2018年京都・宇治市の紅葉スポットを6箇所まとめ!穴場も!

源氏物語の舞台にもなった、

歴史と伝統の街・宇治市

 

宇治市は街全体に風情が漂っていて、

訪れるだけで京都の歴史を感じられます。

 

そんな宇治市の紅葉は、

決して華やかではないものの、

上品で厳かな美しさを楽しめる名所が多く存在します。

 

ここでは、宇治市の紅葉名所を

1:平等院

宇治市で一番有名な観光地と言えば、

世界遺産の平等院でしょう。

 

境内の平等院鳳凰堂は藤原頼通が

極楽浄土を形にした建造物で、

鳳凰が翼を広げた姿を連想させることから、

そのように呼ばれています。

 

平等院の紅葉は数こそ多くありませんが、

非常に上品で芸術的なことで知られます。

 

修復工事を終え、当時の美しさを取り戻した

鳳凰堂と真っ赤な紅葉との組み合わせは

素晴らしいの一言です。

 

多くの紅葉に囲まれるのも良いですが、

美しい建造物とのコントラストを楽しむのも

良いかもしれませんね。

【関連記事】

2018京都・平等院の紅葉を紹介!見頃・混雑は?

基本情報

拝観時間
庭園:8時半〜17時半
平等院鳳翔館:9時〜17時
鳳凰堂内部:9時10分〜16時10分

拝観料
大人:600円
中高生:400円
小学生:300円

所在地
京都府宇治市宇治蓮華116

アクセス
・JR奈良線「宇治駅」から徒歩10分
・京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩10分

2:宇治上神社

応神天皇と仁徳天皇を祀る歴史の古い神社で、

平等院と並び、世界遺産に登録されています。

 

境内は非常に狭いですが、

最古の神社建築である3つの社と

平安時代の建築様式を取り入れた拝殿が

残っています。

 

秋になると、鳥居から拝殿までの参道の紅葉が

美しく赤く染まります。

 

また、国宝・拝殿と紅葉とのコントラストも

見逃せません。

 

世界遺産でありながら、参拝客が少ないので、

厳粛な雰囲気の中、静かに紅葉を

楽しむことができます。

 

まさに、穴場と言えるかもしれませんね。

 

基本情報

拝観時間
9時〜16時半

拝観料
境内自由

所在地
京都府宇治市宇治山田59

アクセス
・JR奈良線「宇治駅」から徒歩20分
・京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩10分

3:三室戸寺

平安時代、まだ幼い光仁天皇が

宇治川支流の志津川で一尺二寸の

金色に輝く千手観音像を発見し、

この観音像を祀るために建立されたという

伝承をもたお寺です。

 

あじさいは京都随一の名所として知られますが、

秋の紅葉も非常に美しく染まります。

 

平安時代には西行法師が、

室町時代には関白・近衛政家が、

三室戸寺の紅葉を絶賛。

 

江戸時代には「三室戸の紅楓」として、

宇治十二景の一つに数えられています。

 

このように、三室戸寺の紅葉が古くから

訪れる人々を魅了していることがわかりますね。

 

基本情報

拝観時間
8時半〜16時半

拝観料
大人:800円
小人:400円

所在地
京都府宇治市莵道滋賀谷21

アクセス
京阪電車「三室戸駅」から徒歩15分

4:萬福寺

江戸時代初期に中国の僧・隠本によって

創建されたお寺です。

 

境内には、都七福神の一つ・布袋像の他、

中国式の巨大な伽藍が立ち並び、

内部も中国式の建築様式で、

異国情緒が漂っています。

 

境内の放生池や天王殿でも、

真っ赤で美しい紅葉が見られますが、

一番の見所は長い回廊から見られる紅葉です。

 

中国式の回廊を歩きながら紅葉を眺めると、

日本と中国の文化が入り混じったような、

何とも不思議な感覚を味わえるでしょう。

 

紅葉の美しさは中国風でも日本風でも、

万国共通なんですね。

 

基本情報

拝観時間
9時〜17時

拝観料
大人:500円
中学生以下:300円

所在地
京都府宇治市五ケ庄三番割34

アクセス
・JR奈良線「黄檗駅」から徒歩5分
・京阪電車宇治線「黄檗駅」から徒歩5分

5:興聖寺

道元により建立された、

日本曹洞宗最初のお寺です。

 

