2017亀岡市の紅葉名所を紹介!ライトアップも行われます。

最近、京都市内の観光客は減り、京都市周辺の市町村の観光客が増加しているそうです。

その最たる理由は混雑。

外国人観光客が急増した影響で、どこの観光地に行っても人が多く、京都市バスはいつもギュウギュウで、京都市の観光満足度は低下しているそうです。

紅葉シーズンは特にヤバく、お寺によっては入場までに1時間並ぶといったことが普通にあります。

せっかくの観光をのんびりと過ごしたい方にオススメなのが亀岡市です。

混雑を避けることができ、京都市の名所に負けないぐらい見応えのある紅葉スポットも数多くあります。

ここでは、亀岡市の紅葉名所を7箇所紹介します。

1:神蔵寺

平安時代、天台宗の最澄が比叡山修行の際、この地を訪れて神蔵寺を創建し、天台宗の一大道場としたと伝わるお寺です。

亀岡随一の紅葉名所として知られ、紅葉見頃時期にはライトアップも行われます。

京都府下でも紅葉の見頃が早いと言われ、11月下旬にはピークを過ぎてしまいますので、訪れるなら11月中旬ごろベスト。

ただし、神蔵寺は散りもみじも非常に美しいので、あえてピークの過ぎた頃に訪れるのも良いかもしれません。

基本情報
ライトアップ開催期間
11月12日~19日
拝観時間
9時~17時
※ライトアップは18時~21時。
拝観料
300円
所在地
京都府亀岡市ひえ田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝60

アクセス
JR嵯峨野線「亀岡駅」から京阪京都交通バス40系統乗車
⇒「運動公園ターミナル」下車
⇒亀岡市ふるさとバスF31、F32、F33、F34系統「畑野コース」乗車
⇒「グリーンハイツ口」下車
⇒徒歩20分
駐車場
あり
料金:無料
駐車台数:10台※ライトアップは2016年の情報です。2017年の情報を入手次第、更新します。

2:鍬山神社

太古は湖であったという亀岡盆地において、祭神の大国主命が国作りのために保津峡を開削して盆地を開拓し、そして、開削に使用した鍬を山積みにしたという伝説から、鍬山神社と呼ばれるようになりました。

境内には約1000本の紅葉が植えられており、鮮やかな美しさから「矢田の紅葉」と言われます。

見頃時期には、参道から鍬山宮、八幡宮に至るまで真っ赤に燃えるような紅葉が続き、荘厳な雰囲気に包まれます。

11月上旬~11月中旬にはライトアップも行われ、荘厳さをさらに増した紅葉を楽しむことができますよ。

基本情報
ライトアップ開催期間
11月10日~16日
拝観時間
自由拝観
※ただし、ライトアップは17時~20時。
拝観料
境内自由
※ただし、ライトアップは300円必要。
所在地
京都府亀岡市上矢田町上垣内22-2

アクセス
JR嵯峨野線「亀岡駅」から亀岡市コミュニティバス「東コース」乗車
⇒「鍬山神社前」下車すぐ
駐車場
あり
料金:無料
駐車台数:30台※ライトアップは2016年の情報です。2017年の情報を入手次第、更新します。

3:出雲大神宮

縁結びのパワースポットとして知られる神社です。

境内には、参拝者がお守りの赤い糸を結ぶ「夫婦岩」、御神体山から湧き出る霊水「真名井の水」など、多くの見所があります。

出雲大神宮の御神体山はイチョウの名所として知られ、紅葉見頃時期に山全体が黄色で覆われる様子は絶景。

11月下旬のライトアップで照らし出されるイチョウはまた格別ですよ。

デートで訪れるには、最適の名所と言えるでしょう。

基本情報
ライトアップ開催期間
11月18日~21日
拝観時間
自由拝観
※ただし、ライトアップは17時~20時。
拝観料
境内自由
所在地
京都府亀岡市千歳町千歳

