2018京都・鳥羽の藤の見頃・開花状況は?一般公開や駐車場は?

ゴールデンウィークの前、京都では藤の花が見頃を迎えます。

京都で藤と言えば、最も有名なのは10円玉でお馴染みの平等院かもしれません。

しかし、藤の規模で言えば、京都市上下水道局の鳥羽水環境保全センターの方が上でしょう。

ぜひ、鳥羽の藤を見に出掛けてみてはいかがでしょうか?

     スポンサードリンク

1:鳥羽の藤

鳥羽水環境保全センターでは、藤が見頃を迎える頃、一般公開が行われます。

2018年鳥羽の藤の一般公開は4月26日〜4月30日です。

全長120mにも及ぶ藤は、全国でも鳥羽でしか見られないでしょう。

通路上から垂れ下がる藤を眺めながら、春のポカポカ陽気を感じてみるのも良いかもしれませんね。

1.1:イベントも開催

藤の一般公開に合わせて、様々なイベントも開催されます。

クイズラリー、キーワードラリーは毎日開催。

4月28日、29日には、飲食コーナー、施設見学ツアー、水質実験、利き水企画、ふあふあトランポリン、メガソーラー見学ツアーが開催されます。

藤を見るだけでなく、水道施設について学べるイベントも行われます。

特にお子さんのおられるご家族には、様々な体験ができる良いイベントと言えるでしょう。

2:見頃と開花状況

2017年の藤の開花状況を見てみると、4月21日に咲き始め、4月24日に5分咲き、4月26日に見頃を迎えています。

藤は咲き始めてから開花までが早いですね。

今年は冬から春にかけて気温が高く、桜の開花も非常に早かったので、藤の開花も早まる可能性がありますが、概ね一般公開期間内は見頃となっていると思われます。

また、京都市上下水道局のホームページで開花状況が随時更新されますので、出掛ける前にチェックしておくと良いでしょう。

3:アクセスと駐車場

鳥羽水環境保全センターは交通の不便な場所にありますが、一般公開中は臨時バスが運行されます。

竹田駅西口と京都駅八条口から乗ることができますよ。

臨時バス運行情報
4月26日(木)、27日(金)
竹田駅西口
運行時間:9時40分〜15時
運行間隔:30分間隔
京都駅八条口
運行時間:9時40分〜15時
運行間隔:10分〜20分間隔
4月28日(土)、29日(日)、30日(月)
竹田駅西口
運行時間:9時40分〜15時15分
運行間隔:10分〜30分間隔
京都駅八条口
運行時間:9時半〜15時
運行間隔:5分〜20分間隔

一般公開期間中、臨時駐車場が設けられますが、駐車スペースが少なく、混雑が予想されます。

京都市上下水道局も公共交通機関の利用をお願いしているので、できる限り、バスや地下鉄で訪れることをオススメします。

     スポンサードリンク

4:基本情報

では、最後に基本情報をまとめて記載します。

基本情報
公開期間
2018年4月26日〜30日
公開時間
10時〜16時
場所
京都市上下水道局鳥羽水環境保全センター
京都市南区上鳥羽塔ノ森町梅ノ木1

4.1:京都人の僕がオススメするホテル

藤の名所は鳥羽水環境共生センターだけではなく、平等院も非常に有名です。

せっかくなら、平等院の藤も一緒に観に行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事:2018京都・平等院の藤の見頃と開花状況は?混雑状況と駐車場は?

もし、宿泊施設をお探しなら、歴史・伝統のある街・宇治市内で京都らしさを感じながら宿泊すると良いでしょう。

平等院から徒歩5分という立地の以下の旅館なんか、いかがでしょう。

 

あとがき

京都の鳥羽の藤について、ご紹介しました。

桜は散り始めていますが、次は藤、さらにその次はつつじと、次から次に楽しませてくれますね。

寺社仏閣など、文化・伝統を感じるのも良いですが、美しい花や植物も楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

関連記事
2018京都・蹴上のつつじの開花状況は?駐車場や一般公開の時間も

2018京都・城南宮の藤・つつじの見頃と開花状況は?駐車場情報も

2018京都・貴船神社の青もみじの見頃は?ライトアップ情報も!

2018京都・三室戸寺のつつじの見頃・開花状況は?混雑状況も!

コメントを残す