2018京都でゴールデンウィークに開催されるライトアップ6選!

ゴールデンウィークの予定、決まっていますか?

ゴールデンウィークには様々なイベントが開催されますが、夜のライトアップも見逃せません。

日中は別のところに出掛け、夜にはライトアップに出掛けてみてはいかがでしょうか?

青もみじのライトアップ、夜景が魅力の名所、プロジェクションマッピングなど、ライトアップといえど、種類は非常に豊富です。

ここでは、ライトアップを6箇所ご紹介しますが、きっと、どこに行こうか迷ってしまうことでしょう!

      スポンサードリンク

1:瑠璃光院 新緑ライトアップ

文化財保護のため、2013年5月をもって一般拝観を終了し、春と秋に期間限定で特別公開を行なっているお寺です。

2018年春には、初のライトアップが開催されます。

書院二階から見る「瑠璃の庭」は一番の見所で、書院の床に青もみじが反射し、一面に緑が広がる様子は圧巻の光景です。

JR東海「そうだ 京都、行こう」プランに申し込んだ方を対象に1日150人限定の公開となるので、気になる方は早め早めに予約しておきましょう。

関連記事:2018瑠璃光院の青もみじ見頃は?春の特別拝観とライトアップも!

基本情報
開催期間
5月12日~6月10日の土日のみ
開催時間
19時~20時半
料金
6,000円
申込先
JR東海ツアーズホームページ
※申込みは首都圏・静岡在住の方に限られます。
所在地
京都市左京区上高野東山55
アクセス
<叡山電車を利用する場合>
京阪電車「出町柳駅」下車
⇒叡山電車に乗り換え
「八瀬駅」下車
⇒徒歩5分
<京都バスを利用する場合>
地下鉄烏丸線「国際会館駅」下車
⇒京都バス「大原行」乗車
「八瀬駅前」下車
⇒徒歩9分

2:貴船神社 新緑ライトアップ

「貴船」は「気生根」という意味を持つ水のパワーが宿る場所で、すぐ近くを流れる清流と相まって自然とエネルギーを肌で感じられる名所です。

貴船神社の代名詞とも言える燈籠と石段の表参道は、初夏のころ、青もみじで覆われます。

青もみじが見頃を迎える5月には、新緑ライトアップが行われ、日中とは異なる幻想的な雰囲気を演出してくれますよ。

幻想的な青もみじの美しさと清流のエネルギーの両方を感じられる、贅沢なイベントと言えるでしょう。

関連記事:2018京都・貴船神社の青もみじの見頃は?ライトアップ情報も!

基本情報
開催期間
5月3日~7日
開催時間
夕暮れ~20時
拝観料
境内無料
所在地
京都市左京区鞍馬貴船町180
アクセス
<地下鉄~バスの場合>
地下鉄烏丸線「国際会館駅」下車
⇒京都バス52系統乗車
⇒「貴船口」下車
⇒京都バス33系統乗車
⇒「貴船」下車
<京阪電車~叡山電車の場合>
京阪電車「出町柳駅」下車
⇒叡山電車乗車
⇒「貴船口」下車
⇒京都バス33系統乗車
⇒「貴船」下車

3:宝泉院 春の夜灯り

宝泉院は京都市北部の大原に位置するお寺です。

4月下旬からゴールデンウィークにかけて新緑のライトアップが行われ、「額縁庭園」で見られる青もみじや樹齢700年の「五葉の松」が幽玄に照らし出されます。

額縁庭園一面に広がる芸術的な青もみじは絵画を眺めているような美しさですよ。

大原は自然豊かな場所。

ここ大原の地で見られる青もみじは、京都でも屈指の美しさですよ。

関連記事:2018宝泉院でライトアップ・春の夜灯り開催!青もみじの見頃は?

基本情報
開催期間
4月21日~5月6日
開催時間
18時~21時
拝観料
大人:800円
※茶菓子付は1,000円。
所在地
京都市左京区大原勝林院町187
アクセス
<バスの場合>
京都駅から京都バス17,18系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分
<地下鉄~バスの場合>
地下鉄烏丸線「国際会館駅」下車
⇒京都バス19系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分
<京阪電車~叡山電車の場合>
京阪電車「出町柳駅」下車
⇒叡山電車「八瀬比叡山口駅」下車
⇒京都バス16,17,18,19系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分
駐車場
なし(近隣の民営駐車場に駐車することになります。)

4:青蓮院 夜間の特別拝観

青蓮院は代々皇族が門主を務めた格式の高い門跡寺院です。

青蓮院では、ゴールデンウィーク期間中、大小1,000個の照明によるライトアップが開催されます。

境内の竹林は青い光で静清に、大クスノキは雄大に、苔庭には光の星が演出されるなど、細かく計算された光は芸術そのものです。

格調高い境内ですが、夜間には全く異なる姿を見せてくれますよ。

関連記事:2018青蓮院門跡で春のライトアップを開催!可憐な桜の見頃は?

