2018温習会のチケットは?当日の服装とアクセス・駐車場は?

毎年10月1日〜6日、京都芸術劇場では、

祇園甲部歌舞会主催の温習会が行われます。

 

舞妓さんによる、華麗で優美な踊りが

見られますよ。

 

ここでは、温習会の概要、服装、チケットや

アクセスについて、書いてみます。

1:温習会の概要

温習会は京舞井上流で日本国宝の

井上八千代師の指導のもと、

日頃の精進の成果を披露する舞台です。

 

元々は家元や諸先輩から評価してもらうために

行われていたそうですが、

今では、広く一般の方にも観覧いただける

催しとなったそうです。

 

温習会の最大の特徴は日によって

演目が異なること。

 

花街の踊りでは、春に行われる都をどりが

非常に有名ですが、都をどりでも、

演目はさすがに毎日同じです。

 

日頃の精進の成果を披露するという

位置付けだからこそ、毎日違う演目が

披露できるのでしょう。

 

花街の踊りは敷居が高いと

思われるかもしれませんが、

決してそんなことはありません。

 

僕もこの春、初めて都をどりを見に行きましたが

内容はとても分かりやすく、

一糸乱れぬ舞妓さんの踊りに感動しました。

 

僕は舞台というのが苦手で、

劇団四季の舞台も途中で退席する程ですが、

同じ舞台でも都をどりは最後まで

楽しく見ることができました。

 

舞妓さんが機敏に動き回る様子には、

迫力も感じます。

 

敷居が高いとお思いの方には、

ぜひ、気軽に行ってみてほしいですね。

 

基本情報

開催期間
2018年10月1日〜6日

開催時間
16時〜
公演時間は概ね2時間〜2時間半です。

会場
京都造形芸術大学内、京都芸術劇場
京都市左京区北白川瓜生山2-116

 

2:チケットは?

温習会では、一等指定席と二等指定席が

用意されます。

 

一等指定席は、一階全席・二階の1〜3列目・

二階のR席となります。

 

一等指定席はほぼ全ての席を出演者が

販売するため、一般販売は極少数。

 

せっかくなら、良い席で見たいという方は、

早めに予約しておくべきでしょう。

 

チケット予約はこちらで行えますよ。

 

なお、温習会では、前売券などお得なチケットは

販売されていないようです。

 

残念ですが、諦めるしかないですね。

 

一等指定席
8,500円

二等指定席
5,000円

 

3:服装は?

初めて花街の踊りに行かれる方は、

服装が気になるかもしれません。

 

舞妓さんと聞くと、それなりにフォーマルな

服装していくべきなのか…悩むことでしょう。

 

結論から言うと、服装は全く気にする

必要はありません。

 

僕はいつも通り、ジーンズにパーカーという

超カジュアルな服装で行きましたが、

全く浮くことはありませんでした。

 

周囲を見ても、比較的若い人は僕と同じような

格好の人が多い印象でした。

 

外国人の観光客も多いですし、

あえてスーツやジャケットを着ていく

必要はないと思います。

 

繰り返しになりますが、花街の踊りは

決して敷居の高い舞台ではないので、

気軽な気持ちで訪れると良いでしょう。

4:アクセスは?

温習会は京都造形芸術大学内の京都芸術劇場

で行われます。

 

京都芸大は最寄駅から遠く、

交通の便はやや悪いです。

 

温習会に専用駐車場はありませんが、

交通の便が悪い分、周囲のコインパーキングも

比較的安いので、車をお持ちの方は、

車で訪れても良いかもしれません。

 

ただし、周囲のコインパーキングも

数に限りがあるので、もしかすると

遠方から歩くことになる恐れがあります。

 

僕も車で行きましたが、近場の

コインパーキングはどこも空いておらず、

10分ぐらい歩くことになりました。

 

公共交通機関で訪れるという方は、

京都市バスと叡山電車による方法の

2種類があります。

 

京都市バスの場合、3系統か5系統に乗車し、

「上終町京都造形芸大前」で下車すると

すぐ目の前にあります。

 

叡山電車の場合、「茶山駅」から徒歩10分です。

 

京都駅から向かう場合、京都市バス5系統

「銀閣寺・岩倉行き」に乗車すると

そのまま乗り換える必要なく到着できます。

 

ただし、乗車時間は約50分と長時間に及びます。

 

大阪方面から向かう場合、

京阪電車で「出町柳駅」まで来て、

叡山電車に乗り換えて「茶山駅」まで行く手段が

効率的です。

 

京都芸大周辺は昼食を取れるお店が

たくさん並んでいるので、

早めに到着してお昼を取るのも良いでしょう。

あとがき

毎年10月1日から行われる温習会について、

ご紹介しました。

 

秋は温習会を見て、華やかなひとときを

味わってみてはいかがでしょうか。

 

秋のポカポカ陽気のもと、

京都芸大をゆっくり散歩するのもオススメです。

 

料金はややお高めですが、良い体験として

必ず思い出に残ることでしょう。