アクセス
JR嵯峨野線「亀岡駅」から亀岡市ふるさとバスF11系統乗車
⇒「出雲神社前」下車すぐ
駐車場
あり
料金:無料
駐車台数:70台※ライトアップは2016年の情報です。2017年の情報を入手次第、更新します。

4:桑田神社

桑田神社の祭神の大山咋命・市杵島姫命は鍬山神社の祭神とともに、湖であった亀岡盆地を開拓するために保津峡を開削したと伝えられています。

桑田神社は知る人ぞ知る隠れた紅葉名所として知られ、見頃時期には、黄色・赤色の紅葉が境内を色づきます。

特に、参道の石段を覆う紅葉のトンネルは一番の見所です。

トロッコ亀岡駅からも近く、嵯峨野トロッコ列車に乗られる方は、ぜひ一緒に拝観したい神社ですね。

基本情報
拝観時間
自由拝観
拝観料
境内自由
所在地
京都府亀岡市篠町馬堀東垣内3

アクセス
・トロッコ「亀岡駅」から徒歩9分
・JR嵯峨野線「馬堀駅」から徒歩13分

5:京都丹波 夢ナリエ

亀岡市の観光園「ききょうの里」で行われるイルミネーションイベントです。

電飾のトンネルや、赤・青・黄など多彩な明かりで足元を照らすエリアなど、様々なイルミネーションを楽しむことができます。

もちろん、紅葉もライトアップにより華麗に照らし出されますよ。

京都市街のイルミネーションイベントと異なり、人出が少ないので、のんびりと過ごすことができますよ。

基本情報
ライトアップ開催期間
11月12日~12月25日
開催時間
18時半~21時
料金
協力金として500円
所在地
京都府亀岡市宮前町猪倉谷性寺門前

アクセス
JR嵯峨野線「亀岡駅」から京阪京都交通バス40系統乗車
⇒「猪倉」下車
⇒徒歩5分
駐車場
あり※2016年の情報です。2017年の情報を入手次第、更新します。

6:法常寺

後水尾天皇ゆかりのお寺で、歴代天皇より賜った古文書・美術品などを多数保管しています。

本堂の拝観には予約が必要ですが、境内の庭園は府の名勝に指定されているほど美しく、特に苔は見応えがあります。

静かな佇まいのお寺で、見事な紅葉を眺めながら、心を落ち着かせることができますよ。

基本情報
拝観時間
自由拝観
※ただし、本堂拝観は要予約。
拝観料
300円
所在地
京都府亀岡市畑野町千ヶ畑藤垣内1

アクセス
JR嵯峨野線「亀岡駅」から亀岡市ふるさとバスF31、F32、F33、F34系統「畑野コース」乗車
⇒「千ヶ畑」下車

7:穴太寺

705年、文武天皇の勅願により大伴古麻呂が創建したと伝わるお寺です。

境内の日本庭園は府の名勝に指定されており、本堂の「なで仏」は病気平癒のご利益があると言われています。

紅葉の樹々の数は決して多くはありませんが、一本一本の美しさが際立ち、とても絵になる光景が広がります。

落ち着きのある紅葉を楽しみたい方にオススメです。

基本情報
拝観時間
8時〜17時
拝観料
500円
所在地
京都府亀岡市曽我部町穴太東ノ辻46

アクセス
JR嵯峨野線「亀岡駅」から京阪京都交通バス60系統乗車
⇒「穴太口」下車
⇒徒歩10分
駐車場
あり
料金:400円
駐車台数:100台

あとがき

亀岡市の紅葉名所を7個所紹介しました。

神蔵寺、鍬山神社、出雲大神宮では、ライトアップも行われます。

人も少なく、まさに穴場と言えるでしょう。

車がないと少々不便な立地の名所が多いですが、自家用車をお持ちなら、のんびりと紅葉を楽しめるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

コメントを残す