2017京都・春に特別公開される寺院一覧!観光にオススメです!

春の京都と言えば、桜が思い浮かぶかもしれませんが、通常は非公開とされているお寺の特別公開も行われます。

ここでは、京都のお寺のうち、春に特別公開されるところをすべて、区毎に分けて紹介します。

普段は見られない文化財を拝観できる貴重な期間なので、興味を持たれたお寺にはぜひ、行ってみてください。

東山区・左京区エリア

1:高台寺

豊臣秀吉の正室・ねねが秀吉の菩提を弔うために創建したお寺で、通称「ねねの寺」と呼ばれています。

毎年桜の見頃時期に開催される春の特別展では、境内で保管される逸品が公開。

同期間中は夜間特別拝観も実施され、桜のライトアップの他、プロジェクションマッピングも行われます。

幽幻に照らし出されるしだれ桜は一見の価値ありですよ。

基本情報

開催期間
2017年3月3日〜5月7日
開催時間
9時〜22時
料金
大人:600円
中高生:250円
所在地
京都市東山区高台寺下河原町526
アクセス
・京都駅から京都市バス206系統「祇園・北大路バスターミナル行き」乗車
⇒「東山安井」から徒歩約5分

2:青蓮院門跡

平安時代に鳥羽上皇が現在の位置に殿舎を造営して以降、明治時代に至るまで皇族が門主を代々務めてきた格式の高い寺院です。

春の特別拝観では、後桜町上皇が御学問所としても使用された由緒正しい茶室・好文亭が公開されます。

期間中は、お茶の先生をお招きしてお茶のお点前を楽しむこともできますよ。

基本情報

開催期間
2017年3月20日〜5月5日の間の土日祝日
開催時間
10時〜15時
料金
<拝観料>
大人:500円
中高生:400円
小学生:200円
<特別拝観料>
1,000円(抹茶または煎茶、菓子付き)
所在地
京都市東山区粟田口三条坊町69-1
アクセス
・京都駅から京都市バス5系統乗車
⇒「神宮道」から徒歩3分
・地下鉄「東山駅」から徒歩10分

3:得浄明院

信州善光寺大本願の京都別院の尼寺として、関西や西日本の人が信州まで行かずとも善光寺如来様にお参りできるようにと、明治初期に建立されたお寺です。

毎年、一初の咲く頃に特別公開され、境内に咲く約200本の一初と約1,000本のアヤメを鑑賞できます。

また、ご本尊の地下の真っ暗な回路を巡る戒壇めぐりも体験できることでも有名です。

何も見えない回路を巡るのは、そこらのアトラクションよりよっぽど怖いです。

基本情報
開催期間
2017年4月29日〜5月13日
開催時間
9時〜17時
料金
一般:500円
所在地
京都市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町
アクセス
・京都駅から京都市バス206系統乗車
⇒「知恩院前」から徒歩5分
・四条河原町から京都市バス12、46、201、203系統乗車
⇒「知恩院前」から徒歩5分

4:長楽寺

桓武天皇の勅命により最澄が延暦寺の別院として創建したお寺で、かつては円山公園の大部分を含む広大な境内を有していたと伝えられます。

「平家物語」ゆかりの寺としても知られ、春の特別拝観では、平家物語のヒロイン・建礼門院の寺宝が公開されます。

基本情報
開催期間
2017年4月1日〜5月10日
開催時間
9時〜17時
料金
大人:650円
小中学生:300円
所在地
京都市東山区円山町626
アクセス
・京都駅から京都市バス206系統乗車
⇒「祇園」から徒歩10分

5:霊鑑寺

1654年に後水尾天皇の皇女・浄法身院宮宗澄尼を開基に創建されたお寺で、明治時代まで代々皇族の女性が住持された、格式の高いお寺です。

普段は非公開ですが、秋と春に特別公開が行われます。

とりわけ、春は椿が大変美しく、京都市指定の天然記念物・日光椿、散る花びらが絨毯のように広がる散椿がなど、約50種類もの椿が咲き誇ります。

基本情報

開催期間
2017年3月25日〜4月9日
開催時間
10時〜16時
料金
大人:600円
小学生:300円
所在地
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12
アクセス
・京都駅から京都市バス5、17、100系統乗車
⇒「錦林車庫前」から徒歩5分
・四条河原町から京都市バス5、17、203系統乗車
⇒「錦林車庫前」から徒歩5分
・四条河原町から京都市バス32系統乗車
⇒「上宮ノ前町」から徒歩3分

6:安楽寺

後鳥羽上皇の女官・松虫姫と鈴虫姫の出家を促したとして上皇の怒りを買い、処刑された住蓮上人と安楽上人の菩提を弔うため、荒廃した草庵を復興する形で建てられたお寺です。

