2018京都の駐車場がある花火大会6選!家族にオススメです!

京都では数多くの花火大会が行われます。

どこの花火大会もそれぞれ特徴がありますが、ご家族で出掛けられる方は車で行きたいところでしょうし、駐車場がある方がありがたいでしょう。

そこで、ここでは駐車場が設営される花火大会を6箇所ご紹介します。

1:みなと舞鶴ちゃったまつり

舞鶴が一年間で最も盛り上がるお祭りです。

祭りは2日間に渡り開催され、花火大会の他にも、市民が舞鶴音頭にのって踊る「民踊ながし」、手作りみこし、レガッタ大会、海上パレードなどが行われます。

花火は京都の花火大会でも最大規模となる5,000発が打ち上げられます。

例年、舞鶴市役所と警察署のすぐ西隣に専用駐車場が設けられるので、車でのアクセスも可能。

ただし、4万人もの人出がある人気の花火大会なので、早め早めに行って駐車場を確保したいですね。

関連記事:みなと舞鶴ちゃったまつり花火大会の混雑・屋台・駐車場は?

基本情報
開催日
2018年7月28日、29日
※荒天の場合、7月30日に順延。
打ち上げ時間
7月29日:19時半〜20時半
会場
7月28日:舞鶴西区商店街
7月29日:舞鶴東地区海岸
アクセス
<公共交通機関の場合>
JR舞鶴線「東舞鶴駅」から徒歩15分(大会本部まで)
<車の場合>
舞鶴若狭道「舞鶴東IC」から車で10分
駐車場
あり
駐車料金:無料

2:笠置夏まつり

京都南部で行われる、数少ない花火大会です。

打ち上げ場所は山に囲まれており、打ち上げ音が木霊して迫力満点。

駐車場は、河川敷キャンプ場(約200台)、笠置大橋南下駐車場(約120台)、周辺民営駐車場(計約280台)と合計約600台分用意されています。

当日はこの600台分がすべて満車となり次第、笠置大橋北側で交通規制され、笠置町内に進入できなくなるので、注意が必要です。

関連記事:笠置夏まつり花火大会(相楽郡)の混雑・屋台・駐車場は?

基本情報
開催日
2018年8月4日
打ち上げ時間
20時~20時半
アクセス
<公共交通機関の場合>
JR関西本線「笠置駅」からすぐ
<車の場合>
京奈和自動車道「山田川IC」から30分
駐車場
・河川敷キャンプ場(約200台)
・笠置大橋南下駐車場(約120台)
・周辺民営駐車場(計約280台)

3:間人みなと祭り

京丹後市の間人港で行われる花火大会です。

港に停泊するすべての漁船の灯りが点り、打ち上げられる花火が海面を染めて、港町ならではの風情を感じられるでしょう。

間人小学校のグラウンドに無料駐車場が設置されます。

こちらも駐車台数は約300台と限りがありますが、メイン会場となる小学校に停められて、そのまま移動の必要がなく花火をベストポジションで鑑賞できるのはありがたいですね。

関連記事:間人みなと祭り花火大会(京丹後市)の混雑・屋台情報は?

基本情報
開催日
2018年7月25日
打ち上げ時間
20時半〜21時15分
アクセス
<公共交通機関の場合>
京都丹後鉄道「峰山駅」下車
⇒丹海バス間人循環線乗車
⇒「間人」から徒歩3分
<車の場合>
近畿山陰自動車道「京丹後大宮IC」から30分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:300台

4:TANGOやさか納涼祭

TANGOやさか納涼祭花火大会の魅力は、打上げ場所から近いこと、そして、音楽に合わせて打ち上げられるミュージカル花火です。

ミュージカル花火の他、スターマイン、乱玉、虎の尾など、多種多様な花火が打ち上げられ、最後まで飽きさせませんよ。

祭り自体は14時から始まり、小学生による鼓笛隊の行進、中学生によるブラスバンド演奏、よさこい踊り、ビンゴゲーム大会の他、ステージイベントも行われますので、お昼間から祭りを楽しんでみても良いかもしれませんね。

開催会場の道の駅 丹後王国「食のみやこ」には750台の駐車場、また、当日は道の駅周辺に650台の臨時駐車場が用意されます。

これだけの駐車台数を確保してくれるのはありごがたいですね!

関連記事:TANGOやさか納涼祭花火大会(京丹後市)屋台・混雑は?

基本情報
開催日
2018年7月21日
打ち上げ時間
20時半~21時
アクセス
<公共交通機関の場合>
・京都丹後鉄道「網野駅」下車
⇒丹海バス「弥栄病院前行き」で30分
<車の場合>
山陰近畿自動車道「京丹後大宮IC」から20分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:1400台

5:あやべ水無月まつり

スターマイン中心に4,000発の花火が打ち上げられ、次々に色彩豊かな花火が夜空を彩ります。

花火大会の前には由良川にて万灯流しが行われ、夏に相応しい幻想的な光景を楽しむことができますよ。

第二市民グラウンド駐車場(約700台)など、12箇所の無料駐車場が設けられ、計1400台分の駐車場が用意されます。

各駐車場の場所や駐車台数については、ホームページをチェックしてください。

関連記事:あやべ水無月まつり(綾部市)の花火大会の屋台・混雑情報!

基本情報
開催日
2018年7月28日
打ち上げ時間
20時~20時45分
アクセス
<公共交通機関の場合>
JR山陰本線「綾部駅」から徒歩10分
<車の場合>
舞鶴若狭道「綾部IC」から車で5分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:1400台

6:京たんば花火大会

京都の船井郡京丹波町で行われる花火大会です。

スターマインなど、2,000発の色とりどりの花火が夜空を彩ります。

花火大会の他、よさこい踊り、演芸大会、カラオケ大会なども行われ、非常に賑わいを見せるお祭りです。

道の駅 丹波マーケス内に約400台分の駐車場があるので、早めに行けば、そのまま移動なく花火を鑑賞できますよ。

ただし、夕方には満車になるので、かなり早めに行っておく必要がありますね。

基本情報
開催日
2018年8月5日
打ち上げ時間
19時半~20時半
アクセス
<公共交通機関の場合>
JR嵯峨野線「園部駅」下車
⇒JRバス園福線「新須知」からすぐ
<車の場合>
京都縦貫自動車道「丹波IC」から車で2分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:400台

      スポンサードリンク

あとがき

京都の家族で出かけるに最適な、駐車場が設営される花火大会を6箇所ご紹介しました。

どこの花火大会も駐車場の台数には限りがありますので、早め早めに到着しておくべきですね。

また、帰りは間違いなく混雑しますので、そこも覚悟しておいた方が良いかもしれません。