下鴨神社の御手洗祭2018の日程と時間!屋台も出る盛大な祭りです

京都の暑い日に行われるお祭りといえば、

御手洗祭です。

御手洗祭1

2018年の御手洗祭は、まだ発表されていませんが、

毎年土用の丑の日の前後5日間で行われます。

 

2017年は7月25日が土用の丑で

7月22日~30日に行われました。

 

2018年は5日早い7月20日が土用の丑の日ですから、

7月17日〜25日まで行われるのではないでしょうか。

 

ここでは、御手洗祭に初めて参加される方に向けて、

御手洗祭の概要と注意点、混雑情報と屋台の他、

祭りに役立つ情報を簡潔にまとめます。

1:どんな祭り?

御手洗祭は下鴨神社の境内の御手洗池に

足をつけることで心身ともに清めるお祭りです。

 

もともと平安貴族が罪や穢れの禊祓いを

季節の変わり目に行っていたものが庶民に伝わり、

現在の御手洗祭になったと言われています。

 

輪橋という橋の下から御手洗池に入って池の中を進み

御手洗社の前の祭壇にローソクをお供えし、

池から上がったところのご神水をいただくことで、

無病息災、安産、災厄抜除のご利益を受けられます。

 

先述のとおり、糺の森など豊かな自然に囲まれ、

京都でも屈指のパワースポットとしても知られます。

1.1:注意点

池の中を素足で進むという独特なお祭りなので、

以下の点に注意が必要です。

・御手洗池は深いところで膝下まで水位があるので

短パンか捲り上げることができるズボンを

履いていきましょう。

 

・靴は置き場がなく手に持って入ることになるので、

サンダルなど、着脱しやすいものが良いです。

 

・池から上がったところで足を拭くための

タオルを持参しましょう。

 

ご神水を感じられて楽しかったですが、

妻は靴で来ていたので、帰りの足元が

気持ち悪かったらしく、不機嫌でした(笑)

やっぱり、そのお祭りに合った身恰好が大切ですね!

 

また、拭き取るタオルについても、

吸水性が良く、絞るだけでほぼ乾燥状態になり、

すぐ再使用できるものがオススメです。

2:屋台

屋台

屋台は日中から祭り終了の21時まで、

南正面入口から本殿に至る表参道にて

オープンしています。

 

みたらし団子を販売する屋台もあるので、

下鴨神社の雰囲気を楽しみながら味わうのも

良いかもしれません。

 

御手洗祭は貴族の風習が庶民に伝わり

広がったお祭りなので、賑やかで活気がありますよ。

3:混雑を避けるには?

混雑を避けるには、平日か休日なら

日中に訪れることをオススメします。

 

休日の夜には、御手洗池に入るまで

1時間も並ぶこともあるほど、

多くの人が訪れる祭りです。

 

夜の屋台の雰囲気も楽しいですが、

日中の暑いときに冷たい水に足をつけて

冷を取るのも良いかもしれませんね。

4:基本情報

最後に、御手洗祭の基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開催期間
2018年7月下旬
※詳細が決まり次第、更新します。開催時間
5時30分〜21時

お供え料

300円(ローソク代込み)

所在地

京都市左京区下鴨泉川町59

アクセス

・京都市バス4、205系統「下鴨神社前」すぐ
・京阪電車「出町柳駅」から徒歩13分

駐車場

あり
料金:30分200円
駐車台数:200台

駐車場はありますが、

御手洗祭期間中は大変混雑するので、

できる限り公共交通機関でアクセスする方が

無難でしょう。

あとがき

御手洗祭は自分の足で御手洗祭を進む、

参加型のお祭りです。

 

御手洗池は普段立ち入り禁止で、

祭りのときだけ入ることが許されます。

 

由緒ある世界遺産・下鴨神社で、

一年で最も暑い時期にひんやりとした

体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

また、御手洗祭とよく似た行事が

8月の北野天満宮でも行われています。

 

北野天満宮の境内を流れる

約30メートルの御手洗川に足を浸し、

清らかな水で邪気を払う神事です。

 

下鴨神社の御手洗祭に行けないという方、

あるいは、下鴨神社の御手洗祭が気に入った方は、

ぜひこちらに参加してみてください。

 

夏の下鴨神社はイベントの目白押しで、

8月には光の祭が開催されます。

 

糺の森の参道と楼門の中に光のアート作品を展示され、

作品の近くを通ると光の色が変化して音色が響き渡り、

次々と伝搬していきます。

 

下鴨神社の自然の美しさと光のアートがコラボした

感動的な美しさを堪能できますよ。