京都・質志鍾乳洞はキャンプも楽しめます!アクセス・服装は?

鍾乳洞と聞くと、地下の別世界にいるようでわくわくしませんか?

有名な鍾乳洞では、山口県の秋芳洞、東京の日原鍾乳洞などがありますが、京都にもあまり知られていないものの、質志鍾乳洞という唯一の鍾乳洞があります。

ここでは、質志鍾乳洞について紹介します。

夏の涼しいところとして、ぜひともオススメのスポットですよ!

関連記事:京都の涼しいところ!夏の自然を満喫できるスポット5選!

1:質志鍾乳洞とは?

質志鍾乳洞は延長52.5m、高低差25.1m、先述のとおり、京都府唯一の鍾乳洞で、府の天然記念物に指定されています。

洞内の気温は年中12℃〜15℃程度なので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

質志鍾乳洞の特徴は高低差の大きさで、途中、垂直の壁のような階段を下りる際は、一種のアクティビティを体験しているかのようです。

自然美に圧倒されながら、ハラハラとドキドキを体験できる鍾乳洞は、日本広しと言えど、質志鍾乳洞だけでしょう。

また、鍾乳洞にはコキクガラシコウモリなどの洞窟コウモリの重要な生息地でもあります。

途中、コウモリが飛んできても怖がらず、貴重なシーンだと思って写真に収めてみましょう。

基本情報
開園時間
9時〜17時
※12月・3月は土日祝のみ。
入園料
大人:520円
中学生以下:300円
所在地
京都府船井郡京丹波町質志

アクセス
〈公共交通機関〉
JR嵯峨野線「園部駅」下車
⇒JRバス「桧山」下車
⇒町営バス「鍾乳洞口」下車
⇒徒歩5分
〈自家用車〉
京都縦貫自動車道「京丹波みずほIC」下車
⇒国道173号

1.1:子供でも大丈夫?

上記のとおり、質志鍾乳洞は、途中、急な階段があります。

そのため、小さな子供さんは入場をお断りすることがあるようです。

小学生以上なら問題ありませんが、幼児なら、お子さんの体力と考慮して決めると良いでしょう。

2:服装は注意!

鍾乳洞内は滑りやすいため、スカート・ヒール・革靴など、歩きづらい服装はNGです。

必ず、ズボンにスニーカーを着用するようにしましょう。

もし、スニーカーを忘れても、無料で貸してくれるので、お気軽に声をかけてみてください。

また、鍾乳洞内は地下水や雨水が天井から滴り落ち、びしょびしょに濡れることもあるので、お気に入りの服で行くと残念なことになる恐れがあります。

少し汚れても良いような服装で訪れるのが良いでしょう。

3:一緒にアウトドアも楽しむ!

質志鍾乳洞の延長は52.5mと短めで「これで終わり?」という感想を抱く人もいる程です。

質志鍾乳洞公園では、キャンプやパーベキューを楽しむことができるので、せっかく質志まで来られたなら、一緒にアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか?

温水シャワー・トイレ・炊事場は完備されています。

また、周囲は森林に囲まれており、自然が豊かで、バードウォッチングも楽しめます。

20mのジャンボ滑り台やニジマス釣りもあり、丸一日遊んで過ごすことができますよ。

基本情報
キャンプ開設期間
4月〜11月
12月・3月の土日
料金
キャンプ台(1基1夜あたり):2,080円
キャンプ台(1基昼間使用):1,040円
テント1張(5人用):2,080円
ニジマス釣り:1人300円
予約申込先
質志鍾乳洞公園事務局
0771-86-1725

あとがき

京都の唯一の鍾乳洞・質志鍾乳洞について紹介しました。

延長はやや短いですが、ほぼ垂直に降りるような階段はスリル満点です。

涼しい鍾乳洞で冷や汗をかくような、ハラハラ感を味わえますよ。

ぜひ、一度訪れてみてください!

コメントを残す