2017京都・大原三千院の桜の開花状況!近隣の寂光院・宝泉院も!

三千院は京都市北部の大原に位置するお寺です。

市街地から離れるので、アクセスはやや不便ですが、桜だけではなく、緑も大変美しいことで知られます。

ここでは、三千院の桜について、開花状況・近隣の観光地・アクセス方法など、紹介します。

1:三千院の桜

三千院は青蓮院・妙法院と並ぶ天台宗の三門跡寺院の一つで、8世紀に最澄によって創建されました。

三千院のある大原の地はパワースポットとして知られ、かつて貴人や修験者が隠遁生活を送ったとも言われています。

三千院には、シダレザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラなど約100本の桜が植えられていますが、中でも、御殿門・金色不動堂のシダレザクラと住生極楽院のヤマザクラは非常に見応えがあり、必見の桜です。

また、三千院では桜と同時期に石楠花(しゃくなげ)も見頃を迎え、特に聚碧園と有清園では、一面に広がる苔にピンク色の石楠花が映え、神秘的な雰囲気を演出します。

三千院は桜だけではなく、自然豊かな庭園も楽しめるのが最大の魅力と言えますね。

1.1:不動大祭 さくら・しゃくなげ祭

お不動様の縁日にあたる4月28日を中心に、花の見頃時期にあたる4月中旬~5月中旬まで法要が行われ、日頃の感謝をお不動様に捧げる祭りです。

祭りでは、平安期の秘仏・金色不動明王立像を拝観することもできます。

基本情報
開催期間
4月16日~5月14日
開催時間
9時~17時
場所
金色不動堂
行事
4月28日:不動大祭中日・百味供養護摩供
5月3日~5月5日:こども福引

2:2017年の開花状況

桜は冬に一定期間、低温にさらされることで開花の準備に入り、春の気温上昇によって花芽が生成し、一気に開花を迎えます。

三千院は京都の北部に位置し、京都市街よりも気温が低く、春の気温上昇も遅れる傾向にあるため、桜の開花時期は京都市街より一週間ほど遅く、例年4月10日前後となります。

2017年は、気象庁によると、現在もラニーニャ現象は続いているものの、冬から春にかけて平年並みの気候に戻ると予測されています。

よって、2017年の桜の開花時期も平年どおり、4月10日前後になると予想します。

京都市街の桜を見た後、もう一回桜を楽し見たい方は大原を訪れてみてはいかがでしょうか?

3:一緒に行きたい大原の観光地

★寂光院

平清盛の娘・建礼門院が晩年を過ごしたことで知られる寺院です。

有名な汀の桜は、平家物語に中で、建礼門院に会いに来た後白河法皇が
池水に 汀の桜 散りしきて 波の花こそ 盛りなりけれ
と詠んだ和歌に由来して名付けられたと言われている、由緒ある桜です。

その他、門前に咲く大きなシダレザクラの他、ヤエザクラ・ヤマザクラなどが咲き誇ります。

基本情報
拝観時間
9時〜17時
拝観料
大人:600円
高校生:600円
中学生:350円
小学生:100円
所在地
京都市左京区大原草生町676

★実光院

寂源が天台声明を伝承するために建立した勝林院の子院です。

秋から春にかけて咲く、薄いピンク色の不断桜で有名ですが、他にも、ヤエザクラ・ヒガンザクラ、ツツジや石楠花など、華やかな庭園をみることができます。

拝観料には、抹茶と和菓子も含まれていますので、お茶をいただきながら、のんびりと庭園を鑑賞し、贅沢なひと時を過ごせますよ。

基本情報
拝観時間
9時〜16時半
拝観料
大人:700円(抹茶・和菓子付き)
大学生:700円
中高生:700円
小人:300円
所在地
京都市左京区大原勝林院町187

★大原女まつり

昔の大原の女性たちは、紺の着物、草履、頭には手拭いを垂らして都に薪を売りに行っていました。

大原女まつりでは、通常より安く大原女の着付けを体験でき、4月29日には寂光院〜勝林院の間を大原女時代行列が大原の里を練り歩きます。

事前に予約は必要ですが、一般の方も行列に参加できるので、ぜひ、大原女の一員となってみてはいかがでしょうか?

