中秋の名月を鑑賞!京都で行われるお月見・十五夜の行事を5つ厳選!

2016年の今年の中秋の名月は9月15日です。

中秋の名月は、満月が大変綺麗に見える、またとない機会です。

この日の名月を観賞する慣習は古くからあり、現在でも、月を愛でる行事・祭典が数多く開催されています。

ここでは、京都で行われる多くのお月見・観月行事のうち、特にオススメの5つを厳選して紹介します!

1 観月の夕べ(大覚寺)

大覚寺

池に映る月、周辺の木々や山との調和が絶妙で、最も美しく名月を観賞できます。

大覚寺は平安時代に嵯峨天皇が造営し、古くから観月が催されてきた名所で、「観月の夕べ」当日は、大沢池に平安当時の装飾を復元した龍頭船を浮かべ、優雅に観月を楽しむことができます。

舟券は17時から20時まで時間を区切って発券されますが、やはり日が暮れて月がきれいに見える19時から20時までの時間帯が早々に売り切れるので、早めに到着しておくことをオススメします。
 

基本情報

料金
拝観料:500円
舟席券:1,000円
五大堂席券:800円(お茶とお菓子付)
開催期間
2016年9月13日から15日
開催時間
17時〜21時頃
所在地
京都市右京区嵯峨大沢町
地図 大覚寺
アクセス
京都駅より京都市営バス28系統乗車
⇒「大覚寺」停留所で下車

京都駅より京都バス71系統,81系統乗車
⇒「大覚寺」停留所で下車

2 賀茂観月祭(上賀茂神社)

上賀茂神社

和歌にも詠まれている、世界遺産・上賀茂神社での月を愛でる優雅な行事を楽しむことができるお祭です。

当日は、馬場殿での名月観賞、尺八・箏曲・和太鼓演奏の他、デジタル掛け軸というプロジェクションマッピングも行われます。

18時より先着順500名で月見団子とにごり酒が振る舞われますので、売り切れる前に、17時には到着しておくことをオススメします。
 

基本情報r

料金
拝観料:無料
開催日
2016年9月15日
開催時間
17時半~
所在地
京都市北区上賀茂本山
地図 上賀茂神社
アクセス
京都駅より京都市営バス4系統乗車
⇒「上賀茂神社前」停留所で下車

3 神泉苑観月会

神泉苑

どんな日照りの年でも枯れることがなかったという神聖なる泉で、この日だけ特別の龍頭船に乗り、観月を楽しむことができます。

神泉苑は祇園祭の発祥地にもなった由緒ある寺院で、観月会当日は、龍頭船での観月の他、音楽舞踏の奉納、普段は見られない庭園の特別公開も行われます。

龍頭船は先着順150名しか乗船できませんので、15時には到着しておくことをオススメします。
 

基本情報

料金
船上名月観賞:700円
開催日
2016年9月17日
開催時間
18時〜20時半
所在地
京都市中京区御池通神泉苑東入門前町
地図 神泉苑
アクセス
京都駅よりJR嵯峨野線「二条駅」下車
⇒徒歩約5分

京都駅より地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」下車
⇒地下鉄東西線に乗り換え、「二条城前駅」下車
⇒徒歩約2分

4 名月管弦祭(下鴨神社)

下鴨神社

尺八・管絃・箏曲などの伝統芸能、十二単の平安貴族の舞など、見て聞いて楽しめる他、京都の老舗が並ぶかがりび市で食を楽しむこともできます。

下鴨神社の名月管弦祭は平安時代に始まり、昭和38年から一般公開されるようになりましたが、祭りの様子は当時のままです。

御手洗団子の発祥地とも言われる下鴨神社で食す月見団子は、一味違って感じることでしょう。
 

基本情報

料金
拝観料:無料
茶席券:1,000円
開催日
2016年9月15日
開催時間
17時半〜
所在地
京都市左京区下鴨泉川町
地図 下鴨神社
アクセス
京都駅より京都市営バス4系統、205系統乗車
⇒「上賀茂神社前」停留所で下車

5 祇園社観月祭(八坂神社)

八坂神社

京都の街の中心地・祇園で観月を楽しむなら、オススメのお祭です。

祇園社観月祭では、京都女子大学交響楽団による交響曲の演奏、管弦・舞楽奉納、箏曲・太鼓奉納など、多様な生演奏を堪能できます。
 

基本情報

料金
無料
開催日
2016年9月15日
開催時間
19時〜
所在地
京都市東山区祇園町北側
地図 八坂神社
アクセス
京都駅より京都市営バス100系統、206系統乗車
⇒「祇園」停留所で下車

 

あとがき

京都では他にも、中秋の名月に各所でお祭が開催されますが、由緒があり、料金も安価なことから、この5つを選びました。

ただし、難点は大変混雑することです。

乗船や茶席などは数が限られているので、出来る限り早く並んでおくことをオススメします。

コメントを残す