京都・長岡京市の光明寺の紅葉は必見!2017年の見頃と混雑は?

光明寺は京都府長岡京市にある浄土宗のお寺で、法然が初めて念仏の教えを説いた場所です。

法然が亡くなった後、太秦の西光寺に墳墓が建てられますが、法然の棺より数条の公明が放たれ、光明寺のある栗生野の地を照らしたという伝説から、このように名付けられました。

現在の光明寺は、紅葉の名所として有名です。

紅に染まる紅葉は参拝者を魅了し、評判が評判を呼んで、徐々に全国的に知られるようになっています。

ここでは、光明寺の紅葉について紹介します。

1:光明寺の紅葉

総門をくぐり、「女人坂」と呼ばれる緩やかな石段を登ると、真っ赤な紅葉に覆われた法然上人像と、色鮮やかな紅葉と相まった御影堂が見えてきます。

これだけでも十分に見応えがありますが、一番の見所は、もみじ参道です。

総門左手に続く参道で、両脇から伸びる紅葉によって作られる紅葉のトンネルには、感動せずにはいられないでしょう。

光明寺以上に見事な紅葉のトンネルは、なかなか見られませんよ。

1.1:紅葉の見頃

光明寺の紅葉の見頃は例年11月中旬〜12月上旬ですが、2017年の見頃はいつになるのでしょうか?

葉が色づくには、日最低気温8℃以下が必要で、さらにこれが5℃以下になると一気に色づきが進行すると言われています。

気象庁が発表した「向こう3ヶ月の天候の見通し」によると、2017年9月〜11月は暖かい空気に覆われやすく、平年より気温が高いと予報されており、紅葉の見頃はやや遅れそうです。

気象庁の観測通りになると、2017年の光明寺の紅葉は11月下旬〜12月上旬に見頃を迎えると予想します。

2:混雑は?

光明寺は知る人ぞ知る紅葉名所でしたが、2009年にJR東海のCMに起用されてから一気に全国的に知られるようになり、以後、年々知名度が高まり、観光客が増えている印象です。

とはいえ、嵐山や清水寺といった超がつく名所に比べると全然少ないので、余程、人混みが苦手でない限りは気になるほどの混雑にはなりません。

しかし、人混みが苦手という方は、平日か休日でも開門一番に訪れると良いでしょう。

3:長岡天満宮も一緒に!

京都市街を離れ、長岡京市を訪れるからには、一緒に長岡天満宮も訪れることをオススメします。

長岡天満宮は、学問の神様・菅原道真が太宰府に左遷された際に名残を惜しんだ場所で、出発のときに自作の木像を贈り、それを祀ったことが始まりと言われています。

境内のあらゆる場所で美しい紅葉を見ることができますが、特に、錦景苑と呼ばれる庭園の紅葉は絵になるような光景です。

光明寺は混雑しますが、長岡天満宮はいつもガラガラ状態なので、のんびりと美しい紅葉を満喫できるのもオススメポイントですよ。

基本情報
拝観時間
境内自由
拝観料
無料
所在地
京都府長岡京市天神2-15-13

アクセス
・阪急京都線「長岡天神駅」から徒歩10分
・JR京都線「長岡京駅」下車
⇒阪急バス77、78系統に乗り換え
「長岡天満宮前」下車すぐ

基本情報

では、最後に基本情報をまとめて記載します。

基本情報
拝観時間
9時〜17時
拝観料
大人:500円
中学生以下:無料
※11月14日〜12月6日以外は無料です。
所在地
京都府長岡京市栗生西条内26-1

アクセス
JR京都線「長岡京駅」下車
⇒阪急バス20、22系統に乗り換え
「光明寺」下車
⇒徒歩3分

あとがき

長岡京市の光明寺の紅葉について紹介しました。

個人的に、瑠璃光院と並び、紅葉の美しさでは、京都で1、2を争うレベルだと思っています。

紅葉のトンネルの美しさでは、光明寺の右に出る名所はなかなかないのではないでしょうか?

ぜひ、訪れてみたい紅葉名所ですね。

コメントを残す