2018京都の藤の花の名所4選!見頃・開花状況も!

ゴールデウィークに見頃を迎える花といえば、ですね。

京都には多くの藤の名所がありますが、中でもオススメの4箇所をここではご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

      スポンサードリンク

 

1:鳥羽水環境保全センター

京都市上下水道局の施設・鳥羽水環境保全センターでは、藤の見頃時期に合わせて一般公開が行われます。

全長120メートルにも渡る藤棚は、日本全広しといえど、なかなか見られない光景でしょう。

一般公開に合わせて、施設見学ツアーやふあふあトランポリン、クイズラリーなど、様々なイベントが行われます。

お子様のおられるご家族にオススメのスポットです。

関連記事:2018京都・鳥羽の藤の見頃・開花状況は?一般公開や駐車場は?

基本情報
公開期間
2018年4月26日〜30日
公開時間
10時〜16時
場所
京都市上下水道局鳥羽水環境保全センター
京都市南区上鳥羽塔ノ森町梅ノ木1
臨時バス運行
<4月26日(木)、27日(金)>
竹田駅西口
運行時間:9時40分〜15時
運行間隔:30分間隔
京都駅八条口
運行時間:9時40分〜15時
運行間隔:10分〜20分間隔
<4月28日(土)、29日(日)、30日(月)>
竹田駅西口
運行時間:9時40分〜15時15分
運行間隔:10分〜30分間隔
京都駅八条口
運行時間:9時半〜15時
運行間隔:5分〜20分間隔

2:平等院

10円玉でお馴染みの世界遺産です。

平等院の藤は樹齢280年と言われ、花穂が地面にすれそうなほど長く伸びていることから、「砂ずりの藤」と呼ばれています。

修復工事が完了し、建立当時の煌びやかな色彩が復活した鳳凰堂と藤棚とのコントラストは、まさに絵になる光景ですよ。

混雑必至ですが、平日や早朝の人が少ない時間帯に出掛けられる方は、検討してみると良いでしょう。

関連記事:2018京都・平等院の藤の見頃と開花状況は?混雑状況と駐車場は?

基本情報
参拝時間
庭園:8時半〜17時半
平等院鳳翔館:9時〜17時
鳳凰堂内部:9時10分〜16時10分
拝観料
大人:600円
中高生:400円
小学生:300円
所在地
京都府宇治市宇治蓮華116
アクセス
・JR奈良線「宇治駅」から徒歩10分
・京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩10分
駐車場
なし(近隣の民営駐車場を借りることになります。)

3:城南宮

古くから厄除けの神様として信仰を集める神社です。

藤の規模は決して大きくはありませんが、満開のつつじと一緒に映える光景は芸術的。

藤の巫女神楽という、「藤の花守り」を授かれる行事も行われ、初穂料を収めると、巫女がお祓いをしてくれます。

厄除けの城南宮らしい行事と言えるでしょう。

関連記事:2018京都・城南宮の藤・つつじの見頃と開花状況は?駐車場情報も

基本情報
参拝時間
9時〜16時半
参拝料
境内無料
神苑拝観料
大人:600円
小中学生:400円
所在地
京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
アクセス
・京都市バス「城南宮前」下車すぐ
・R’EXバス、平日は「油小路城南宮」、休日は「城南宮前」下車すぐ

4:才ノ神の藤

才ノ神の藤は樹齢2000年とも推定される自生のヤマフジで、京都府の天然記念物に指定されています。

同じく、樹齢推定2000年と言われるケヤキに絡み、四方約30メートルに枝を伸ばす様子は圧巻の迫力がありますよ。

藤が見頃を迎えるころ、「藤祭り」が開催され、露天の出店や子供相撲、琴の演奏などのイベントが行われる他、4月下旬から5月下旬にかけて、ライトアップも開催されます。

暗闇に照らし出される満開の藤は、幻想的な美しさですよ。

樹齢2000年の藤とケヤキから、自然のエネルギーを授かってみてはいかがでしょうか?

基本情報
料金
無料
所在地
京都府福知山市大江町有路
アクセス
JR山陰本線「福知山駅」下車
⇒京都丹後鉄道宮福線「大江駅」下車
⇒市バス「南有路」下車
⇒徒歩20分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:50台
※協力金の箱が設置されています。

      スポンサードリンク

見頃・開花状況は?

藤は例年、4月下旬から5月上旬にかけて、見頃を迎えます。

昨年は全体的に遅めの開花でしたが、今年は冬から春にかけて気温が高く、開花が早まっているそうです。

よって、今年は4月下旬には見頃を迎えると予想しています。

各名所の最新情報を入手して、ベストシーズンに訪れてみてください。

京都人の僕がオススメするホテルはここ!

藤が見頃を迎える4月下旬~5月上旬はゴールデンウィーク真っ只中で観光客も非常に多い時期です。

近年の京都は外国人観光客も異常なほど多く、どこのホテルもすぐ予約でいっぱいになります。

遠方から友達や親戚が遊びに来る際も、観光シーズンはなかなかホテルが取れず、時期をずらしたことが何度かあります。

藤を見に京都観光に来られるなら、早め早めに予約しておくことをオススメします。

藤以外にも京都観光を楽しむ予定の方は、京都駅を拠点に行動すると効率が良いので、ここでは京都駅周辺のホテルをご紹介します。

 

まずは、京都駅近くの格安旅館「あずまや」です。

京都駅からは徒歩12分とやや離れますが、西本願寺の真ん前という立地。

西本願寺周辺の街並は京都らしさが残っており、さらに、京都水族館・京都鉄道博物館にも近く、翌日からすぐ観光に出発できます。

格安旅館ですが、お部屋も綺麗で広く、コスパの良い旅館と言えるでしょう。

旅館あづまや <京都府>

京都に来たからには、町屋に泊まってみたいという方には、こちらがオススメ。

館内は京都らしさを残しつつ、非常に綺麗に整備されています。

料金も非常にリーズナブルで、京都観光の良い思い出に残ることでしょう。

はる家 梅小路|通り庭のある町家

あとがき

京都の藤の名所を4箇所、ご紹介しました。

他にも藤が見られる名所はありますが、この4箇所なら、間違いなく満足できるでしょう。

藤は見頃が短いので、開花状況を見計らって訪れてみてください。