2017宇治橋上流で桜祭りを開催!植物園・平等院・宇治上神社も近い!

京都府南部に位置する宇治市は古今和歌集や源氏物語にも登場する非常に歴史ある都市です。

平等院・宇治上神社と2つの世界遺産があり、宇治茶などの名産品でも知られ、抹茶の有名店が立ち並びます。

宇治市で見られる桜の名所と言えば、宇治川沿いの宇治橋上流の桜です。

ここでは、宇治橋上流の桜について、開花状況やお得なチケット情報等について、紹介します。

1:宇治橋上流の桜

宇治川沿いの宇治橋上流には、春になると2,000本を超えるソメイヨシノ・ボタンザクラ・シダレザクラといった桜が咲き誇ります

昭和50年代の河川改修工事の影響で宇治橋上流の景観が一変し、源氏物語にも描かれたイメージは失われてしまいましたが、その後、地元を中心に桜の植樹活動が定期的に行われ、景観を保つ努力がなされてきました。

宇治橋上流の桜は、古くから地元に愛された、素晴らしい景色を見せてくれますよ。

また、宇治橋は646年に架けられた日本最古の橋で、古今和歌集・源氏物語に登場し、豊臣秀吉が茶の湯を汲ませたという逸話も残っており、当時の歴史を感じながら、上流の桜を眺めてみてはいかがでしょうか?

1.1:宇治川さくらまつり

毎年4月の第1週の土日、2017年は4月1日~2日宇治川さくらまつりが開催されます。
※桜の開花状況によっては、一週間開催を遅らせる可能性あり。

宇治川公園には、中の島と塔の島の2つの島があり、このうち中の島で祭りが開催され、お茶席、宇治の名産品の販売、伏見の銘酒試飲、ご当地グルメ「宇治茶漬け」のブース出店、ゆるキャラの登場、炭山陶器まつりなど、魅力的なイベントが多数開催されます。

基本情報
開催日
2017年4月1日~2日
※桜の開花状況により、1週間ずらす可能性あり。
開催時間
10時~16時
所在地
京都府宇治市宇治塔川

アクセス
京阪電車「宇治駅」から徒歩10分
JR奈良線「宇治駅」から徒歩15分
駐車場
なし(近隣に民営駐車場あり)

1.2:遊覧船で優雅にお花見

宇治川をゆっくりとクルージングする宇治川観光遊覧船が春も航行しています。

宇治川両岸に溢れんばかりに咲き誇る桜を水上から贅沢に眺めることができますよ。

乗船料はわずか500円とお手頃なので、せっかく宇治までお越しになるなら、ぜひとも乗っておきたいですね。

昼は団体客で混み合うため、個人でのご利用の場合、14時以降の乗船をオススメします。

基本情報

出船期間
3月中旬〜6月下旬
出船時間
10時〜15時
所要時間
約20分
乗船料
500円
乗船地
京都府宇治市宇治塔川塔の島
アクセス
京阪電車宇治線「宇治駅」下車 徒歩5分

