地ビール祭京都2017が開催!混雑状況と前売券の購入方法は?

地ビール祭京都とは、三条会商店街にて毎年開催されている、日本全国の地ビールが集まるイベントです。

全国から37もの醸造所が参加し、全国各地様々なビールを飲むことができます。

当日、三条会商店街はアーケード内全体が居酒屋のようになり、陽気な雰囲気に包まれます。

ここでは、地ビール祭京都2017について紹介します。

1:地ビール祭京都の概要

アサヒビール・キリンビール・サッポロビールといった大手メーカーとは異なり、小さい醸造所が作るビール、いわゆる地ビールは、その地域でしか飲まれない独特の味を楽しめます。

大手に比べると価格が高く、賞味期限も短いため、地ビールが市場に出ることは滅多にありません。

まして、遠方の地ビールはその地域に行かないと味わえないでしょう。

しかし、地ビール祭京都では、北は岩手県から南は福岡県まで、全国各地の醸造所が参加するので、独特の味わいを持つ地ビールをたくさんいただけるのです

また、当日は商店街のお店が露店を出し、ビールの肴になる品々が豊富に並びます。

商店街はアーケードがあり、雨天時でも雨が気になることはありません。

こんな機会はなかなかないので、ビール好きは必ず参加すべきイベントでしょう!

基本情報
開催日
2017年5月14日
開催時間
12時〜18時
ビールチケット
1枚:400円
6枚つづり:2,000円
会場
三条会商店街アーケード
千本三条〜堀川三条

アクセス
・JR嵯峨野線「二条駅」から徒歩10分
・地下鉄東西線「二条駅」から徒歩10分
・阪急電車「大宮駅」から徒歩10分

2:混雑は?

祭り当日には、商店街アーケードに万単位の人が集まり、非常に混み合います。

特に、ビール券の販売は長蛇の列となるので、前売り券を購入しておくべきでしょう。

各醸造所も、人気のところでは10分ほど並ぶこともあります。

混雑が苦手な方には辛いかもしれませんが、ビール好きの方は人が多く非常にエネルギッシュな方が楽しめるのではないでしょうか?

3:前売り券

先述のとおり、ビールチケットの当日券販売所は長蛇の列となりますので、前売り券を購入し、待ち時間を回避することをオススメします。

前売り券販売期間
2017年4月1日〜5月13日
前売り券販売所
〈販売店舗〉
・メガネのドルフィン
・京都三条会商店街事務所
・寿司処大野屋
・ケーキとあっくん
他、京都市全域の多数店舗で販売されます。
詳細は公式サイトをご覧ください。
〈プレイガイド〉
・チケットぴあ
公式サイト:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1713929
※注意事項
・チケットぴあでは、前売交換券が交付されます。この前売交換券を当日会場受付に持って行き、ビールチケットと交換する必要があります。
・チケットぴあでは、6枚つづり券のみ購入できます。1枚単位での購入はできません。

4:京都のブリュワリーを紹介

全国から醸造所が集まる地ビール祭京都ですが、もちろん、京都の醸造所も参加します。

京都で開催されるイベントですから、京都の醸造所はぜひとも味わっていただきたいところですね。

★京都町家麦酒醸造所

「キンシ政宗」の日本酒を生んできた酒蔵に誕生した地ビール醸造所。
仕込み水には日本酒醸造にも使われていた「桃の井」名水を汲み取り、また、大手ビールメーカーが下面発酵を採用する中、香り・コク・フルーティーな味にこだわり、研究を重ね、上面発酵にて醸造しています。
普段はなかなか味わえないビールをいただくことができます。

★京都醸造

アメリカ・ウェールズ・カナダと出身国の異なる3人が集まり、立ち上げた醸造所。
地ビール先進国・アメリカと地ビール大国・ベルギーの良いところだけを採用しています。
「これまでになかった味を生み出す」ことを信条としており、作られるビールはどれも個性的です。
醸造所に京都を選んだ理由も、”ええもん”をわかってくれる文化があると感じたからだそうで、まさにビールマニア向けの醸造所と言えるでしょう。

★京都麦酒

日本酒の老舗・黄桜が日本酒の材料で作る地ビールです。
モットーは「舌で味わうビール」で、のどごしよりも味にこだわり、うまみを残す濾過技術を採用しています。
ビール好きだけでなく、日本酒好きな方にも、ぜひ味わってほしいビールです。

★京都一乗寺ブリュワリー

日本国外のビールも参加し、20年以上の歴史をもつインターナショナルビアカップ2016にて銀賞・銅賞を受賞した、非常に質の高いビールを作る醸造所です。
それもそのはず、一回の仕込みで醸造する量は非常に少なく、非常に丁寧に作られているのです。
重い精神障害をもつ人の雇用の場となることを目標とする、素晴らしい志を持っています。

★丹後クラフトビール

京都府の北部・京丹後市に位置する丹後王国「食のみやこ」のビール工房で作られ、2013年にはインターナショナルビアコンペティションで金賞を受賞しています。
京丹後市のお米「丹後コシヒカリ」を使用したまろやかな味わいのビールや、フルーティーな味わいのビールなど、種類が豊富で女性にも飲みやすいのが特徴です。

あとがき

地ビール祭京都について紹介しました。

最近、地ビールの人気は急上昇しており、大手メーカーも醸造に乗り出しています。

大手の安定した味わいも良いかもしれませんが、小さな醸造所は個性的な味わいが魅力です。

くれぐれも、飲酒運転はしないでくださいね!

コメントを残す