京都芸術花火2018が京都競馬場で開催!チケット情報・屋台は?

文化庁京都移転決定を記念し、京都芸術花火2018の開催が決定しました。

京都芸術花火は5月30日に京都競馬場にて開催されます。

夏には少し早いですが、芸術花火はその名の通り、通常の花火大会では見られない華やかさが自慢です。

ここでは、京都芸術花火のチケット・屋台情報等について、ご紹介します。

1:見どころ

約55分に渡り、世代間を超える名曲のリズム・曲調に合わせて花火が打ち上げられ、深い感動を演出します。

滞空時間・光の残存を計算に入れ、花火は1/30秒単位でコントロールされるそうで、一曲ごとに異なる表情の花火を楽しむことができます。

直径300メートルの大尺玉30発の他、競馬場の形状を生かした広範囲に広がる花火も見どころ。

2014年から札幌や名古屋では、同主催メンバーによる芸術花火がすでに行われており、これまでにない芸術的な花火に大きな反響を呼んでいます。

今回、京都市からの呼びかけで実現したそうで、かなり期待してしまいますね。

2:チケット情報

京都芸術花火では、全席有料席となっています。

無料の花火大会とは異なり、自分の席でゆっくりと観覧できる点が特徴ですね。

京都芸術花火はお金を払ってでも見る価値のある花火大会。

チケットが完売となる前に、早めに購入しておくことをオススメします。

チケット情報
料金
スタンド席
一席7,000円
コース前エリア
大人:3,500円(税込3,780円)
小学生:500円(税込540円)
※各ゾーン内自由席となります。オフィシャル先着先行販売
販売期間
3月20日12時~3月29日23時
販売場所
ローソンチケット(Lコード:53353)
楽天チケット

一般販売

販売期間
3月31日10時~売切れ次第終了
販売場所
ローソンチケット(Lコード:53353)
楽天チケット
イープラス
チケットぴあ(Pコード:638-553)
コンビニ

3:屋台情報

現在のところ、屋台について詳細な情報はありませんが、会場内のフードエリアはオープンする予定とのことです。

フードエリアに加えて、屋台が出店されるのか、情報が更新され次第、更新します。

他府県で行われた芸術花火では、屋台が出店されたそうなので、恐らく京都芸術花火でも屋台の出店はあるのではないでしょうか?

せっかくの花火ですし、お祭り気分も堪能したいところですね!

4:注意事項

京都芸術花火では、以下の点に注意が必要です。

・雨天決行ですが、荒天の場合は順延・中止の可能性があります。なお、途中中止となった場合、チケットの払戻しはありません。

・5月30日は日中は暖かいものの、夜は冷え込みます。軽く羽織れる上着を持参すべきでしょう。

・無料観覧席はありません。会場外からはよく見えないと思われるので、チケットをお持ちでない方は、断念すべきでしょう。

6:基本情報

では、最後に基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開催日
2018年5月30日
開催時間
開場:17時
打上げスタート:19時45分
開催場所
京都競馬場
京都市伏見区葭島渡場島町3

アクセス
京阪電車「淀駅」から徒歩2分

あとがき

京都芸術花火について、ご紹介しました。

京都では、宇治花火大会の今後の中止が決定したところでした。

残念な気持ちでしたが、京都芸術花火が埋め合わせしてくれそうで、京都人としては嬉しい限りです。

京都市長らは、今後も定番イベントとして定着させていきたいと語っており、来年も再来年も開催に期待がかかりますね。