桂離宮の予約方法!ネット・ハガキ・窓口訪問の申込み手順を紹介!

ここでは、京都市西京区に位置する桂離宮の予約方法について紹介します。

桂離宮は江戸時代の17世紀に、当時の皇族である八条宮の別邸として造られた建築群と庭園からなる皇族関連施設です。

WS000000

桂離宮は宮内庁が管理しており、庭園内を見学するためには、事前に予約が必要となります。

予約は以下の3つの方法があります。

1、ネット
2、往復ハガキ
3、窓口を直接訪問

では、それぞれよ予約申込み手順を説明していきます。

1 ネットによる予約

一番手軽な方法がネット予約ですね。
手軽な分、競争も激しいので、予約開始日にすぐ申込みを行うのがポイントです。

1.1 予約手順

まずはオンライン申込み受付のページにアクセスしましょう。→http://sankan.kunaicho.go.jp/order/order_simple_flow.html

続いて、以下の手順を踏んでいきます。

1、左端の『参加申込』をクリックします。
予約1

2、場所選択の一覧の中から『桂離宮』を選択します。
予約2

3、注意事項を読み、同意できたら、参拝月を選択します。3箇月先まで予約可能です。
予約3

4、頭に✖️がついておらず、空きがある日時を選択します。
予約4 予約5

5、必要事項を記入し、次の画面で確認後、申込み完了となります。
予約6 予約7

結果は、申込みした日の翌日以降にメールにて通知されます。

1.2 予約開始日

桂離宮の予約は3箇月先まで可能ですが、予約開始は参観希望日の3箇月前の1日の午前5時からです。

例えば、5月1日以降は8月分の予約が開始されるので、8月20日の参観予約をしたい場合、5月1日の午前5時から予約申込みが可能となります。

2 往復ハガキによる予約

インターネットが普及した今の時代、ハガキを利用する人は少ないと思いますが、桂離宮の見学予約でハガキはかなり有効です。

桂離宮はネット、ハガキ、直接訪問とそれぞれの予約方法に枠を設けているようで、ネット予約は埋まっていても、ハガキ、直接訪問なら空きがあったという事例もあります。

絶対に予約したい日時があれば、ハガキでも申込みしておくと可能性が上がりますよ。

2.1 ハガキの書き方

ハガキは以下のサンプルのとおり書きます。
WS000012 WS000013

コンピュータ処理されるため、必ず裏面は横書きで書きます。

参観希望日は第3希望まで申込みできますが、希望時間は指定できないので、記入を控えましょう。

1.2 予約開始日

ネット予約と同じく、予約は3箇月先まで可能ですが、気をつけなければならないのは、消印の日付です。

参観希望日の3箇月前の月の1日〜1箇月前の日の消印が必要です。

例えば、8月20日の参観予約をしたい場合、5月1日〜7月20日までの消印が有効となります。

必着ではないので、注意が必要です。

予約開始と同時にハガキで予約申込みする場合は、1日に直接郵便局に持ち込むと良いですね。

3 窓口を直接訪問して予約

『2 往復ハガキによる予約』でも記述したとおり、桂離宮の見学はネット、ハガキ、直接訪問と各予約方法にそれぞれ枠を設けているので、絶対に予約したい日時があれば、窓口を直接訪問してみるべきでしょう。

ここで、窓口とは宮内庁京都事務所参観係窓口です。

地図

京都まで来ないと予約できないので、遠方にお住みの方には無理があるかもしれませんが…

3.1 予約方法

窓口に到着したら、備え付けの用紙に記入し、提出します。

このとき、身分を証明できるものも併せて提出します。

参観希望日時に空きがあれば、その場で許可書を発行してくれますが、希望日時によってはすぐに発行できない場合もあるので、返信用ハガキも持参しましょう。

土日・祝日・休日・年末年始は休み、受付時間は8時30分〜12時及び13時〜17時までとなっているので、訪問時間には注意が必要です。

3.2 予約開始日

ネット、往復ハガキでの予約と同じく、予約は3箇月先まで可能です。

参観希望日の3箇月前の月の1日〜前日まで受け付けてくれるので、絶対に予約したい日時があれば、1日の受付開始と同時に窓口を訪問すると良いでしょう。

4 注意事項

3つの予約方法に共通して以下の注意事項があるので、確認しておきます。

・一度に申込みできる人数は4人まで

・参観できるのは18歳以上

・代理人による申込みは不可

・予約申込み後に人数や参観者の変更は不可

予約申込み人数は最大4人までなので、5人を超える場合は、別の時間帯に分けて予約する必要があります。

大人数での参観は諦めた方が良さそうです。

5 あとがき

以上、桂離宮の3つの予約方法でした。
桂離宮の予約競争は激しく、ネット予約ページをご覧になった方はお分かりかと思いますが、ほとんどの日時が✖️ばかりです。

絶対に予約したい日時があるのなら、ハガキでの予約申込み、窓口を直接訪問しての申込みも行いましょう。

ただし、いずれの方法でも、大人数での参観は不可能と言ってよいです。

桂離宮は見学通路が狭く、また厳正な場所なので、大人数でわいわい楽しむような場所ではないということです。

少人数で静かに京都らしい風情を楽しんでみてください。

修学院離宮の予約・申込方法はこちら
修学院離宮の予約方法!ネット・ハガキ・窓口訪問の申込み手順を紹介!