2018京都・藤森神社のあじさいの見頃・開花状況は?駐車場は?

梅雨の時期に見頃を迎える花と言えば、あじさいですね。

京都には多くのあじさいの名所がありますが、伏見区深草にある藤森神社もその一つ。

藤森神社は、神功皇后が軍旗を樹て兵具を納め、塚を造り、神様として祀ったのが始まりと言われています。

なんと、平安以前から存在すると言われる、非常に歴史ある神社なのです。

ここでは、「あじさいの宮」とも呼ばれる藤森神社のあじさいについて、ご紹介します。

      スポンサードリンク

1:藤森神社の紫陽花苑

藤森神社には、境内の西南側と北東側に2つの「紫陽花苑(あじさいえん)」があります。

この紫陽花苑は、あじさいが見頃を迎える6月上旬から約1ヶ月にわたり、公開されます。

約1,500坪の敷地に約3,500株もの紫陽花が咲き誇る様は、まさに「あじさいの宮」に相応しい美しさですよ。

あじさいの種類も豊富で、西洋あじさい、額あじさい、柏葉あじさい、おたふくあじさい、アナベルなど、多種多様な形や色のあじさいを見られて、最後まで飽きさせません。

また、例年6月15日には紫陽花まつりが行われ、神楽奉納などの神事が催されます。

さらに、紫陽花苑の開苑期間中には、蹴鞠・太鼓・雅楽・運勢鑑定といった奉納行事も行われます。

あじさいも見て、歴史と伝統のある神事も見て、見所満載ですね。

タイミングが合えば、ぜひ、奉納行事が行われる日に訪れたいですね。

2:あじさいの見頃は?

藤森神社のあじさいは、例年5月下旬から色づき始め、7月上旬まで見頃を迎えます。

あじさいは前年の秋の気温や冬の低温と雨量など、諸々の条件により開花時期が変わってきますし、品種によっても異なりますが、桜のように短期間で散ることはないので、6月中旬から下旬にかけて訪れると、満開のあじさいを見ることができるでしょう。

せっかく訪れるなら、どの品種も満開のあじさいが見たいですよね!

また、あじさいは雨の日ほど、活き活きと色づいて見えるものです。

あまり青空との相性は良くありません^^;

よって、「今日は雨で嫌だなぁ〜」という日こそ、あじさいを見に出かけるべきでしょう!

ただし、雨が降った場合、傘をさすよりレインコートを着る方が無難です。

名所によっては非常に混雑することもあり、傘をさしていると、周りに気を遣ってゆっくり鑑賞できません。

2000円程で、見た目も機能も十分なものが購入できるので、ぜひ、レインコートを着ていくことをオススメします。

【クーポン配布中 5/7 9:59まで】 Makku(マック) レインウェア レインコート レディース メンズ 上下 全4色 ADJUST MAKKU AS-5100 バイク 通学 通勤 防水 透湿 撥水 アウトドア 軽量 フェス 上下セット 作業用 カッパ 【送料無料】

3:駐車場

藤森神社には、2つの有料の駐車場があります。

<藤森神社第一駐車場>
料金
8時〜20時:駐車後20分無料。以後、60分毎に200円
20時〜8時:60分毎に100円
最大料金:24時間500円
駐車台数
53台
場所
境内南側

<藤森神社北駐車場>
料金

8時〜20時:60分毎に200円
20時〜8時:60分毎に100円
最大料金:24時間500円
駐車台数
33台
場所
境内北側

                スポンサードリンク

4:基本情報

では、基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開苑期間
6月上旬から約1ヶ月
※開花状況により異なるため、まだ発表されていません。情報を入手次第、更新します。
開苑時間
9時〜16時
入苑料
中学生以上:300円
※境内拝観は無料です。
所在地
京都市伏見区深草鳥居崎町609

アクセス
・京阪電車「墨染駅」から徒歩4分
・JR「藤森駅」から徒歩5分

4.1:京都人の僕がオススメするホテル

藤森神社に訪れるなら、ホテルは正直「アーバンホテル京都」しかありません。

京阪電車「深草駅」から徒歩5分という好立地で、もちろん、藤森神社からも徒歩圏内。

さらに、外国人が行きたい日本の観光地第2位に選ばれたという伏見稲荷大社にも徒歩15分で行けるという、観光にも便利な場所です。

人料金はリーズナブルですが、朝ご飯が美味しいという口コミが多数見られます。

ぜひ、「アーバンホテル京都」に泊まり、楽しい京都観光を行ってみてはいかがでしょうか?

あとがき

藤森神社のあじさいについて、ご紹介しました。

あじさいを見ると、なんだか童心に帰ったような、昔を懐かしむ気持ちになるのは僕だけでしょうか?

あじさい観光に興味がある方は、ぜひ、検討してみてください。