京都で安産祈願!かわいい・個性的なお守りで有名な神社を紹介!

京都には様々なご利益を授かれる神社が多く存在します。

当ブログでも運気毎にご利益を授かれるスポットを紹介してきましたが、今回は安産祈願です。

以下に紹介する7箇所の神社は、安産祈願のご利益はもちろんのこと、個性的なお守りも購入することができます。

お守りを肌身離さず携帯してくと、母子ともに無事に元気な子供を出産できることでしょう。

ぜひ、お気に入りの神社を見つけてみてください。

1:敷地神社(わら天神)

足利義満により金閣寺の鎮守神として現位置に設置された神社です。

古くから安産の神として知られ、安産御守に藁か入っていることから「わら天神」と呼ばれるようになりました。

わら天神では、お守りを単体で購入することもできますが、御神札や御産衣などが入った安産祈祷セットも販売されています。

中身は御神札・御産衣・御守り・安産祈祷申込書・撤饌・御礼参り用の封筒・腹帯。

腹帯ありのセットが7,000円、なしのセットが4,000円となっていて、お守りだけが欲しいという方は1,000円で購入できます。

お守りには、安産護符と書かれたオブラートが入っており、産気づいたときに飲むとご利益を授かれると言われています。

もう一つ、藁も一緒に入っており、この藁に節がついていれば男の子、ついていなければ女の子が生まれると言われています。

一種の占いみたいなものですが、お楽しみ程度に取り出してみてください。

基本情報
参拝時間
8時半〜17時
参拝料
境内無料
所在地
京都市北区衣笠天神森町10
アクセス
京都市バス「わら天神」下車すぐ

2:梅宮大社

名前にも含まれるように、梅の名所として知られる梅宮大社ですが、安産・子宝祈願の神社としても有名です。

ご祭神の木花咲耶姫命は一夜にしてご懐妊されたと言われ、さらに燃えさかる産屋の中で無事に彦火々出見尊をご出産されたことから、子授の神として祀られています。

また、嵯峨天皇の皇后である檀林皇后は子宝に恵まれず、梅宮大社に祈願されたところ、ご懐妊されたことから、天皇家からも信仰を集めている神社です。

梅宮大社で販売される安産御守は、白地に金色の刺繍が施された、シンプルながら格調を感じるデザインです。

お守りの中には産砂という砂が入っており、妊婦さんが産気づいたときにこの砂を床に撒くとご利益があると言われています。

基本情報
参拝時間
9時〜17時
参拝料
大人:550円
小人:350円
所在地
京都市右京区梅津フケノ川町30
アクセス
京都市バス「梅宮大社前」から徒歩3分

3:岡崎神社

平安京の鎮護のため、桓武天皇が都の四方に建立した社の一つです。

ご祭神二柱が3女5男もの子宝に恵まれたことから、子授・安産の神様として祀られています。

また、境内付近一帯が野うさぎの生息地であったことから、岡崎神社では多産のうさぎは神の使者とされ、境内では狛犬ならぬ狛兎など、あちこちでうさぎの姿が見られます。

手水舎には黒御影石で作られたうさぎ像が設置され、この黒うさぎ像は月を仰ぎ体に力を満たしており、水をかけてお腹を撫り祈願すると、子授・安産のご利益を授かれるそうです。

頒布される安産お守りにもうさぎが施され、何とも可愛らしいデザインですよ。

一風異なる神社で安産祈願をしたい、可愛いお守りを持ちたいという方にオススメです。

基本情報
参拝時間
9時〜17時
参拝料
境内無料
所在地
京都市左京区岡崎東天王町51
アクセス
・京都市バス「岡崎神社前」から徒歩3分
・地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩15分

4:市比賣神社

795年、桓武天皇の命により市場の守り神として建立され、現在も京都中央市場の守護神として祀られています。

市比賣神社はご祭神がすべて女性の神様という全国でも珍しい神社で、安産祈願を始め、子授祈願・女性の厄除け・婦人病平癒など、女性のすべての願い事にご利益があるとされています。

女性から篤い信仰を集め、全国各地から女性の参拝者が後を絶たない神社です。

市比賣神社では、従来型の安産お守りの他、ハッピーカードというカード型のお守りも販売されています。

カード型なので財布などに入れることができ、持ち運びに便利なのが利点です。

女優の羽田美智子さんが、このハッピーカードを持ってから良いことが立て続けに起きたと紹介されてから大きな話題を呼んでいます。

カードは1枚800円ですが、願い事を一つ祈祷してもらう毎に1,000円がかかります。

安産を祈願して、自分だけのお守りを身につけてはいかがでしょうか?

