2018間人みなと祭り花火大会(京丹後市)の混雑・屋台情報は?

夏といえば、花火と海。

京都の花火大会は川で行われることが多いですが、間人みなと祭りは海で行われます。

海の香りを楽しめる花火大会は、そうそうありませんよ。

ここでは、間人みなと祭りの花火大会について、ご紹介します。

      スポンサードリンク

1:間人みなと祭りの花火大会

間人みなと祭りの花火大会は京丹後市の間人港にて打ち上げられます。

打ち上げ数は800発と少なめですが、港町で開催される花火大会はそうそうありません。

港に停泊するすべての漁船の灯りが点り、打ち上げられる花火が海面を染め、港町ならではの風情を感じられるでしょう。

僕は海が好きなので、海の香りを楽しみながら花火を見られるなんて、最高のシチュエーションだと思います(^^)

また、当日は15時から間人の町内で梵天丸と呼ばれる船の巡行パレードも行われます。

道路上を船が運航する光景なんて、なかなか見られませんよ。

2:屋台は?

やっぱり、祭りに屋台は欠かせませんよね?

間人みなと祭りでは、会場となる間人小学校グラウンドに屋台が出店されます。

他の大規模な花火大会に比べると屋台の規模も小さいですが、お祭りを楽しむには十分です。

ぜひ、食べ歩きを楽しみましょう!

3:混雑は?

昨年の間人みなと祭りでは、約5000人の人出がありました。

京都の他の花火大会では数万人が訪れることを考慮すると、5000人は少なく、比較的混雑は控えめと言えます。

打ち上げ数はやや少ないですが、その分、混雑を避けられて良いかもしれませんね。

4:これがあると便利!

間人みなと祭りでは、もちろんながら、地べたに腰掛けることになります。

そこで欠かせないのが、レジャーシートです。

シートを忘れてしまうと致命的で、花火の楽しみも半減してしまいますよ。

移動の邪魔とならないよう、下のような持ち運びに便利なシートがあると良いですね。

【運動会応援SALE!】 レジャーシート 大きい 5月新色登場 おしゃれ 運動会 200cm×200cm 4人〜8人 肩ひも付き アルミ裏地 保温 防水 厚手 洗えるレジャーシート 大型 軽い ピクニックシート かわいい 運動会 遠足 花見 海 フェス 防災

 

当日は荒天の場合、中止となりますが、小雨の場合は決行されます。

雨が降ってきた場合、傘をさすより、レインコートの方がしっかり花火を楽しめるのでオススメです。

2,000円ほどで、スタイリッシュなレインコートが手に入るので、ぜひ、検討してみてください。

【あす楽】 Makku(マック) レインウェア レインコート レディース メンズ 上下 全4色 ADJUST MAKKU AS-5100 バイク 通学 通勤 防水 透湿 撥水 アウトドア 軽量 フェス 上下セット 作業用 カッパ 【送料無料】

 

花火大会は夜とは言え、人混みの間は熱気がこもり、汗が噴き出してきます。

僕も祇園祭の宵山で人混みの中を歩いていたとき、熱気で意識が飛びそうになったことがあります。。。

熱中症予防には、冷却タオルがオススメです。

水に浸すだけで冷却され、首に巻いておくと、ひんやりと身体を冷やしてくれますよ。

5枚セット クールタオル ひんやりタオル 冷却タオル メール便送料無料 熱中症対策に ネッククーラー アウトドア スポーツ 首 子供 熱中症 towel 節電 夏 冷たいタオル 冷えるタオル クールスカーフ スポーツ・レジャーの暑さ対策

また、水分補給も欠かせないので、持ち運びに便利で保冷効果のある水筒を必ず持参するようにしましょう。

モッシュ mosh!ボトル 水筒 450ml DMMB450 mosh! ステンレスボトル 水筒 マグボトル 保冷保温 ボトル 軽量 直飲み ステンレス 魔法瓶 ダイレクト 子供 女の子 キッズ 魔法瓶 ダイレクト おしゃれ 小さめ 牛乳瓶    

      スポンサードリンク

 

5:基本情報

では、基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開催日
2018年7月25日
打ち上げ時間
20時半〜21時15分
会場
間人港周辺
アクセス
<公共交通機関の場合>
京都丹後鉄道「峰山駅」下車
⇒丹海バス間人循環線乗車
⇒「間人」から徒歩3分
<車の場合>
近畿山陰自動車道「京丹後大宮IC」から30分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:300台

あとがき

間人みなと祭りの花火大会について、ご紹介しました。

規模は大きくありませんが、港町の風情を感じられる点は最大の魅力。

海面に反射する花火や磯の香りを感じられる点、唯一無二の花火大会と言えるでしょう。

車がないとアクセスが大変ですが、近くに行く用事のある方は、ぜひ検討してみてください。

コメントを残す