京都のあじさいの見頃・開花状況は?名所を6箇所紹介!

梅雨の花といえば、あじさいですね。

青やピンク・白など、色彩豊かな点が魅力的ですね。

ここでは、京都のあじさいの見頃とあじさい名所を6箇所ご紹介します。

      スポンサードリンク

1:あじさいの見頃・開花状況

京都のあじさいは、例年5月下旬から色づき始め、7月上旬まで見頃が続きます。

あじさいは前年の秋の気温や冬の低温と雨量など、諸々の条件によって開花時期が異なりますし、種類によっても変わってきますが、桜のように短期間で散ることはないので、6月下旬から下旬にかけて訪れると、満開のあじさいをみられるでしょう。

また、あじさいは雨の日ほど、活き活きと色づいて見えるものです。

あじさいって晴天との組み合わせより、しとしと雨との組み合わせの方が、風情がありますよね。

雨粒の乗ったあじさいはとても綺麗ですよ。

ただし、雨が降った場合、傘をさすよりレインコートを着る方が無難です。

名所によっては非常に混雑することもあり、傘をさしていると、周りに気を遣ってゆっくり鑑賞できません。

2000円程で、見た目も機能も十分なものが購入できるので、ぜひ、レインコートを着ていくことをオススメします。

【クーポン配布中 5/7 9:59まで】 Makku(マック) レインウェア レインコート レディース メンズ 上下 全4色 ADJUST MAKKU AS-5100 バイク 通学 通勤 防水 透湿 撥水 アウトドア 軽量 フェス 上下セット 作業用 カッパ 【送料無料】

1.1:三室戸寺

京都であじさいと言えば、三室戸寺が最も有名でしょう。

朝日新聞が行った調査で、「日本一のあじさい名所」第3位に選ばれています。

約5000坪の広大な庭園に、約1万株ものあじさいが咲き誇る様子は圧巻の光景です。

6月中旬〜下旬にはあじさいのライトアップが行われ、幽玄に照らし出されるあじさいを堪能することもできますよ。

関連記事:三室戸寺でハートのあじさいを見つける!見頃・混雑は?

基本情報
ライトアップ開催日
6月10日〜25日の間の土日
拝観時間
8時半〜16時半
拝観料
大人:500円
小人:300円
所在地
京都府宇治市兎道滋賀谷21
アクセス
・京阪電車「三室戸駅」から徒歩15分
・JR「宇治駅」からバス
※あじさい見頃時期はJR宇治駅、京阪電車宇治駅から臨時バスが運行されます。
駐車場
あり
駐車料金:500円(普通車)
駐車台数:300台

1.2:善峯寺

JR東海「そうだ 京都、行こう」のCMで取り上げられ、一躍有名になったお寺です。

境内の白山あじさい苑には、約1万株ものあじさいが咲き誇り、京都でも随一の規模です。

あじさい苑の高台の上からは京都市街を一望でき、あじさい越しに見る京都市街は絶景そのものですよ。

また、善峯寺は高度が高く、雨が降ると霧が発生しますが、霧の中に浮かび上がるあじさいの光景は幻想的です。

雨の日にこそ、訪れたい名所と言えます。

関連記事:京都・善峯寺のあじさいの開花状況・見頃と混雑は?

基本情報
拝観時間
8時〜17時
拝観料
大人:500円
高校生:300円
小中学生:200円
所在地
京都市西京区大原野小塩町1372
アクセス
阪急バス66系統「善峯寺」から徒歩8分
駐車場
あり
駐車料金:500円
駐車台数:150台

1.3:三千院

パワースポットとして知られる、京都大原の地にあるお寺です。

三千院のあじさい苑は、山あじさいや星あじさいなど種類が豊富で、形や色など、多種多様なあじさいが鑑賞できます。

また、三千院は自然が豊かで、初夏には青もみじと苔も非常に美しく、色彩豊かなあじさいと美しい緑とのコントラストを楽しむことができますよ。

関連記事:大原三千院であじさい祭が開催!開花状況・見頃と混雑は?

基本情報
拝観時間
8時半〜17時(3月〜12月7日)
拝観料
一般:700円
中高生:400円
小学生:150円
所在地
京都市左京区大原来迎院町540
アクセス
京都バス16、17系統「大原」から徒歩10分
駐車場
なし(近隣の民営駐車場た駐車することになります。)

1.4:藤森神社

藤森神社は平安時代以前から存在する、非常に歴史ある神社です。

境内に2箇所ある紫陽花苑には、約3,500株のあじさいが咲き誇ります。

藤森神社は「あじさいの宮」とも呼ばれますが、まさにその名に相応しい、美しいあじさいを見ることができますよ。

紫陽花苑の公開期間中には、蹴鞠・太鼓・雅楽・運勢鑑定といった奉納行事も行われ、歴史ある伝統行事も一緒に楽しめるのも、魅力ですね。

関連記事:京都・藤森神社のあじさいの見頃・開花状況は?駐車場は?

