9月の京都の気温・服装・天気を紹介!他の月と比べて混雑は?

8月が終わり、秋になると、京都観光のベストシーズンがやってきます。

秋

真夏の京都は暑くて観光どころではありませんが、秋には涼しくなり、多くの観光客が訪れるようになります。

9月は一般的に秋ですが、残暑の厳しいイメージもあり、果たして暑いのか涼しいのか、服装はどうすれば良いのか、迷う方もおられると思います。

ここでは、9月の京都の気温と相応しい服装、天気について、紹介します。

1  9月の京都の『気温と服装』

気温

京都の9月は残暑が厳しく、日中は半袖でも問題ありませんが、朝晩は冷え込むので、薄手の上着を持っておく方が良いです。

天気出現率(過去30年以上の気象データを基に算出した天気の出現率)によると、京都の9月の気温は、下旬まで最高気温30℃を超える一方、中旬以降の最低気温は10〜13℃と、寒暖の差が激しくなる傾向があります。

京都は四方を山に囲まれた盆地で風が吹かず、8月はジメジメした暑さとなりますが、この暑さは9月上旬まで続くので、日中の観光はバテるかもしれません。

一方、朝晩は気温がぐっと下がり、半袖で過ごすには肌寒くなります。

そのため、日中の観光は水分補給と休憩を心掛け、夜まで外出するの予定がある方は、薄手のパーカーやカーディガンなど、荷物にならない上着を常に持って行くことをオススメします。

★2017年の傾向

気象庁が発表した「向こう3か月の天候の見通し」によると、2017年の9月~11月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、平年より気温が高くなり、9月は残暑が厳しくなると予想されます。

9月とはいえ、8月並みの暑さ対策が必要な年になりそうです。

2  9月の京都の『天気』

雨

9月の天気は全国的に高気圧と低気圧が交互に入れ替わり、数日毎に天気が変化するようになります。

昨年9月の京都の天気を見てみると、
一週間雨→一週間晴れ→3日間雨→3日間晴れ
と典型的な秋の天候となっています。

また、9月は台風が活発な月でもあるので、台風が直撃し、局所的に大雨となる可能性もあります。

天気ばかりは運任せとなってしまいますが、秋の雨はシトシトと降り、ザーッと降ることはないので、暑さを避けられてむしろ良いかもしれません。

台風が直撃しそうなときは、潔く諦めた方が良いですが・・・

★2017年の傾向

気温と同じく、気象庁が発表した「向こう3か月の天候の見通し」によると、2017年9月~11月の西日本は、低気圧や前線の影響を受けにくく、移動性高気圧に覆われやすい見込みのため、降水量は平年より少ない見込みです。

観光に出掛けるのに、雨が少ないのに越したことはありません。

ただし、もし雨が降って来た場合でも、京都には楽しめる観光地が多くありますよ。

関連記事:雨でも楽しめる!京都の苔が美しいお寺を紹介!

3  9月の京都の『観光客数』

2015年の1年間に京都に訪れた観光客数は過去最高の5,564万人となりましたが、月別の観光客数を見てみると、

1月 494万人(4)
2月 407万人(10)
3月 566万人(1)
4月 545万人(2)
5月 520万人(3)
6月 482万人(6)
7月 388万人(12)
8月 417万人(9)
9月 404万人(11)
10月 428万人(7)
11月 488万人(5)
12月 426万人(8)
※カッコ内の数字は観光客数の順位。

となり、9月は7月に次いで2番目に観光客の少ない月だとわかります。

8月はお盆で五山の送り火や夏祭、10月は時代祭、11月は紅葉、と多くの観光客を魅了するイベント・景色がありますが、9月はこれといった有名なイベントもなく、ちょうど谷間になるので、観光客が少ないのかもしれません。

しかし、観光客が少ない分、混雑せずゆっくり観光できるので、谷間を狙って訪れるのも良いかもしれませんね。

9月のライトアップを狙ってみるのも一手かもしれませんね。
2017年京都の9月のライトアップイベントを紹介!

また、9月末にはコスモスが見頃を迎えるので、コスモス鑑賞に出掛けるのもおすすめです。
亀岡夢コスモス園2017はいつ?開花状況やアクセス方法を紹介!

あとがき

京都の真夏日の日数は、沖縄、鹿児島に次いで3番目に多く、ジメジメした暑さが特徴です。

9月も残暑が厳しいですが、朝晩との寒暖の差が激しいので、荷物にならない軽い上着があった方が良いでしょう。

また、日中でも山や川など、納涼地に行くと冷んやりするので、上着がある方が無難です。

9月の京都観光を考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す