雨でも楽しめる!京都の苔が美しいお寺を紹介!

しかしながら、雨が降ったときにこそ見に行きたいものもあります。

その一つが苔。

雨に降られた苔は生き生きとし、雨粒の輝きと相まって、新緑の美しさが増すのです。

ここでは、京都の雨の日にこそ訪れたい、苔の美しい名所を紹介します。

関連記事
雨でも楽しめる!京都で子供のオススメ遊びスポットを紹介!
2017夏の京都の室内デートスポット!雨でも暑くても大丈夫!

1:西芳寺

通称苔寺とも呼ばれる、世界遺産の一つです。

西芳寺の拝観は完全予約制なので、最も観光が難しい世界遺産とも言われますが、一面苔に覆われた庭園は日本でも屈指の美しさです。

アップルの創業者、故スティーブ・ジョブズ氏も家族とお忍びで訪れたことでも有名です。

予約争いは熾烈ですが、ぜひとも一度は訪れたい名所です。

京都・西芳寺(苔寺)の予約申し込み方法!返信用ハガキの書き方も!

基本情報
拝観料
3,000円
所在地
京都市西京区松尾神ヶ谷町56

アクセス
京都バス「苔寺 鈴虫寺」から徒歩3分

2:祇王寺

京都市嵯峨野にひっそりと佇む、苔の絨毯の見られるお寺です。

平家物語では、平清盛の寵愛を受けた祇王という一人の女性が、清盛の心変わりにより都を追われ、母と妹とともに出家、入寺した慈恋の尼寺として登場します。

決して大きいお寺ではありませんが、平家物語の悲しい歴史を知ると、苔の侘び寂びの美しさが一層際立って見えますよ。

基本情報
拝観時間
9時〜17時
拝観料
大人:300円
小中高生:100円
所在地
京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32

アクセス
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩20分
・京都市バス「嵯峨釈迦堂前」から徒歩15分

3:三千院

三千院は京都市の北部・大原にあるお寺で、青蓮院・妙法院と並ぶ天台宗の三門跡寺院の一つです。

庭園の苔の美しさはもちろんのこと、三千院は、春には桜、初夏にはあじさい、秋には紅葉の名所としても知られ、四季折々の景観と苔とのマッチングが見られる数少ないお寺です。

苔の間から顔を出すわらべ地蔵たちも可愛らしく、様々な楽しみ方ができますよ。

基本情報
拝観時間
3月~12月7日: 8時半~17時
12月8日~2月 :9時~16時半
拝観料
一般:700円
中学生・高校生:400円
小学生:150円
所在地
京都市左京区大原来迎院町540

アクセス
京都バス「大原」から徒歩10分

4:銀閣寺

言わずと知れた、京都を代表する名所です。

境内の山肌に生える苔は、銀閣寺の侘び寂びを表現しており、東山文化の美意識を代表するものです。

順路の途中、「銀閣寺の大切な苔」、「ちょっと邪魔な苔」、「とても邪魔な苔」が、それぞれ種類分けして紹介しており、銀閣寺の苔のお手入れに対する拘りを垣間見ることができますよ。

基本情報
拝観時間
3月1日〜11月30日:8時半〜17時
12月1日〜2月末日:9時〜16時半
拝観料
大人・高校生:500円
小中学生:300円
所在地
京都市左京区銀閣寺町2

アクセス
・京都市バス「銀閣寺前」から徒歩5分
・京都市バス「銀閣寺道」から徒歩10分

5:高桐院

戦国武将・細川忠興の父である細川藤孝を弔うために建立され、境内には忠興の妻・ガラシャのお墓もあります。

高桐院は品のある緑がとても美しく、苔と竹林に囲まれた石畳の参道には、映画界の巨匠・スティーブン・スピルバーグも絶賛したそうです。

客殿かれ眺める庭園の風景は特に素晴らしく、JR東海の「そうだ京都、行こう」のCMにも使用されています。

基本情報
拝観時間
9時〜16時半
拝観料
大人:400円
小人:200円
所在地
京都市北区紫野大徳寺73-1

アクセス
京都市バス「大徳寺前」から徒歩5分

6:法然院

その名のとおり、鎌倉時代に活躍した法然上人ゆかりのお寺です。

法然が四国に流罪となっている間に法然院の草庵は荒廃しますが、江戸時代に知恩院門主・万無上人が再興し、現在の姿となりました。

苔に覆われる茅葺屋根の山門、白砂壇と呼ばれる白砂の盛り土、参道脇に広がる苔など、情緒に溢れる名所です。

春には椿、秋には紅葉が美しく、苔とのコントラストが見事ですよ。

基本情報
拝観時間
6時〜16時
拝観料
境内自由
所在地
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30

アクセス
・京都市バス「南田町」から徒歩5分
・京都市バス「浄土寺」から徒歩10分

7:白龍園

京都に拠点を置く子供服の老舗・青野株式会社が自社の社員や家族でコツコツと造り上げた庭園です。

白龍園は一般公開を春と秋の期間限定で行っており、かつ、一日の入園者を100人に限定しているため、簡単に見られる名所ではありません。

しかし、庭園の苔は細部まで丁寧に手入れが行き届き、どこを歩いても絵画の世界に迷い込んだような光景が広がります。

桜と紅葉の名所としても知られ、苔との美しいコントラストを楽しむことができますよ。

チケットの販売は出町柳駅インフォメーションで行われるので、注意が必要です。

2017京都・白龍園の紅葉の情報!チケットの入手方法は?

基本情報
一般公開期間
春:3月末〜5月末
秋:10月末〜12月上旬
料金
白龍園観覧券:1,300円
叡山電車1日フリー乗車券+白龍園観覧券:2,000円
販売窓口
叡山電車出町柳駅インフォメーション
所在地
京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106

アクセス

叡山電車「二ノ瀬駅」から徒歩7分

あとがき

京都の雨のときにこそ見に行きたい、苔の美しいお寺を6箇所紹介しました。

最も有名なのは、西芳寺・銀閣寺・三千院かと思いますが、祇王寺・高桐院・法然院も負けず劣らず、息を飲むような美しさのあるお寺です。

雨の日に予定を変更されるというなら、ぜひ、雨に濡れて生き生きとした苔を見に行ってみてください。

コメントを残す