京都で水無月を食べる由来は?なぜ6月30日に食べる?

京都人の初夏の定番・水無月

水無月は白の外郎生地に小豆を乗せ、三角形にカットされた和菓子です。

この水無月を、京都人は夏前の6月30日になると食べるのが伝統になっています。

では、なぜ水無月を、なぜ6月30日に食べるのでしょうか?

ここでは、水無月の由来について、また、水無月の名店をいくつか紹介します。

1:水無月を食べる由来は?

水無月の小豆は悪魔払いを、三角の形は氷を表していると言われており、水無月を食べることで夏の暑気を払い、無病息災を祈るという意味が込められています。

古来から小豆の赤色は魔除けの効果があると信じられており、邪気を払う食材として食べられてきました。

お彼岸にはおはぎをお供えしますが、これはご先祖様に邪気払いを祈願するためですね。

また、水無月の三角の形が氷を表すのは、かつて非常に貴重だった氷の破片を型どり、庶民も涼しさを感じるためだったと言われています。

京都の北山には、かつて「氷室」という冬の氷を夏まで保存しておく場所がありました。

当時は氷室の氷を食べると夏痩せしないと言われており、貴族を中心に振舞われていたそうですが、庶民には簡単に食べられるものではなかったので、氷を型どったお菓子が食べられるようになったのです。

2:なぜ6月30日に食べる?

6月30日は一年のちょうど折り返しの日にあたります。

古くから、6月30日には「夏越の祓(なごしのはらい)」と呼ばれる、半年間の穢れや罪を祓い、残りの半年間の無病息災を祈願する行事が行われてきました。

この夏越の祓の行事にあわせて、夏バテせず、残り半年を健康に過ごせるよう水無月が食べられるようになったのです。

水無月が一緒に食べられることから、「夏越の祓」は「水無月の祓」とも呼ばれるそうですよ。

3:水無月の語源は?

日本では、6月のことを水無月と呼びますが、梅雨なのに水が無いって違和感がありますよね?

実は、水無月は旧暦の6月のことで、現在の新暦に当てはめると6月下旬から8月上旬、つまり梅雨明けの夏の時期なのです。

では、なぜ梅雨明けの夏が水無月と呼ばれるのかというと、水無月の”無”はただの助詞にあたり、つまり“水の月”という意味であることが有力だそうです。

夏は田植えが終わって、田んぼに水を張る時期。

つまり、旧暦の6月は一年で最も水が重要な月なので、”水の月”と呼ばれ、”の”に”無”の漢字を当てはめて、水無月と呼ばれるようになったそうです。

その他にも、田植えという大仕事を終えた月、皆が仕事を尽くした月、”皆仕尽”が語源という説もあるそうです。

4:水無月の名店の数々

京都には水無月の名店、ひいては和菓子の名店が数多く存在します。

ここでは、数多くの名店のうち、特に個性的な水無月を作る名店を5店紹介します。

★若菜屋

昭和2年創業。
栗を使用した和菓子で知られ、水無月にも栗が乗っかっています。
選りすぐりの栗が使用された、風味溢れる水無月です。
公式サイト:http://www.wakanaya.co.jp/

★亀屋良長

京菓子の名門と謳われ、江戸にまで名が知られたという菓子司・亀屋良安により1803年に創業された老舗です。
現在は和菓子の新ブランドをプロデュースするなど、新たな和菓子作りに取り組んでいます。
一方、和菓子の名店が作る水無月はさすがの上品さがありますよ。
公式サイト:http://kameya-yoshinaga.com/

★仙太郎

美しさよりも美味しさを追求する和菓子の老舗です。
仙太郎の水無月は、ねっちょりとした小豆ともちもちした食感が特徴。
外郎の食感が苦手な方にオススメの水無月です。
公式サイト:http://www.sentaro.co.jp/

★出町ふたば

銘菓・豆餅を目当てに毎日大行列のできる、恐らく京都で一番有名な和菓子屋です。
水無月には、プレーン・黒糖・抹茶と3種類があり、いずれも口当たりの良い味わいが自慢。
豆餅と一緒に食べたいですね。

基本情報
所在地
京都市上京区出町通今出川上る青龍町236
営業時間
8時半~17時半
定休日
火曜日・第4水曜日
※公式サイトなし

★京阿月

江戸時代後期に小豆を扱う雑穀商から始まった老舗です。
京阿月独自のうぐいす豆を使用した水無月は異色の見た目ですが、豆の風味が広がる優しい味わい。
和菓子が苦手な方にもオススメの逸品です。
公式サイト:http://www.kyoazuki.jp/

あとがき

京都の水無月の由来について紹介しました。

小豆や三角の形に意味があるとは、何とも京都らしい由緒ある和菓子ですね。

ただし、当たり前に氷を食べられる現代では、甘い水無月をあえて食べる人も少なくなっているようですが・・・

とは言え、せっかく6月に京都を訪れたなら、ぜひとも和菓子屋に足を運んで、無病息災を祈りながら食してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す