京都・大野ダムでさくら祭り開催!2018年の桜の開花時期は?

大野ダムは、京都府南丹市美山町・由良川上流に建設された治水ダムです。

ダム周辺には多目的広場や散策路が整備されている他、ダム湖は春には桜、秋には紅葉が湖畔を彩り、四季折々の美しさを見せることから、虹の湖と呼ばれ、ダム湖百選にも選ばれています。

湖畔に咲く1,000本の桜は、ダム完成当時、地元住民が中心に1本1本丁寧に植えたものです。

ここでは、大野ダムで開催されるさくら祭り、桜の開花時期等について、紹介します。

     スポンサードリンク

 

1:さくら祭り

大野ダムでは、毎年4月の第1週の土曜日~第2週の日曜日の桜が見頃を迎えるころ、さくら祭りが開催されます。

2018年は4月7日〜15日です。

祭りでは、夜桜のライトアップ、和太鼓ライブの他、花火大会も行われ、大いに賑わいます。

2016年では、以下のイベントが行われました。

4月8日(土)
10時〜 ジャンケン大会
13時〜 ほどらいこ(バンド演奏)

4月9日(日)
13時〜 あぜみち(フォークグループ演奏)
15時〜 ふるさと鍋のふるまい

4月15日(土)
14時〜 大野にじの子太鼓
18時45分〜 さくら太鼓ライブ
19時半〜 季節はずれの大花火

4月16日(日)
11時〜 極楽ピエロ(大道芸)
13時〜 園部吹奏楽団

その他、「湖の駅 虹の湖」にて、美山の新鮮野菜・木工芸品、地元の特産品などの販売が行われ、また、夜桜のライトアップは祭り期間中、毎日行われています。

祭りのメインは、最終日前日ですね。

プロ奏者による和演奏、大花火大会が行われ、最も人手が多くなります。

花火大会の開始に合わせて出発すると、かなり混雑しますので、お昼過ぎには到着してブラブラしながら場所取りしておくと良いでしょう。

2:2018年の開花状況

大野ダムの桜は例年4月10日前後に満開を迎える遅咲きです。

桜は冬に一定期間の低温にさらされることで開花の準備に入り、春の気温上昇によって花芽が生成し、一気に開花するというメカニズムがあります。

つまり、冬から春の気温によって、その年の開花時期は大きく異なるのです。

では、2018年の気温はどんな傾向にあるのでしょうか?

気象庁によると、2018年は南から暖かい空気が流れ込みやすく、冬から春にかけて平年より気温は高くなると予測されています。

よって、2018年の桜の見頃は例年より早く、4月上旬になると予想します。

     スポンサードリンク

3:子供と遊ぶにも絶好の場所

大野ダムは子供と遊べる施設が多く、家族と丸一日過ごせるスポットです。

★アスレチックスコース

大野ダム公園には、天然芝の自然豊かな広場に、子供に大人気のアスレチックコースがあります。

広場でのんびりと花見を楽しむのも良し、ボール遊びするも良し、アスレチックスで遊ぶも良しと、様々な遊び方ができる広場ですね。

★レンタルボート

水面上から眺める大野ダムの桜と大自然は圧巻です。

手漕きボート、ペダルボート、クルージングと好みに合わせてボートを選べるので、のんびりと自然を楽しみたい方は手漕きボートを、エキサイティングを求める方はクルージングを選んでみてはいかがでしょうか?

★パターゴルフ

天然芝の全8ホールのパターゴルフです。

本格的なパターゴルフで、子供が安全に楽しめるだけでなく、ゴルフが趣味の方でも真剣になれるほどです。

大自然の広々とした中、ストレス解消にピッタリですよ。

4:基本情報

では、最後に基本情報をまとめて記載します。

基本情報
さくら祭り開催期間
4月7日~15日
所在地
京都府南丹市美山町樫原

アクセス
JR山陰線「和知駅」から南丹市営バス大野線乗車
⇒「大野バス」下車すぐ
駐車場
有り
料金:無料
駐車台数:100台

あとがき

大野ダムの桜について紹介しました。

大野ダムは1,000本もの桜が咲き誇り、見頃時期には圧巻の景色が見られます。

また、花火大会は他の名所では見られない、大野ダムだけの名物イベントです。

春に桜に囲まれながら見る花火は、非常に美しく見えるのではないでしょうか?

アクセスはやや不便ですが、特に花火大会当日は行く価値のあるスポットと言えますね。