2018宇治川の紅葉スポットの見頃は?遊覧船の予約方法も!

京都・宇治市の真ん中を流れる宇治川

秋になると絶景の紅葉スポットになります。

 

源氏物語の舞台にもなり、

街並みから歴史を感じられる宇治市ですが、

紅葉とのコントラストにより

一層深みが増す印象です。

 

ここでは、歴史ある街・宇治市の中心

宇治川の紅葉について、ご紹介します。

【関連記事】
京都・宇治市の紅葉スポットを6箇所まとめ!穴場も!

1:宇治川の紅葉

JR宇治駅を下車してすぐ、

宇治市の中心・宇治橋から上流が紅葉スポット。

 

歩いてすぐの宇治公園と塔の島では、

山々が色づきます。

 

ここでも十分に紅葉を堪能できますが、

一番の絶景ポイントは「天ヶ瀬吊橋」です。

 

天ヶ瀬吊橋は宇治川に架かる、

延長約50メートルにも及ぶ吊橋です。

 

吊橋周辺は山に囲まれていますが、

この山は赤色や黄色に見事に染まり、

圧巻の美しさを見せてくれます。

 

宇治川に山が反射して映り込むので、

目の前一面を紅葉に包まれたような、

壮大な景色となります。

 

京都の紅葉名所と言えば、

嵐山が最も有名だと思いますが、

天ヶ瀬吊橋周辺の紅葉は嵐山にも引けを取らない

見事な美しさです。

 

嵐山のように混雑もなく、

マイペースで紅葉を楽しめるのも良いですね。

 

個人的に、紅葉がキレイなのは良いですが、

混雑していると、どうも疲れたことばかりが

思い出に残ってしまいます(笑)

 

逆に、全く混雑なく、

紅葉をマイペースで楽しめたときは、

そのときの紅葉の光景がハッキリと

頭に焼きつきます。

 

混雑が苦にならない方もおられると思いますが、

僕のように混雑が苦になる方は、

宇治川のように隠れた名所に訪れる方が

良い思い出に残るかもしれませんね。

2:宇治川遊覧船

宇治川の紅葉を楽しむには、

宇治川遊覧船がオススメ。

 

宇治市のお茶屋・喜撰茶屋が提供する

宇治川観光通船では、

船上でお食事を楽しみながら、

ゆっくりと川下りを楽しむことができます。

 

船上から眺める紅葉は本当に美しく、

贅沢な気持ちに浸れることでしょう。

 

お食事のお代もリーズナブルで、

気軽に乗船できるのも良いですね。

 

こういう観光地の遊覧船って、

非常に高額なイメージがありませんか?

 

安くても5千円、下手すると1万円を超えるとか。

 

僕もこれまで観光地で遊覧船を見ていいなぁと

思っていましまたが、敷居が高くてなかなか

経験できませんでした。

 

リーズナブルなうえに、

絶景の紅葉も見られるとなれば、

乗船してみるしかないですね!

 

喜撰茶屋の宇治川観光通船は予約制となっており

恐らく、紅葉ベストシーズンのお昼時は

すぐ予約で埋まってしまうと思われるので、

早め早めに予約しておくと良いでしょう。

宇治川観光通船

<舟内食プラン>

料金
700円+お食事代

運航時間
約40分

<おやつプラン>

料金
900円(おやつ付)

運航時間
約20分

予約先
0774-22-1123

公式ホームページ
http://www.kisen.jp/index.html

3:紅葉の見頃は?

京都市内の紅葉の見頃は例年

11月中旬〜12月上旬ですが、

宇治市は京都市より南に位置するため、

紅葉の見頃はやや遅めの

11月下旬〜12月上旬となります。

 

葉が色づくためには、

日最低気温8度以下が必要となりますが、

これがさらに5度以下になると、

一気に色づきが進行すると言われています。

 

気象庁が発表した「向こう3ヶ月の天候の見通し」

によると、今年の9月〜11月の気温は

平年より高いと予報されており、

気温が下がりにくいため、

紅葉の見頃はやや遅くなりそうです。

 

気象庁の観測通りの気候になれば、

今年の宇治川の紅葉の見頃は11月下旬以降か、

下手すると12月以降になるかもしれません。

 

確実に絶好の見頃時期に訪れたい方は、

11月末から12月上旬がベストかもしれませんね。

 

12月にもなれば、日によっては、

コートが必要となります。

 

特に、宇治川遊覧船に乗ると

風を遮るものがないので、

防寒対策は欠かせません。

 

天気予報を必ずチェックして、

何時頃まで外に出ている予定か、

しっかり計画を立てて、服装を選びましょう。

4:アクセス

まず、JR宇治駅と京阪電車宇治駅から

宇治公園・塔の島までは徒歩約5分ですが、

そのまま天ヶ瀬吊橋まで行くのが遠く、

駅から歩いて約30分もかかります。

 

天ヶ瀬吊り橋には専用駐車場はなく、

周囲にコインパーキングすらないので、

車で訪れても停車する場所がありません。

 

よって、天ヶ瀬吊り橋に訪れるには、

頑張って歩いて行くか、

タクシーを利用するしか手段がありません。

 

アクセスが不便な分、先述のとおり、

天ヶ瀬吊り橋は比較的人が少なく、

のんびり紅葉を楽しむことができます。

 

50メートルの吊り橋から眺める光景も

非常に美しいので、体力に自信のある方は、

ぜひ、訪れてみてはいかがでしょう。

5:宇治市内で宿泊するなら

宇治市には、宇治川以外にも、

世界遺産の平等院と宇治上神社や、

少し足を伸ばせば、人気観光地・伏見稲荷大社にも

すぐ行くことができます。

 

宇治市内に宿泊して、翌日以降の観光の

拠点にするのも一手ではないでしょうか。

 

JR宇治駅から京都駅までは、

JR奈良線で乗り換えることなくアクセス可能。

 

また、JR宇治駅から程近い京阪宇治駅からは、

途中、中書島駅で別路線に乗り換えるだけで

伏見稲荷駅まで行くことができ、

伏見稲荷大社までのアクセスも非常に楽です。

 

JR宇治駅周辺のお宿に宿泊すると、

翌日以降の観光に便利ですよ。

 

宇治市でお宿を探すなら、

ぜひ宿泊したいのは「花やしき浮舟園」です。

宇治市の代名詞・宇治川が目の前に流れ、

美しい清流を眺望できるのが最大の特徴です。

 

お部屋も非常に清潔で、

贅沢なひとときを過ごせることでしょう。

その他、学生さんやバックパッカーの方は

できる限りお安く宿泊したいことでしょう。

 

宇治市内の格安宿泊施設は

以下の記事にまとめていますので、

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

【関連記事】

宇治市の素泊まりができて安い旅館・ホテル・ゲストハウスをご紹介!

あとがき

宇治川の紅葉について、書いてみました。

 

個人的に宇治市は都会のイメージがありますし、

駅から30分歩くだけで山に囲まれた

大自然が広がるなんて知りませんでしたし、

驚きました。

 

京都には清水寺や嵐山など、

多くの紅葉名所がありますが、

宇治川周辺の紅葉は隠れた絶景スポットと

言えるでしょう。

 

駅周辺には世界遺産の平等院や

宇治上神社もありますし、

しっかりプランを練って多くの名所に

訪れてみてくださいね。