比叡山延暦寺からの弾圧に遭い、

道元が越前に移り住んでから衰退しますが、

江戸時代に再興されています。

 

興聖寺の紅葉の見所は何といっても

「琴坂」でしょう。

 

「琴坂」は興聖寺の本堂に通じる参道のことで、

脇を流れる小川のせせらぎの音が

琴の音に似ていることから、

このように呼ばれています。

 

琴坂は200メートル程度の緩やな坂道ですが、

秋になると、両側の楓が色づき、

通路全体を覆うまで枝が伸びて、

もみじのトンネルができあがります。

 

美しい紅葉の光景から、宇治十二景にも

選ばれているほどです。

 

決して華やかなお寺ではありませんが、

閑寂で荘厳な雰囲気を感じられるお寺ですよ。

 

基本情報

拝観時間
9時〜17時

拝観料
境内自由
ただし、建物内部は志納料として一口300円が
必要となります。

所在地
京都府宇治市宇治山田27-1

アクセス
・JR奈良線「宇治駅」から徒歩20分
・京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩10分

6:宇治川

宇治市の代名詞とも言える宇治川は

四季によって表情を変え、

秋になると川沿いが紅葉で染まり、

圧巻の光景を楽しむことができます。

 

宇治市の真ん中にある宇治橋からすぐ上流にある

宇治公園・塔の島でも紅葉を満喫できますが、

最たる絶景ポイントは「天ヶ瀬吊り橋」です。

 

50メートルにも及ぶ吊り橋で、

吊り橋周辺の山々は一面紅葉に染まり、

その光景は嵐山にも引けを取りません。

 

また、宇治川の紅葉を目一杯楽しむなら、

宇治川観光通船の利用がオススメです。

 

宇治市のお茶屋・喜撰茶屋が提供する船で、

船上のお食事を楽しみながら、

約40分かけて川下りを楽しむことができます。

 

お食事の料金もリーズナブルなので、

お気軽に体験してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

2018宇治川の紅葉スポットの見頃は?遊覧船の予約方法も!

喜撰茶屋 宇治川観光通船

<舟内食プラン>

料金
700円+お食事代

乗船時間
約40分

<おやつタイムプラン>

料金
900円(おやつ付)

乗船時間
約20分

宇治市内で宿泊するなら

宇治市には、宇治川以外にも、

世界遺産の平等院と宇治上神社や、

少し足を伸ばせば、人気観光地・伏見稲荷大社にも

すぐ行くことができます。

 

宇治市内に宿泊して、翌日以降の観光の

拠点にするのも一手ではないでしょうか。

 

JR宇治駅から京都駅までは、

JR奈良線で乗り換えることなくアクセス可能。

 

また、JR宇治駅から程近い京阪宇治駅からは、

途中、中書島駅で別路線に乗り換えるだけで

伏見稲荷駅まで行くことができ、

伏見稲荷大社までのアクセスも非常に楽です。

 

JR宇治駅周辺のお宿に宿泊すると、

翌日以降の観光に便利ですよ。

 

宇治市でお宿を探すなら、

ぜひ宿泊したいのは「花やしき浮舟園」です。

宇治市の代名詞・宇治川が目の前に流れ、

美しい清流を眺望できるのが最大の特徴です。

 

お部屋も非常に清潔で、

贅沢なひとときを過ごせることでしょう。

その他、学生さんやバックパッカーの方は

できる限りお安く宿泊したいことでしょう。

 

宇治市内の格安宿泊施設は

以下の記事にまとめていますので、

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

【関連記事】

宇治市の素泊まりができて安い旅館・ホテル・ゲストハウスをご紹介!

あとがき

宇治市の紅葉名所を6箇所、ご紹介しました。

 

一番定番なのは、平等院や宇治川だと思いますが、

その他のお寺や神社も見所満載です。

 

丸一日かけても回り切れないほど、

宇治市内には多くの名所があることが

分かりますね。

 

ぜひ、お気に入りの名所を見つけて、

訪れてみていくださいね!