京都・西芳寺(苔寺)の予約申し込み方法!返信用ハガキの書き方も!

京都には世界遺産が17ありますが、

西芳寺、通称苔寺もその一つです。

苔寺は完全予約制であるがゆえ、

最も観光が難しい世界遺産と言われていますが、

苔に覆われた庭園は侘び寂びを再現しており、

非常に美しく一度は見ておきたいスポットです。

 

アップルの創業者、故スティーブ・ジョブズも

お忍びで家族と何度も訪れたことで有名ですね。

 

しかし、予約方法を調べるのは面倒…

という方もおられることでしょう。

 

この記事では、苔寺の予約方法について

とにかく分かりやすく解説すると同時に、

苔寺観光のオススメプランについても

ご紹介します。

予約申し込み方法

苔寺は、1977年までは誰でも拝観できましたが、

苔の管理の必要性と大型観光バスの出入りで

近隣住民から抗議が殺到したことから、

完全予約制に切り替え、観光客数を制限しています。

 

さて、苔寺参拝の予約方法ですが、

予約は往復ハガキに限られています。

 

往復ハガキに以下の内容を明記し、

希望日の1週間前までに必着で送付する

必要があります。

①希望日

②参拝人数

③代表者の住所・氏名・電話番号

 

希望日は念のため、第2希望まで

書いた方がよいでしょう。

 

ハガキの書き方のサンプルを作ってみましたので、

参考にしてみてください。

往復ハガキ
<送付先>
〒615-8286 京都市西京区松尾神ヶ谷町56
西芳寺参拝係

運良く希望日に予約ができたら、

西芳寺から返信ハガキが届き、

これが参拝証となります。

 

参拝の時間指定はできないので、

参拝証に記載された時間どおりに

到着するようにしましょう。

予約は早めに!

予約は望日の2ヶ月前から可能で、

申し込み順に埋まっていきます。

 

苔寺は日本だけではなく、

海外からも多くの観光客が訪れるので、

予約競争は熾烈です。

 

1週間先の休日に申し込みしても、

すでに予約でいっぱいの可能性は非常に高いので、

できる限り早く申し込んでおくことをオススメします。

 

京都の観光シーズンである春と秋、

苔の見頃時期である5月~6月は

特に予約が殺到すると思われるので、

希望日の2ヵ月前になったと同時に

送るぐらいの心づもりでいましょう。

当日の注意事項

苔寺を訪れる方は、有名な庭園の拝観が

目的の方が多いと思います。

 

しかし、苔寺の参拝は、住職の説法、

般若心経の唱和、写経などの宗教行事への

参加が必須となっていますので、

所要時間は90分とやや長めです。

 

また、写経に細筆の持参が必要なので、

忘れないようにしましょう。

(細筆ではなくても、筆ペンであれば良いそうです)

オススメ旅行プラン

苔寺に行ってみたいと思われた方は、

次に旅行プランを練る必要がありますね。

 

あいにく、苔寺はアクセスの便の

悪いところにあるので、

旅行プランをしっかり練らないと他の観光地に

効率よく回ることができません。

 

そこで、京都在住の僕がオススメの

旅行プランをご紹介してみます。

京都駅~苔寺まで

まず、苔寺への行き方ですが、

他府県から来られる方は京都駅で一旦下車し、

京都バスに乗り換えましょう。

 

苔寺への公共交通機関は京都バスしかありません。

 

京都駅の中央改札を抜け、

京都タワーのほぼ真向かいにある「C6のりば」から

京都バス73、または、83系統に乗車します。

 

バスの本数は少なく、1時間に1~2本しかありません。

 

目の前でバスを逃してしまうと、

30分も1時間も待つことになるので、

京都駅への到着時間を計算しておくと良いでしょう。

 

京都バス73、83系統の時刻表

はチェックしておいてくださいね。

 

バスの乗車時間は約1時間と非常に長いので、

車酔いしやすい方は、事前に酔い止め薬を

飲んでおくべきですね。

苔寺参拝後

さて、苔寺に到着したら、いよいよ参拝です。

 

先述のとおり、苔寺の参拝時間はおおよそ90分。

 

京都駅から片道1時間と参拝時間90分を考慮すると

残りの観光時間は限られてきてますし、

苔寺から再度長距離移動するのは避けるべきです。

 

そこで、苔寺から程近い、

嵐山に移動することをオススメします。

 

嵐山へは京都バス63、または、73系統に乗車します。

 

こちらもバスの本数が少ないので、

事前に時刻表をチェックして、

時間のロスを少なくしたいですね。

嵐山に到着後

バスに約10分乗車し、

「嵐山公園(渡月橋南詰)」で下車すると、

すぐ目の前に嵐山の代名詞・渡月橋が見えます。

 

嵐山には、渡月橋や世界遺産・天龍寺など、

数多くの観光名所があります。

 

嵐山観光のオススメコースは

下記に詳しく記載していますので、

ぜひご参照ください。

京都いかがでしょう
https://inkyoto-kanko.com/2595.html

紅葉メインの内容となっていますが、

季節に関係なく、いつ訪れても見応えは十分です。

宿泊先

京都に到着して苔寺、嵐山と観光したら、

すっかり日も暮れてきます。

 

せっかくなら、嵐山周辺でお宿を

探してみてはいかがでしょうか?

 

嵐山ならJRも阪急電車もありますし、

翌日以降、別の観光地に移動するにも便利が良いです。

 

また、一日で回り切れなかった観光地に

翌日に行ってみるのも良いでしょう。

 

せっかく嵐山に来たなら、ちょっと贅沢して

嵐山温泉に浸かり、おしゃれなお宿に

泊まってみようとお考えの方は、

下記の記事を参照にしてみてください。

京都いかがでしょう
https://inkyoto-kanko.com/4136.html

また、学生さんやバックパッカーなど、

少しでも旅費を安く抑えたいという方は

下記の記事を参照にしてみてください。

京都いかがでしょう
https://inkyoto-kanko.com/4277.html

基本情報

最後に、苔寺の基本情報を記載しておきます。

基本情報

拝観料
3,000円

所在地
京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町56

駐車場
なし

アクセス
京都駅から京都バス73系統、もしくは83系統に乗車
⇒終点「苔寺 鈴虫寺」で下車し、徒歩3分

あとがき

綺麗な色の花ではなく、

苔の侘び寂びの美しさを見出すあたり、

京都らしいお寺です。

 

予約方法も決して難しくありませんし、

先行順なので、早めに送っておけば、

外れることはないでしょう。

 

アクセスは不便ですが、嵐山に近いので、

ぜひ、嵐山観光もセットで

考えてみてくださいね。

 

京都観光の予定が決まったなら、

一度は検討しても良いのではないでしょうか。

4 件のコメント

  • 今日は、お聞きします・・申し込む事に致しましたが、撮りました写真をfacebookに投稿しても良いですか・・宜しくお願いします。

    • こんばんわ、コメントありがとうございます!
      記事上の写真をFacebook に投稿されるということでしょうか?
      それなら全然構いませんので、お役に立つようでしたら、ぜひご活用ください!

  • 今日2月1日に、4月2日分を申し込みます。ちょうど60日前なので、お客様と一緒に拝観したいです。

  • 勝手な願いですが、桂離宮10時をから参観できるようになりまして。出来ることならば午後貴寺を参観できるようにしたいのですが無理な話でしょうか。
    限られた日程の中ではがきにて申し込んでみました。失礼をお許しください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です