京都・白龍園の桜は必見!2017年の特別公開とチケット情報を紹介

白龍園は京都に拠点を置く子供服の老舗・青野株式会社が自社の社員や家族の手で、コツコツと造り上げられた庭園です。

1963年に開山されて以降、一般には公開されていませんでしたが、2012年に初めて公開され、その美しさから一気に評判が広まりました。

しかしながら、一般公開は期間限定で春と秋のみ、さらに一日100人までという上限付きです。

チケットは争いになりますが、それだけ価値は十分にあります。

ここでは、白龍園の桜、チケットの購入方法、アクセスなどについて紹介します。

1:白龍園の桜

四季折々の美しさを誇る白龍園ですが、春にはシダレザクラ・ソメイヨシノ、さらにはヤマツツジも咲き誇ります。

白龍園の桜の魅力は、苔とのコントラスト

西芳寺の苔の美しさも有名ですが、白龍園の苔も負けていません。
※西芳寺(苔寺)の予約方法はこちらをご参照ください。

一日の拝観人数が限られているからこそ、苔と桜の美しい庭園をのんびりと楽しむことができます。

苔を傷つけないため、ヒールなど尖った靴での拝観はご遠慮いただいているようなので、ご注意ください。

2:チケットの購入方法

白龍園のチケットを購入するにあたり、以下の3点に注目が必要です。

チケットの販売窓口は白龍園現地ではなく、叡山電車出町柳駅インフォメーションになります。

チケットの販売9時〜12時半まで。前売り券はなく当日券のみの販売で、100枚完売次第終了となります。

購入は一人1枚までとなっていますので、一緒に拝観される方は全員で出町柳駅まで向かう必要があります。

土日は特に争いが激しくなりますので、確実にチケットを入手したい方は、9時前に出町柳駅に到着し、販売開始前から並んでおくことをオススメします。

また、荒天の場合、休園となりますので、事前に天気予報を見ておきましょう。

他の寺社仏閣とは色々と異なるので、注意が必要ですね。

チケット販売期間
2017年3月29日〜5月31日
9時〜12時半
料金
白龍円観覧券:1,300円
叡山電車1日フリー乗車券+白龍園観覧券:2,000円
※当日券100枚完売次第終了となります。
販売窓口
叡山電車出町柳駅インフォメーション

3:2017年の開花状況

白龍園の桜の開花は例年4月上旬〜4月中旬です。

京都市内でも北部に位置するため、市街の名所よりやや遅めになります。

桜の開花は、その年の気温によって大きく左右されますが、気象庁によると、2017年は冬から春にかけて平年並みの気温に戻ると予想されており、桜の開花も例年どおりになると思われます。

よって、2017年の白龍園の桜の開花時期は、例年どおり、4月上旬〜4月中旬になると予想します。

4:基本情報

では、最後に春の特別公開の基本情報をまとめて記載します。

基本情報
開催期間
2017年3月29日〜5月31日
拝観時間
10時〜13時半
休園日
4月9日、19日、27日
5月9日、10日、18日、24日
※荒天の場合も休園となります。
所在地
京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106

アクセス
叡山電車「二ノ瀬駅」から徒歩7分
駐車場
なし

あとがき

白龍園の桜・春の特別公開について紹介しました。

他の名所とは異なり、白龍園は青野株式会社がこだわりにこだわって造り上げた庭園です。

春・秋のみの特別公開、一日100人限定なのも、こだわり抜いて造り上げた庭園の景観を守るためではないでしょうか。

ぜひ、チケットを入手して訪れたい名所と言えますね。

京都市北部では、三千院、京北地域の桜も参考にしてみてください。
※三千院の桜については、こちら
※京北地域の桜については、こちら

2件のコメント

  • 野村秀子

    秋のチケットはもう発売されたのでしょうか

    • kyoto_kanko

      こんにちは。コメントありがとうございます!
      調べてみたところ、白龍園の秋のチケットはまだ販売されていないようです。
      昨年は10月29日からの販売でしたので、今年も10月末からになるのではないでしょうか?

コメントを残す