基本情報
日程
2017年4月29日〜5月14日
行列開催日
4月29日 13時〜15時
料金
1,000円
場所
寂光院〜勝林院

★宝泉院

天台声明の伝承の地・勝林院の塔頭です。

ヤエザクラ・ヤマザクラが美しく咲き誇りますが、宝泉院の桜はあくまで引き立て役で、宝泉院の主役は柱と柱の空間を額縁に見立てた額縁庭園と樹齢700年の五葉松です。

緑の美しい庭園に桜と石楠花のピンク色がアクセントとして加わり、自然のエネルギーに満ち溢れた美しい庭園を見ることができますよ。

4月下旬からは春の夜灯りと呼ばれるライトアップが行われ、額縁庭園・五葉松が光に照らし出されて幻想的な世界を演出します。

日本の音楽の始まりとも言われる声明も聞くことができ、非日常の世界に浸ることができますよ。

基本情報

拝観時間
9時~17時
拝観料(茶菓付き)
大人:800円
中高生:700円
小学生:600円
所在地
京都市左京区大原勝林院町187

<春の夜灯り>
開催期間
4月下旬~5月上旬
開催時間
18時~20時半
拝観料
一般:1,000円
中高校生:900円

★大原ふれあい朝市

里の駅大原で毎週日曜早朝に行われる朝市です。

有機栽培・無農薬で採れたての旬野菜が人気で、定番の野菜の他、黒大根など、珍しい野菜も入手できます。

花・うどん・パン・惣菜の販売も行われるので、早朝の大原のキレイな空気を満喫しながら、食してみてはいかがでしょうか?

基本情報
開催日
毎週日曜日
開催時間
6時〜9時
所在地
京都市左京区大原野村町1012

4:アクセス

★車の場合

車で行かれる場合、
・京都・大阪からは、国道367号を北方面へ
・滋賀方面からは、湖西道路・国道477号を経由して国道367号を南方面へ
というルートで向かうことになります。

三千院には駐車場はありませんので、近隣の民営駐車場を利用することになりますので、以下に2か所の駐車場を紹介します。

<三千院道駐車場>
料金
一日500円
営業時間
9時~17時
駐車台数
70台
所在地
京都市左京区大原来迎院町218
三千院へ徒歩10分

<大原女駐車場>
料金
一日500円
営業時間
9時~17時
駐車台数
30台
所在地
京都市左京区大原来迎院町64-1
三千院へ徒歩12分

★バスの場合

バスで向かう場合、以下のルートとなります。
京阪電車「出町柳駅」から京都バス16、17系系統乗車
⇒「大原」下車
⇒徒歩10分

京阪電車~京都バスを利用して三千院に向かうなら、大原・八瀬1dayチケットを購入すると、京阪電車・京都バスの出町柳~大原区間が乗り降り自由となります。

また、三千院・実光院・宝泉院・寂光院などの名所を優待拝観料で参拝することができるので、とてもお得ですよ。

<大原・八瀬1dayチケット>
発売期間
2016年4月1日~2017年3月31日
料金
大人:1,500円
小児:750円
有効期間
京阪電車:全線(大津線・男山ケーブル除く)
叡山電車:出町柳駅~八瀬比叡山口駅
京都バス:出町柳~大原

あとがき

大原三千院の桜について紹介しました。

大原は自然に囲まれた、パワーに溢れる地です。

せっかく訪れるなら、早朝の朝市から三千院、寂光院、宝泉院など、すべての観光地を回りエネルギーを蓄えてはいかがでしょうか?

コメントを残す