基本情報
紫陽花苑公開期間
6月上旬から約1ヶ月
※あじさいの開花状況によって公開期間は異なります。
開苑時間
9時〜16時
入苑料
中学生以上:300円
※境内拝観は無料です。
所在地
京都市伏見区深草鳥居崎町609
アクセス
・京阪電車「墨染駅」から徒歩4分
・JR「藤森駅」から徒歩5分
駐車場
あり
<藤森神社第一駐車場>
料金
8時〜20時:駐車後20分無料。以後、60分毎に200円
20時〜8時:60分毎に100円
最大料金:24時間500円
駐車台数
53台
場所
境内南側
<藤森神社北駐車場>
料金

8時〜20時:60分毎に200円
20時〜8時:60分毎に100円
最大料金:24時間500円
駐車台数
33台
場所
境内北側

1.5:丹州観音寺

京都福知山にある、関西花の寺院第一番札所として知られるお寺ですが、別名「丹波あじさい寺」と呼ばれるほど、あじさいは有名です。

本尊・千手観音の霊力で眼病が治ったお礼にと、7色に変化する花・あじさいを植樹されたのが始まりとされ、見頃時期には、約100種・約1万株ものあじさいが咲き誇ります。

本堂を中心に、1万株のあじさいが咲き誇る様子は、ファンタジーの世界に入り込んだような美しさですよ。

関連記事:丹州観音寺のあじさいの見頃・開花状況は?駐車場はある?

基本情報
拝観時間
9時〜17時
拝観料
350円
※あじさい期間のみ。
所在地
京都府福知山市観音寺1067
アクセス
JR「石原駅」から徒歩15分
駐車場
あり
駐車料金:無料
駐車台数:約30台

 

      スポンサードリンク

1.6:柳谷観音

京都長岡京市に位置し、京都西山三山の一つに数えられるお寺です。

本堂と奥の院を結ぶ「あじさいのみち」と「あじさい回廊」では、沿道に約5000株ものあじさいが植栽され、ゆっくりと散策を楽しめるよう整備されています。

他のあじさい名所に比べると知名度は低く、穴場と言えるかもしれません。

ただし、アクセスの便が悪く、シャトルバスはあるものの、運行日は限られており、運行されない日は車でないと行くのは困難です。

関連記事:柳谷観音(楊谷寺)であじさいまつり開催!見頃と駐車場は?

基本情報
拝観時間
9時〜17時
拝観料
200円
所在地
京都府長岡京市浄土谷堂の谷2
アクセス
・JR「長岡京駅」からシャトルバス
・阪急電車「西山天王山前駅」からシャトルバス
駐車場
あり
駐車料金:無料

京都人の僕がオススメするホテル

近年の京都は外国人観光客も異常なほど多く、どこのホテルもすぐ予約でいっぱいになります。

あじさいを見に京都観光に来られるなら、早め早めに予約しておくことをオススメします。

あじさい以外にも京都観光を楽しむ予定の方は、京都駅を拠点に行動すると効率が良いので、ここでは京都駅周辺のホテルをご紹介します。

 

まずは、京都駅近くの格安旅館「あずまや」です。

京都駅からは徒歩12分とやや離れますが、西本願寺の真ん前という立地。

西本願寺周辺の街並は京都らしさが残っており、さらに、京都水族館・京都鉄道博物館にも近く、翌日からすぐ観光に出発できます。

格安旅館ですが、お部屋も綺麗で広く、コスパの良い旅館と言えるでしょう。

旅館あづまや <京都府>

京都に来たからには、町屋に泊まってみたいという方には、こちらがオススメ。

館内は京都らしさを残しつつ、非常に綺麗に整備されています。

料金も非常にリーズナブルで、京都観光の良い思い出に残ることでしょう。

はる家 梅小路|通り庭のある町家

あとがき

京都のあじさいについて、見頃時期と名所6箇所をご紹介しました。

6箇所とも、それぞれに特徴があり、バラエティに富んでいますね。

あじさいと聞くと、僕は童心に帰ったようで、懐かしい気持ちになります。

ぜひ、お気に入りの名所を見つけてみてくださいね!

コメントを残す