『花戦さ』の主役池坊専好と千利休の関係は?撮影地の六角堂も紹介!

『花戦さ』は6月3日から全国公開となるエンターテイメント時代劇です。

花僧・池坊専好主役とのことですが、池坊専好についてご存知の方は少ないのではないでしょうか?

かく言う私も、この記事を書くまで全く知りませんでした。

ここでは、『花戦さ』に興味を持たれた方に向け、池坊専好と撮影地・六角堂について紹介します。

1:『花戦さ』のあらすじ

時は戦乱の世の京都。

花僧の池坊専好は花を生けることで世の平和を願っていました。

しかし、豊臣秀吉により天下統一がなされると、秀吉の圧政に民は苦しめられ、専好の友人・千利休も理不尽な理由により、自害に追い込まれます。

本作は、友の仇を討つべく、生け花を武器に秀吉に立ち向かう専好の姿を痛快に描いた物語となっています。

池坊専好を野村萬斎、千利休を佐藤浩市、豊臣秀吉を市川猿之助がそれぞれ演じ、狂言師と歌舞伎役者と映画俳優が共演することでも注目されています。

2:池坊専好とは?

池坊は日本の華道家元で、華道を確立させたと言われています。

自身の生けた花が世間で知られるようになった池坊専慶、華道の体系化をはかった池坊専応、全国に足を運び華道を伝えた池坊専栄、そして、その後を継いだ池坊専好により、華道は大成されます。

専好は専応・専栄によって形成された立花を、より立体感のある構成に発展させ、前田利家邸にて幅約7mの床の間に巨大な立花「大砂物」を生けたと伝えられています。

この「大砂物」が『花戦さ』原作のクライマックスとなるのです。

1594年、秀吉は前田利家邸に訪れることとなり、屋敷の床の間に作品を作るよう依頼を受けた専好は、立花の美をもって、秀吉に利休の仇を討とうと誓います。

「大砂物」は、器に砂を敷き詰めたことが名称と由来とされ、花の背後の掛軸に描かれた20匹の猿が、松の枝の上で戯れているように見えたとの逸話も残されています。

「大砂物」を作るにあたり、利休の死をめぐる専好の葛藤が映画の中でどのように描かれるのか、ここが最大の見どころになるのではないでしょうか。

2.1:千利休との関係

茶道の利休と華道の専好は深い友情で結ばれ、互いに切磋琢磨して美と技を高め合ったと言われています。

利休が茶席の花を見て、専好が生けたものだと瞬時に見抜いたとの逸話も残されている程です。

利休は織田信長にも豊臣秀吉にも信頼され、特に、「秀吉に物を言えるのは利休だけ」と言われた人物でしたが、1591年、突然秀吉の逆鱗に触れ、切腹を命じられます。

切腹を命じられた理由は諸説ありますが、その中の一つに、秀吉が黄金の茶室を造るなど、茶に豪華絢爛さを求めたのに対し、利休は簡素簡略な侘茶を求め、互いの価値観に相違が生じた、というものがあります。

利休の茶に対する美のこだわりを感じられますね。

専好と利休は互いの道を極めた者同士だったからこそ、互いの美をより感じることができたのかもしれません。

3:撮影地・六角堂とは?

六角堂は京都の烏丸通沿いの高層ビルに囲まれた一角に佇む寺院です。

587年、聖徳太子が四天王寺を建立するため、用材を求めて立ち寄ったところ、持っていた観音像からお告げを聞き、この地に六角堂の御堂を建てたという伝承が残っています。

六角堂の住職は池坊が代々務め、室町時代には六角堂の実務を行う傍ら、専慶・専応らの活躍で華道家元の地位を確立し、「生け花発祥の地」とも言われています。

池坊、華道とゆかりが深いことから、六角堂の境内では、度々いけばな展が開催されています。

境内には、「縁結びの柳」があり、后との出会いを求めていた嵯峨天皇がある日の夢で「六角堂の柳の下に行くように」とのお告げを聞き、その通りに行ってみると、そこには美しい女性がおり、后を迎えられたとの逸話から、そのように呼ばれています。

現在は、柳の枝2本におみくじを結びつけると良縁に恵まれると言われています。

京都市街の真ん中にあり、アクセスの利便も良いので、京都に来られた際には、ぜひ訪れてみてください。

基本情報
拝観時間
6時~17時
拝観料
無料
所在地
京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248

アクセス
地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩3分

あとがき

映画『花戦さ』主役の池坊専好、撮影地の六角堂について紹介しました。

あまり映画は見ない私ですが、専好のことを知るにつれて、段々と見たくなってきました。

痛快なエンターテイメント時代劇だそうですが、利休の悲運な最期と専好の想いを考えると、最後は涙してしまうかもしれません。

出演陣も非常に豪華なので、ぜひ見に行きたいところですね。

1件のコメント

  • Naricy

    せっかく本当の生粋の京都の方なんですから、
    ネットで叩かれてる京都人の性格のどこが本当で、どこが嘘なのか教えてほしいです。
    ぜひ京都人にも性格の良さが沢山あると教えてください!!

コメントを残す