2:2017年の開花状況

宇治橋上流の桜は例年、宇治さくらまつりの開催時期と同じ4月上旬が見頃す。

桜は冬に一定期間の低温にさらされることで開花の準備に入り、春の気温上昇によって花芽が生成し、一気に開花を迎えます。

一見、暖冬だと開花が早まりそうですが、実は逆で、低温にさらされる期間が長い程、開花は早まるのです。

気象庁によると、2017年は現在もラニーニャ現象は続いているものの、冬から春にかけて平年並みに戻ると予測されています。

よって、2017年の桜も例年どおり、4月上旬に満開を迎えると予想します。

3:お得なチケット

京阪電車では、宇治市・八幡市・京都市伏見区をお得に旅行できる宇治伏見1dayチケットが販売されています。

このチケットでは、京阪本線「八幡市駅」から「伏見稲荷駅」、宇治線「中書島駅」から「宇治駅」及び男山ケーブルが1日乗り降り自由となります。

また、宇治市源氏物語ミュージアムの観覧料が割引が受けられる他、福寿園など多数の飲食店でプレゼントがもらえますよ。

宇治川の桜だけでなく、八幡市の淀川背割堤や石清水八幡宮の桜も一緒に訪れるなら、非常にお得なチケットです。

※八幡市の桜についてはこちらを参照してください。

基本情報

販売期間
2016年4月1日〜2017年3月31日
料金
<フリー区間内>
大人:600円
小児:300円
<フリー区間外>
土居〜橋本、鳥羽街道〜三条、宮之阪〜村野の駅から乗車の場合
大人:800円
小児:400円
淀屋橋〜滝井、中之島〜なにわ橋、神宮丸太町〜出町柳、郡津〜私市の駅から乗車の場合
大人:900円
小児:450円
販売所
京阪線各駅(男山ケーブル、大津線を除く)

4:近隣の名所

★宇治市植物公園

京都の桜の名木・円山公園の祇園枝垂と血縁関係にあるとされる、樹齢70年のシダレザクラが一番の見所です。

桜の開花時期にはライトアップが行われ、昼間は入園料が必要ですが、夜間は無料にて鑑賞可能

段々畑をイメージして造られた春のゾーンでは、ソメイヨシノ、ヤエザクラなど130本の桜が咲き誇り、長期間にわたり綺麗なピンク色を眺めることができます。

お昼から夕方まで宇治川の桜を眺めた後は、宇治市植物公園に移動し、ライトアップを満喫するというコースが一番良いですね。

基本情報

開園時間
9時〜17時
ライトアップ時間
月〜木:17時半〜20時
金〜日:17時半〜21時
休園日
月曜日
※ただし、ライトアップのみ休園日も行われます。
入園料
大人:500円
子供:250円
所在地
京都府宇治市広野町八軒屋谷

アクセス
〈電車の場合〉
・JR奈良線「宇治駅」から京阪バス240,240A,250A系統乗車
⇒「植物公園」下車すぐ
・京阪電車「宇治駅」から京阪バス240,240A,250A系統乗車
⇒「植物公園」下車すぐ
・近鉄電車「大久保駅」から京阪バス240,240A,250,250A系統乗車
⇒「植物公園」下車すぐ
駐車場
有り
料金:普通車400円

★平等院

10円玉表面の平等院鳳凰堂、一万円札裏面の鳳凰像で知られる、平安時代の藤原氏ゆかりのお寺です。

1994年に「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産に登録されました。

鳳凰堂の周囲に広がる阿宇池の外周にはシダレザクラが並び、水面に映る桜と鳳凰堂とのコントラストは芸術そのものですよ。

基本情報

拝観時間
8時半〜17時半
拝観料
一般:600円
中高生:400円
小学生:300円
※鳳凰堂内部拝観には、別途300円必要です。
所在地
京都府宇治市宇治蓮華116

アクセス
・JR奈良線「宇治駅」下車 徒歩10分
・京阪電車宇治線「宇治駅」下車 徒歩10分
駐車場
なし(近隣に民営駐車場あり)

★宇治上神社

最古の神社建築の社と平安時代の住宅様式が取り入れられた拝殿が残る貴重な神社です。

1994年に「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産に登録されました。

狭い境内ながら、参道はピンク色に彩られた桜、境内は緑の木々と自然が非常に豊かで、訪れるだけでパワーを授かることができますよ。

基本情報

拝観時間
9時〜16時半
拝観料
境内無料
所在地
京都府宇治市宇治山田59

アクセス
・JR奈良線「宇治駅」下車 徒歩20分
・京阪電車宇治線「宇治駅」下車 徒歩10分
駐車場
なし(近隣に民営駐車場あり)

あとがき

宇治橋上流の桜について、紹介しました。

宇治川の桜は非常に美しく、平等院・宇治上神社と世界遺産も近くにあり、さらに、宇治茶の名店も立ち並ぶ贅沢なスポットです。

すべての名所を周り、宇治茶も堪能すると、一日があっという間に過ぎてしまいます。

京都市街の人混みを嫌うなら、ぜひともオススメしたい桜名所ですね。

コメントを残す