2018京都スペイン料理祭はいつ?チケット・混雑・駐車場情報も!

京都で5回目となるスペイン料理祭が行われます。

スペイン料理祭では、京都の人気スペイン料理店のグルメが集い、フラメンコのショーなどのステージも開催されます。

僕はスペイン料理なんて洒落たもの、ほとんど食べたことありませんが、祭りという場で気軽に食べられるのは良いですね!

スペインに行ったつもりで、色んなスペイン料理を食してみてはいかがでしょうか?

ここでは、京都のスペイン料理祭について、ご紹介します。

       スポンサードリンク

1:スペイン料理祭の概要

5回目となる今年の京都スペイン料理祭は、6月2日~3日の2日間。

京都のスペイン料理店約20店が集結し、現地の本物の味を手軽に楽しむことができます。

巨大な鍋で炊き上げるパエリア、オリーブオイルで煮込んだアヒージョなどの定番料理は、見てるだけでスペインの熱気が伝わって来ますよ。

また、シェリー酒、ベルモット、ビール、発泡ワインのカヴァなど、50種類ものドリンクも勢揃いします。

ぜひ、お腹を空かせて、腹一杯に食べ歩きたいですね!

スペインまで行かずとも、このイベントでスペイン料理の全てがわかると言えるほど、盛大なイベントですよ。

 

京都スペイン料理祭に参加できないという方は、パエリアやアヒージョをご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

2:チケット

京都スペイン料理祭は入場無料です。

しかし、多彩なドリンクを飲み比べたいという方に、飲みくらべチケットが販売されます。

3,000円で5杯を飲み比べることができるという、お得なチケットです。

さらに、事前予約限定で、通常価格から500円安く、2,500円にて購入できます。

2,500円で5杯も飲めるなんて、かなりお得ですよね!

僕はお酒が弱いので、5杯もとても飲めませんが(笑)

お酒の好きな方は、ぜひ購入すべきでしょう!

チケット
当日券:5杯 3,000円
事前予約:5杯 2,500円
予約申込みはこちらから。

3:混雑は?

昨年の京都スペイン料理祭では、2日間で2万人も動員したそうです。

単純計算で、1日1万人ということになります。

昨年の会場の様子を見ると、混み合ってはいましたが、身動きが取れないほどの激しい混雑ではありません。

程良く人が多く、祭りらしい熱気を感じられることでしょう。

4:アクセスと駐車場

京都スペイン料理祭の会場は「kokoka京都市国際交流会館」となります。

会場には駐車場はあるものの、駐車台数は33台分しかなく、あっという間に満車となってしまいます。

せっかく、多彩なドリンクも満喫できることですし、公共交通機関のご利用をオススメします。

どうしても車で行きたいという方は、会場周辺の民営駐車場を探すようにしましょう。

アクセス
・地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩6分
・京都市バス京都岡崎ループ「動物園東門前」からすぐ
・京都市バス5、100系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩10分

駐車場
駐車料金:最初の1時間410円、以後30分毎に100円加算
駐車台数:33台

       スポンサードリンク

5:基本情報

では、基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開催日
2018年6月2日~6月3日
開催時間
11時~18時
入場料
無料
会場
kokoka京都市国際交流会館
京都市左京区粟田口鳥居町2-1

京都人の僕がオススメするホテル

京都スペイン料理祭に最後までおられた方は、お酒も進んで移動も面倒に感じられることでしょう。

そこで、会場最寄りの「蹴上駅」からすぐ近い施設に宿泊すると楽です。

まずオススメするのは、ウェスティン都ホテル京都です。

大手のホテルらしく、設備は清潔そのもの。

リラックスしてのんびり過ごし、翌日の観光は元気いっぱいで動き回れますよ。

あとがき

京都スペイン料理祭について、ご紹介しました。

スペイン料理店に入ろうと思うとなかなかハードルが高いですけど、祭りという形なら、気軽に楽しめて良いですね。

せっかくなら、多くの種類のスペイン料理を楽しんでみてくださいね!

コメントを残す