基本情報
開催期間
4月27日~5月6日
開催時間
18時〜22時
拝観料
大人:800円
小中高生:400円
所在地
京都市東山区粟田口三条坊町69-1
アクセス
・地下鉄「東山駅」から徒歩10分
・京都駅から京都市バス5、206系統乗車
⇒「神宮道」下車  徒歩3分

5:将軍塚青龍殿 夜間の特別拝観

清水寺の舞台の約5倍もの広さを持つ大舞台が見所のお寺です。

将軍塚青龍殿は山の頂にあり、庭園の背景には高層ビルやマンションが写りこまず、まるで別世界にやってきたような錯覚をもたらしてくれます。

また、大舞台からは、送り火の五山、二条城、比叡山など、京都ほ街並みを一望でき、夜景の美しさは格別です。

ライトアップにより照らし出される青龍殿庭園も見逃せませんよ。

関連記事:2018将軍塚青龍殿で春のライトアップ開催!幽玄な夜桜は必見です

基本情報
開催期間
4月27日~5月6日
開催時間
17時~21時半
拝観料
大人:500円
中高生:400円
小学生:200円
所在地
京都市山科区厨子奥花鳥町28
アクセス
<車の場合>
三条通から東山ドライブウェイに入り、頂上から将軍塚に至る。
<地下鉄~タクシーの場合>
地下鉄「蹴上駅」からタクシーで約10分

6:高台寺 春の特別拝観

高台寺は豊臣秀吉の妻・ねねが秀吉の菩提を弔うために建立されたお寺です。

ゴールデンウィーク期間中、高台寺では、境内の波心庭で平和をテーマに、聖母マリアをモチーフにした女性の愛をプロジェクションマッピングで表現されます。

また、高台寺庭園では、秀吉の辞世の句「夢のまた夢」を受けて、暖かい照明にて幽玄に照らし出されます。

高台寺のプロジェクションマッピングは毎回好評で、砂波の美しい庭園がより立体的に、勅使門は色鮮やかに照らし出されますよ。

基本情報
開催期間
3月9日~5月6日
開催時間
日没後~22時
拝観料
大人:600円
中高生:250円
所在地
京都市東山区高台寺下河原町526
アクセス
・京都市バス「東山安井」から徒歩7分
・京阪電車「祇園四条駅」から徒歩15分

      スポンサードリンク

京都人の僕がオススメするホテルはここ!

ゴールデンウィーク期間中は観光客で鬼のように混み合う時期です。

近年の京都は外国人観光客も異常なほど多く、どこのホテルもすぐ予約でいっぱいになります。

遠方から友達や親戚が遊びに来る際も、観光シーズンはなかなかホテルが取れず、時期をずらしたことが何度かあります。

藤を見に京都観光に来られるなら、早め早めに予約しておくことをオススメします。

藤以外にも京都観光を楽しむ予定の方は、京都駅を拠点に行動すると効率が良いので、ここでは京都駅周辺のホテルをご紹介します。

 

まずは、京都駅近くの格安旅館「あずまや」です。

京都駅からは徒歩12分とやや離れますが、西本願寺の真ん前という立地。

西本願寺周辺の街並は京都らしさが残っており、さらに、京都水族館・京都鉄道博物館にも近く、翌日からすぐ観光に出発できます。

格安旅館ですが、お部屋も綺麗で広く、コスパの良い旅館と言えるでしょう。

 

京都に来たからには、町屋に泊まってみたいという方には、こちらがオススメ。

館内は京都らしさを残しつつ、非常に綺麗に整備されています。

料金も非常にリーズナブルで、京都観光の良い思い出に残ることでしょう。

 

あとがき

京都でゴールデンウィークに開催されるライトアップイベントを6箇所、ご紹介しました。

どれも非常に魅力的ですね。

もし、京都観光に来られるなら、できれば2箇所は訪れてみたいところです。

関連記事:2018京都で行われるゴールデンウィークのイベント・祭り12選!