2016-2017京都国立博物館で伊藤若冲展開催!割引・混雑は?

生誕300年を機にかなりの注目を集めている伊藤若冲

この伊藤若冲の作品展が京都市美術館、京都国立博物館で立て続けに開催されます。

東京都美術館で今年春に開催された若冲展では、最長で5時間もの待ち行列ができ、異常とも言えるほどの大盛況でした。

若冲生誕から300年経った今になってなぜ、注目を集めているのでしょうか?

ここでは、伊藤若冲について簡単な人物像と京都市美術館・京都国立博物館での伊藤若冲展の詳細、チケット情報、混雑予想など、まとめて紹介します。

関連記事:2017京都国立博物館で国宝展が開催!混雑・割引情報は?

1  伊藤若冲とは?

伊藤若冲は京都・錦小路で生誕した江戸時代中期を代表する日本画家で、作品を多数残しました。

若冲

若冲は鶏画を始め動物・植物を緻密に描きつつ、写実と想像を融合した独自の世界観を作品に反映しており、若冲の作風の特徴は「精密な写実でありながら幻想的な雰囲気を持つ」と言えます。

明治期以降、美術界から忘れられた時期もありましたが、昭和45年に辻惟雄の『奇想の系譜』が出版されて再注目されるようになり、さらに、アメリカの若冲コレクターであるジョー・プライスが展覧会を開催して人気が再燃します。

2000年に京都国立博物館で行われた若冲の回顧展では、当初想定の3倍もの来場者が訪れ、2006年に東京国立博物館で行われた若冲と江戸絵画展では、2か月弱で32万にも来場者が訪れるなど、全国で行われる若冲展は異例なほどの人気を誇っています。

2  京都市美術館の伊藤若冲展 ※終了しました。

京都市美術館

2016年秋に京都市美術館にて、若冲展「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」が開催されます。

若冲の生誕300年を機に、若冲独自の世界観、優れた作品の数々が18世紀の京都だからこそ生まれたことを再確認する、京都と伊藤若冲の関わりをひもとくことをテーマにした展覧会です。

基本情報

タイトル
生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲

開催期間
2016年10月4日(火)〜12月4日(日)
※月曜日は休館です。

開催時間
9時〜17時(入場は閉館の30分前まで)
※10月8日、9日は19時まで開館しています。

料金
大人:1,200円
高大生:1,000円
小中学生:500円
※小中学生は土日祝無料

所在地
京都市左京区岡崎円勝寺町124

地図1

アクセス
地下鉄
京都駅より地下鉄烏丸線「国際会館行き」乗車
⇒「烏丸御池駅」下車
⇒地下鉄東西線「六地蔵行き」に乗り換え
⇒「東山駅」下車
⇒徒歩約10分
バス
京都駅より市営バス5,100系統乗車
⇒「岡崎公園 美術館・平安神宮前」停留所下車(所要時間約30分)
⇒徒歩約3分

2.1  チケットの割引は?

京都市美術館のチケットをお得に購入するには、前売券の購入をオススメします。

各料金200円引きとなるうえ、当日券購入による混雑を避けることもできるので、メリットが大きいです。

京都市美術館 前売券情報

発売場所
ローソンチケット(Lコード:55140)、
セブンチケット
e+チケット
チケットぴあ(Pコード:767-757)、
CNプレイガイド
楽天チケット

料金
大人:1,000円
高大生:800円
小中学生:300円

販売期間
2016年7月9日(土)〜10月3日(月)

3  京都国立博物館の伊藤若冲展

2016年-2017年に京都国立博物館にて、若冲展「特集陳列 生誕300年 伊藤若冲」が開催されます。

花鳥画を多く描き、とりわけ鶏画は代名詞ともいえる若冲ですが、少ないながら人物画も手がけており、精細な描写から力強く大胆な筆墨による作品も残されています。

この展覧会では、他の展覧会では見られない作品を鑑賞でき、あまり知られていない若冲の新たな魅力を知ることができると言えます。

基本情報

タイトル
特集陳列 生誕300年 伊藤若冲

開催期間
2016年12月13日(火)〜2017年1月15日(日)
※月曜日、年末年始は休館。
ただし、月曜日が祝日となる場合、翌火曜日が休館。

開催時間
9時半〜17時(入場は16時半まで)

料金
大人:520円
大学生:260円
※高校生以下及び満18歳未満は無料
※満70歳以上は無料

所在地
京都市東山区茶屋町527

地図2

アクセス
京都駅より京都市営バス100,206,208系統に乗車
⇒「博物館・三十三間堂前」下車

3.1  チケットをお得に!

京都国立博物館のチケットは「ミュージアムぐるっとパス・関西2016」がお得です。

関西地区の美術館・博物館など52施設の他、隣接する7県30施設の無料券・割引券がついており、有効期間内に他の施設を巡る予定ならぜひ購入すべきでしょう。

ミュージアムぐるっとパス・関西2016

発売場所
●「関西地区」の全参加52施設
●「隣接地区」のうちの9施設
●ジュンク堂書店、丸善書店
●大垣書店
ほか

料金
普及版:1,000園
プレミアム版:1,800円

有効期間
普及版:利用開始日から3箇月間
プレミアム版:利用開始日から6箇月間

※利用対象施設など、詳細は公式HPをご覧ください。

4  混雑予想

先述のとおり、東京都博物館での若冲展は最長5時間待ちの混雑となりました。

この異常な混雑は、若冲の有名な「動植綵絵」と「鳥獣花木図屏風」が展示され、さらに開催期間がわずか1箇月と短期間だったのが原因でした。

その点、京都市美術館では有名な「百犬図」が展示されるものの、開催期間が2箇月と長いので、そこまでの混雑は起きないと予想しています。

また、京都国立博物館の若冲展では、開催期間は1箇月と短いものの、展示は有名作品中心ではなく、これまで展示されてこなかった作品が中心となるので、こちらも大きな混雑は起きないでしょう。

実際、京都・細見美術館で開催中の若冲展では、東京都美術館ほどの著名作品が並んでおらず、開催期間も長いため、激しい混雑はなく、精々20分程度の待ち時間となっています。

あとがき

今話題の伊藤若冲の作品が京都で見られるチャンスが2回もあるのは素晴らしいですね。

先に開催される京都市美術館では、若冲の魅力がわかる作品が並び、後に開催される京都国立博物館では、若冲のコアな作品が並びます。

京都市美術館の若冲展でハマった方は、続けて京都国立博物館に訪れてみてはいかがでしょうか?

関連記事
2017京都国立博物館で海北友松展開催!割引・混雑は?

1件のコメント

  • 藤林真知子

    元気です

コメントを残す