基本情報
参拝時間
7時〜18時
参拝料
境内無料
所在地
京都市下京区河原町五条下る一筋目西入る
アクセス
・京阪電車「清水五条駅」から徒歩5分
・京都市バス「河原町正面」から徒歩2分

5:石清水八幡宮

全国でも屈指の厄除けパワースポットとして知られ、平安京の南西の鬼門を守護するため建立された神社です。

ご祭神の神功皇后に関して、「古事記」の中で、子供(応神天皇)を身ごもっていたにも関わらず戦に出征し、妊娠を悟られないように石を帯の中に巻きつけ、また、険しい表情をした男の兜を被ることで戦に勝利し、無事に出産したという故事が残されていることから、石清水八幡宮は安産祈願にもご利益があるとされています。

もちろん、境内では安産御守りを購入することも可能。

全国屈指の厄除けスポットで、安産にもご利益があるのなれば、そのご利益は最強と言っても良いのではないでしょうか?

基本情報
参拝時間
4月〜9月:5時半〜18時半
10月:6時〜18時
11月〜12月:6時半〜18時
※12月31日〜1月19日は不定期です。
参拝料
境内無料
所在地
京都府八幡市八幡高坊30
アクセス
京阪電車「八幡市駅」下車
⇒男山ケーブルに乗換
⇒「男山山上駅」下車
⇒徒歩5分

6:晴明神社

安倍晴明の功績をしのんだ一条天皇により創建された神社です。

安倍晴明は陰陽師としての地位を確立し、宮殿の異変や遠方での吉兆を言い当てたことから、朝廷の絶大な信頼を得たと伝えられています。

晴明が亡くなった後も、晴明にお祈りをすれば、不思議な霊の力により様々な災いから身を守り、病気や怪我が治るとの評判が広がり、現在では、魔除け・厄除けの神様と信仰されています。

フィギュアスケートの羽生結弦選手も参拝に訪れ、ケガなく自分らしい演技ができるようにと祈願したところ、2015年に300点越えの高得点を叩き出したことから注目を集めました。

晴明神社では、陰陽道で用いられる五芒星が施された安産御守りを購入することができます。

陰陽道の五芒星の力により、必ずや安産に導いてくれることでしょう。

基本情報
参拝時間
9時〜18時
参拝料
境内無料
所在地
京都市上京区晴明町806
アクセス
・京都市バス「一条戻り橋・晴明神社前」から徒歩2分
・地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩15分

7:城南宮

ご祭神の神功皇后による三韓征伐の際、船上に立てた旗に神功皇后・八千戈神の神霊を添えて奉斎したことが起源とされ、その後、平安京の裏鬼門の守護神となった神社です。

石清水八幡宮でも登場しましたが、神功皇后はお腹に子供を妊娠していたにも関わらず、戦に勝利し、無事に出産したという逸話から、安産の神として全国各地で信仰を集めています。

ここ城南宮でも神功皇后をお祀りしており、安産のご利益を授かれるとされています。

頒布される安産御守りには、一度にたくさんの子供を産み安産で知られる犬の絵が施され、元気な赤ちゃんがお産が軽くすむよう祈願されています。

何とも可愛らしい犬が印象的なお守りですよ。

基本情報
参拝時間
9時〜16時半
参拝料
境内無料
所在地
京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
アクセス
・京都市バス「城南宮前」すぐ
・R’EXバス、平日は「油小路城南宮」、休日は「城南宮前」下車すぐ

あとがき

京都の安産祈願の個性的なお守りが購入できる神社を7箇所紹介しました。

可愛らしいお守りから格調高いお守りまで、神社によって全く異なり、おもしろいですね。

由緒も神社によって様々ですが、どこにお参りしても、ご利益をいただけることは間違いありません。

ご自身がぐっときた神社でお守り手に入れてみてくださいね!

コメントを残す