2017京都で行われる七夕イベント・祭りを紹介!デートに最適です

京都では多くの七夕祭りが行われます。

七夕は彦星と織姫の伝説から、恋人同士のロマンチックな一日でもあります。

七夕には京都の七夕祭りへデートに出掛けてみてはいかがでしょうか?

ここでは、京都でデートにぴったりなお祭りを紹介します。

関連記事:2017京都夏のライトアップイベントを紹介!夜デートにオススメ!

1:貴船神社 七夕笹飾りライトアップ

普段、夜は真っ暗な貴船神社ですが、夏の間は鳥居・石段と灯籠・御神殿・七夕笹飾り・青もみじなどが幽玄にライトアップされます。

七夕イベントだけに、一番の見所は七夕笹飾りのライトアップです。

多くの人の願いが込められた短冊が風になびき、穏やかなオレンジ色で照らし出される様子は芸術そのものですよ。

また、青もみじのライトアップも見逃せません。

石段を覆うように、また、御神殿の背景に生い茂る青もみじの青々とした様子は、貴船神社の涼しげな夏を象徴する美しさです。

短冊は1枚100円にて購入できるので、願いを込めて笹にくくりつけてみてはいかがでしょうか?
貴船神社の七夕笹飾りライトアップの詳細を参照

基本情報
開催期間
7月1日〜8月15日
開催時間
夕暮れ〜20時まで(土日祝は21時まで)
拝観料
境内無料
所在地
京都市左京区鞍馬貴船町180

アクセス
・京都バス「貴船」下車すぐ

2:地主神社 七夕祭

日本建国以前から存在すると言われる歴史の古い神社で、京都随一の縁結びのパワースポットとして知られています。

過去には、嵯峨天皇・坂上田村麻呂・平清盛・豊臣秀吉など、多くの歴史上の人物が良縁を願って訪れたそうです。

地主神社では、7月7日に七夕祭りが行われ、織姫・彦星に見立てた一対の紙こけしに自分と相手の名前を書き、固く結びあわせて大笹にくくることで、恋愛成就するとされています

また、境内には「恋占いの石」という一対の石があります。

一方の石からもう一方の石へ、目を閉じたまま辿り着くことができれば恋が叶い、誰かの助けを借りるとアドバイスを受けて恋が成就すると言われています。

縁結びの神様なので、きっとご利益をもたらしてくれることでしょう。

基本情報
開催日
7月7日
開催時間
14時から
拝観料
無料ですが、清水寺の拝観料が必要。
所在地
京都市東山区清水一丁目317

アクセス
京都市バス「五条坂」から徒歩10分

3:松尾大社 七夕まつり

大山咋神と市杵島姫命と男女二柱の神を祀ることから、古来より良縁成就の神様として広く信仰を集めた神社です。

短冊に願い事を書き、初穂料を納めて笹竹にくくりつけましょう。

七夕当日の夜、笹竹がご神殿に掲げられると、祭りはいよいよ本番。

巫女による神楽・舞踏の奉納の後、クラーク記念国際高校の生徒による生演奏が行われ、日没後には、境内のライトアップ七夕ゆめ灯籠流しが行われます。

初穂料1,000円を納めると、ご自身の願い事を書いた灯籠を流してもらえますよ。

柔らかい光の灯籠が一之井川を優雅に流れる様子は、天の川を見ているかのようです。

七夕に願いを込めつつ、京都らしい風情を楽しめるお祭りですね。

基本情報
開催日
7月7日
※笹竹は7月1日から設置。
開催時間
18時半:祭典斎業
19時:生演奏
20時:七夕ゆめ灯籠
拝観料
大人:500円
学生:400円
子供:300円
所在地
京都市西京区嵐山宮町3

アクセス
・阪急電車「松尾大社駅」下車すぐ
・京都市バス「松尾大社前」下車すぐ

あとがき

京都の七夕の日に行われるお祭りを紹介しました。

伝統的な行事が行われるお祭りもありますが、デートにぴったりなお祭りだけを取り上げました。

ライトアップが行われたり、縁結びにご利益があったり、デートで行くと盛り上がること間違いなしです。

ぜひ、検討してみてください。

コメントを残す