。

 

高雄の川床は、

・山中に位置し、街中より2〜3℃気温が低い。

・青もみじなど、自然に見応えがある。

・夜は蛍も見られる。

という特徴があり、真夏の日中でも

まるでエアコンが効いているように

快適に過ごすことができます。

 

美味しい料理を食べながら、

自然エネルギーを感じられることでしょう。

 

ランチが楽しめる高雄の川床については、

こちらの記事でまとめていますので、

ぜひ参考にしてみてください。

高雄への行き方

・京都駅からJRバス周山方面乗車

⇒「山城高雄」下車

・四条烏丸から京都市バス8系統乗車

「高雄」下車

高雄のほとんどのお宿は

最寄り駅まで送迎してくれますが、

公共交通機関で行く場合、

手段はバスしかありません。

 

京都駅から向かう場合はJRバスに、

四条烏丸から向かう場合は京都市バスに

乗るようにしましょう。

あとがき

高雄周辺のお宿について、ご紹介しました。

 

高雄は自然豊かで、春夏秋冬、

いつ訪れても見応えがあります。

 

ぜひ、高雄で現実から離れたひとときを

堪能してみてくださいね。