2018宙フェスの開催日はいつ?チケット・混雑・駐車場情報も!

京都で5回目となる「宙フェス」が開催されます。

今年の宙フェスは9月23日〜24日の2日間で開催。

ちょうど中秋の名月の日にあたり、まん丸な満月が楽しめる日です。

昨年まで1日限りの開催でしたが、話題が話題を呼び、今年は2日間の開催となったそうです。

僕も宇宙にはロマンを感じる方ですが、同じく宇宙好きの人は多くおられるんですね!

ここでは、京都の宙フェスについて、ご紹介します。

      スポンサードリンク

1:宙フェスの概要

「上を向いて遊ぼう!」をコンセプトに、ファッション・サイエンス・アウトドアなど、様々なテーマで星空を楽しむイベントです。

会場は、宇宙を意味する虚空蔵菩薩を祀る、嵐山の法輪寺。

法輪寺の展望台は、渡月橋や小倉山を見渡すことができる絶景スポットで、まさに宙フェスにふさわしい会場です。

宙フェスでは、以下のようなイベントが開催されます。

・宇宙や星空をテーマにした人気店のオープンカフェ

・宇宙をモチーフとしたクラフト作家によるマーケット

・宙ネイルや宇宙柄アクセサリー作りが体験できるワークショップ

・宇宙や星を愛する著名人によるトークショー

・天体望遠鏡で月や星を眺める観測会

 

開催されるイベントはどれも、宇宙好きには堪らない内容ですね。

宇宙にはロマンがありますし、多くの人と宇宙の魅力を共感できるのは、貴重な場かもしれません。

僕も宇宙のロマンには惹かれるので、ぜひ、このイベントで天体観測を楽しんでみたいですね。

宇宙に興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

宇宙好きには、「ホームスター」という商品がオススメです。

使用すると、実際のプラネタリウムと同じくらいの星空が室内に投影され、毎日家にいながら、星空を眺めることができますよ。

リーズナブルなのに、毎日自宅でプラネタリウムを楽しめるなんて、最高ですよね!

【即納/専用包装可能】 ホームスター クラシック HOMESTAR CLASSIC パールホワイト 家庭用 プラネタリウム

2:混雑

昨年の宙フェスは1日限りの開催で、延べ6,000人が来場したそうです。

人気を受け、今年からは2日間の開催となったようですね。

昨年の会場の様子を見ると、混み合ってはいますが、身動きが取れないほどの激しい混雑はなかったようです。

程良く、祭りらしい熱気を感じられる程度には、人出があると考えて良いでしょう。

3:チケット

2018年の宙フェスのチケットについては、まだ発表されていません。

昨年の宙フェスを参考にすると、当日券は700円、前売券は600円でしたので、今年もこれぐらいの料金になると思われます。

せっかく行くなら、100円でも安い方がお得ですよね!

前売券は公式ホームページから購入できるそうですが、現時点では、まだ販売開始されていません。

前売券の情報を入手次第、更新します。

4:アクセスと駐車場

法輪寺には、境内に駐車場はなく、車で来られる方は近隣の民営駐車場に駐車することになります。

しかし、嵐山界隈の駐車場の料金は非常に高いので、公共交通機関でのアクセスをオススメします。

アクセス
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩19分
・京福電車「嵐山駅」から徒歩11分
・阪急電車「嵐山駅」から徒歩6分

      スポンサードリンク

5:基本情報

では、基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開催日
2018年9月23日〜9月24日
開催時間
11時〜20時
料金
当日券:700円
前売券:600円
会場
法輪寺
京都市西京区嵐山虚空蔵山町68

京都人の僕がオススメするホテル

宙フェスが終わるのは夜の8時。

遠方の方は、終わってから帰るのは大変かと思います。

そこで、嵐山温泉に浸かりながら、贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

京都 嵐山温泉 渡月亭は、嵐山の数ある旅館の中でも、特に歴史のある施設です。

最高の京都旅行として、一生の思い出に残ることでしょう。

 

また、翌日以降、嵐山以外の場所で観光する予定なら、JR嵯峨嵐山駅から一旦京都駅まで戻る方が良いです。

京都駅から直接接続している、ホテル近鉄京都駅なんかはアクセスの利便が良く、オススメですよ。

あとがき

京都の宙フェスについて、ご紹介しました。

宇宙はロマンがありますし、宇宙をモチーフにしたカクテルやアクセサリーも販売されるそうで、夢のあるひとときを過ごせそうですね。

例年、スピンオフ企画として、東急ハンズにて宙フェスのアクセサリー等が販売される企画も行われるそうなので、そちらも楽しみですね!

コメントを残す