2018宝泉院でライトアップ・春の夜灯り開催!青もみじの見頃は?

京都市の北部に位置する宝泉院新緑のライトアップが開催されます。

宝泉院は、天台宗の栄えた大原にあるお寺。

大原の中心的道場で、800年も前に創建されたと伝わります。

大原は京都市街の喧騒から離れ、豊かな自然に囲まれた場所で、青もみじの美しさはまさに逸品です。

個人的に青もみじと言われたら、ここ大原や貴船の地が思い浮かびます。

ここでは、宝泉院の青もみじについて、ご紹介します。

      スポンサードリンク

1:宝泉院の青もみじ

京都大原に位置する宝泉院は「額縁庭園」で有名です。

「額縁庭園」は客殿の柱と鴨居を額縁に見立て、客殿の中から絵画を眺めるような美しさを満喫できる庭園です。

水琴窟の竹の音を聴きながら、額縁庭園に一面と広がる芸術的な青もみじを楽しめる、贅沢な名所ですよ。

額縁庭園の他にも、近江富士を型どり、京都市の天然記念物にも指定されている樹齢700年の「五葉の松」、徳川家臣・鳥居元忠らが自刃した際の血糊が残る血天井など、見所も豊富です。

1.1:新緑ライトアップ

新緑ライトアップ・春の夜灯りでは、額縁庭園の見事な青もみじと五葉の松が照らし出されます。

日中は、爽やかで活き活きとした青もみじ・荘厳な五葉の松も、ライトアップのもとでは、幻想的で幽玄な姿となります。

街中のライトアップはどうしても混雑するので、せっかくの美しい景色もゆっくりと堪能できません。

その点、宝泉院は京都市街から離れており、また知名度も高くないので、人が少なく、のんびりと幻想的なライトアップを満喫できますよ。

僕も人混みが苦手なので、同じライトアップに行くなら、宝泉院のようにのんびりできる名所を選びます。

昼とは異なる青もみじ・五葉の松の姿を、のんびりとご覧になってみてはいかがでしょうか。

春の夜灯り
開催期間
2018年4月21日~5月6日
開催時間
18時~21時
拝観料
大人:800円
※茶菓子付きは1,000円

2:青もみじの見頃

青もみじは、ゴールデンウイーク明けから夏季にかけて最盛期を迎えますが、4月中でも十分に見頃は迎えています。

また、青もみじは紅葉や桜とは異なり、短期間で散ってしまうものではなく、7月や8月の真夏の頃でも緑々とした姿を満喫できます。

しかし、個人的には、6月の梅雨の頃、雨に降られた青もみじはより一層活き活きとし、青もみじの涼やかさが増すように思います。

雨が降ると気分もどんよりしてしまいますが、宝泉院に青もみじを見に行こうとお考えの方は、ぜひ雨の日に行ってみてほしいですね。

4:基本情報

では、基本情報をまとめて記載します。

基本情報
拝観時間
9時~17時
拝観料
大人:800円
中高生:700円
小学生:600円
※茶菓子付きです。
所在地
京都市左京区大原勝林院町187
アクセス
<バスの場合>
京都駅から京都バス17,18系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分
<地下鉄~バスの場合>
地下鉄烏丸線「国際会館駅」下車
⇒京都バス19系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分
<京阪電車~叡山電車の場合>
京阪電車「出町柳駅」下車
⇒叡山電車「八瀬比叡山口駅」下車
⇒京都バス16,17,18,19系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分
駐車場
なし(近隣の民営駐車場に駐車することになります。)

大原の辺りはアクセスの便が悪いのが難点ですね…。

公共交通機関を利用すると、乗り換えが必要になりますし、長時間バスに乗車する必要があります。

また、車で行こうにも専用駐車場がなく、民営駐車場を探さなくてはなりません。

特に、宝泉院の場合、駐車場は京都バスの大原停留所付近にしかないので、駐車してから結局10分は歩く必要があります。

アクセスが不便な分、街中の喧騒から離れた、自然を楽しむことができると言えるのかもしれませんね。

4.1:京都人の僕がオススメするホテル

せっかく宝泉院まで来たなら、大原の里で一泊してみてはいかがでしょうか?

こちらの旅館は宝泉院から徒歩圏内なので、観光帰りに便利な立地です。

何より、大原温泉を満喫できるという点が最大の魅力です。

旅の疲れを温泉で癒し、大原の大自然でエネルギーを授かると、元気いっぱいになれることでしょう。

料金もリーズナブルで、きっと旅の思い出に残ることでしょう。

 

あとがき

新緑ライトアップが開催される、京都・宝泉院について、ご紹介しました。

宝泉院では、声明がBGMとして流れ、厳かな響きにより、ゆっくりと心の世界に入り込むことができます。

また、住職による説法とお寺の説明も聞くことができるなど、観光客への心遣いが素晴らしい名所です。

あまり知られていませんが、こういう隠れた名所も良いですよ!

知名度にとらわれて、人混みの中に出掛けて行くより、ゆっくりと厳かな雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事
2018京都・貴船神社の青もみじの見頃は?ライトアップ情報も!
2018瑠璃光院の青もみじ見頃は?春の特別拝観とライトアップも!
2018北野天満宮の青もみじの見頃は?御土居と宝物展の特別公開!

コメントを残す