2018京都・妙満寺のつつじの見頃・開花状況は?混雑・駐車場は?

桜の次はつつじですね。

京都には多数のつつじの名所があります。

中でも有名なのは、三室戸寺や蹴上のつつじですね。
2018京都・三室戸寺のつつじの見頃・開花状況は?混雑状況も!
2018京都・蹴上のつつじの開花状況は?駐車場や一般公開の時間も

両名所とも、つつじの絶対数が多く、圧巻の光景を見ることができますが、妙満寺は街中の喧騒を離れ、のびのびと自然を満喫できる点が特徴です。

ここでは、妙満寺のつつじについて、ご紹介します。

       スポンサードリンク

1:妙満寺のつつじ

広大な境内に、約3,000株ものつつじが咲き誇ります。

特に、山門を彩るように咲くつつじは最大の見所です。

つつじの他、江戸時代の俳人・松永貞徳が造成した「雪の庭」も見逃せません。

清水寺の「月の庭」、現存しない北野の「花の庭」と並び、「雪・月・花の三名園」と称される庭園です。

雪の季節は格段の美しさを誇りますが、春でも、比叡山の青々とした光景を借景した眺めは見事の一言ですよ。

2:見頃・開花状況は?

妙満寺は京都市内でも北部に位置するため、京都市の他のつつじの名所と比べても、やや遅咲きです。

その見頃は5月上旬〜中旬です。

他の名所では、ゴールデウィーク明けには散っていく中、妙満寺では、5月中旬でもまだまだ見頃。

ゴールデウィーク明けに自然鑑賞に出掛けたいという方に、オススメですよ。

3:混雑は?

妙満寺は知る人ぞ知るお寺なので、常時空いています。

平日でも日中でも、混雑を気にすることなく訪れて良いでしょう。

街中の喧騒を離れて、のんびりとつつじや自然風景を楽しみたい方には、ぜひともオススメしたいお寺です。

       スポンサードリンク

4:基本情報

では、最後に基本情報をまとめて記載します。

基本情報
拝観時間
境内:6時〜17時
本坊:9時〜16時
拝観料
大人:500円
小中学生:350円
小学生未満:無料
※境内は無料。
所在地
京都市左京区岩倉幡枝町91
アクセス
・叡山電車「木野駅」から徒歩5分
・京都バス40,50系統「幡枝(妙満寺)」下車すぐ
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:50台

あとがき

妙満寺のつつじについて、ご紹介しました。

あまり知られていないお寺ですが、3000株のつつじはすごいですね。

人が少なく、のんびりできるのが利点なので、家族で訪れたい方や、人混みが苦手な方にはオススメです。