通常は非公開ですが、桜・つつじ・さつき・紅葉の時期には一般公開が行われます。

公開期間中は住職からお寺の由来などのお話を聴くことができ、庭園も綺麗に手入れされているうえ、訪問者も少ないので、のんびりと贅沢な時間を過ごすことができます。

基本情報
開催期間
2017年4月上旬〜6月下旬の土日祝日
開催時間
9時半〜16時半
料金
一般:500円
中高生以下:無料
所在地
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21
アクセス
・京都駅から京都市バス5系統乗車
⇒「真如堂前」から徒歩15分
・四条河原町から京都市バス203系統「祇園・錦林車庫前行き」乗車
⇒「真如堂前」から徒歩15分

右京区エリア

1:弘源寺

1429年に室町幕府の管領・細川持之が夢窓国師の孫弟子・玉岫禅師を開山に迎え、創建された天龍寺の塔頭寺院です。

蛤御門の変の際、長州藩の藩士の試し切りによる刀傷が、あちこちの柱に残されています。

普段は非公開ですが、春と秋の特別公開でのみ、拝観可能です。

枯山水庭園「虎嘯の庭」、竹内栖鳳の日本画・毘沙門天立像などが公開されます。

基本情報

開催期間
2017年3月18日〜5月16日
開催時間
9時〜17時
料金
大人:500円
小人:300円
※宝厳院割引共通券900円
所在地
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町65
アクセス
・京都駅から京都市バス28系統乗車
⇒「嵐山天龍寺前」から徒歩5分
・京都駅から京都バス72、73系統乗車
⇒「京福嵐山駅前」から徒歩5分
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩10分
・阪急電車「嵐山駅」から徒歩10分

2:宝厳院

弘源寺と同じく、天龍寺の塔頭として創建された寺院です。

夢窓国師の法孫・策彦禅師の作と言われる「獅子吼の庭」は嵐山を借景する回遊式庭園で、江戸時代の名所名園案内記「都林泉名勝図会」でも紹介されたほどの美しさを誇ります。

普段は非公開ですが、春と秋の特別公開でのみ、拝観可能です。

春の見事な新緑と苔の美しい庭園をご覧になってはいかがでしょうか?

基本情報

開催期間
2017年3月18日〜6月30日
開催時間
9時〜17時
料金
大人:500円
小中高生:300円
※弘源寺割引共通券900円
所在地
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
アクセス
・京都市バス「嵯峨天龍寺」から徒歩5分
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分

3:平岡八幡宮

弘法大師が神護寺の守護神として創建した山城国最古の八幡宮です。

春の特別拝観では、足利義満が暮らした花の御所にちなみ44面の天井に44種類の四季折々の花木が描かれた「花の天井」が公開されます。

また、境内には樹齢300年を超える紅椿他、約200種類もの椿が咲き誇り、見応え十分です。

基本情報
開催期間
2017年3月4日〜5月15日
開催時間
10時〜15時半
料金
中学生以上:800円(縁起書授与、大福茶付き)
所在地
京都市右京区梅ケ畑宮の口町23
アクセス
・四条烏丸から京都市バス8系統乗車
⇒「平岡八幡前」から徒歩5分
・京都駅からJRバス乗車
⇒「平岡八幡前」から徒歩5分

4:大覚寺

大覚寺は嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院です。

春の期間限定で開催される特別名宝展では、重要文化財の障壁画・狩野山楽作の「牡丹図」・五大明王像を始めとする密教彫刻の数々を見ることができます。

また、大覚寺は桜の名所としても知られ、隣接する大沢池の周囲約1kmに渡って、ソメイヨシノ・ヤエザクラが咲き誇ります。

基本情報
開催期間
2017年3月18日〜5月16日
開催時間
9時〜16時半
料金
大人:800円
小中高校生:600円
所在地
京都市右京区嵯峨大沢町4
アクセス
・京都駅から京都市バス28系統乗車
⇒「大覚寺」からすぐ

5:清涼寺

嵯峨釈迦堂とも呼ばれ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られています。

春に行われる霊宝館の特別公開では、光源氏のモデル・源融の供養のために作られた旧棲霞寺本尊阿弥陀三尊像、国宝の阿弥陀三尊像、重要文化財の釈迦十六弟子像などの寺宝を拝観できます。

基本情報
開催期間
2017年4月1日〜5月31日
開催時間
9時〜17時
料金
<拝観料>
一般:400円
中高校生:300円
小学生:200円
<霊宝館特別公開>
一般:700円
中高校生:500円
小学生:300円
所在地
京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
アクセス
・京都駅から京都市バス28系統乗車
⇒「嵯峨釈迦堂前」からすぐ
・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分

南区・伏見区エリア

1:東寺

世界遺産にも登録された、京都のシンボルとも言える五重塔のあるお寺です。

東寺の宝物館には、1万5千点もの密教関連の寺宝があり、毎年春と秋に折々のテーマに沿った展示会が開催されます。

また、五重塔の初層の特別拝観の他、3月から4月の間は夜間特別が行われます。

五重塔をバックに照らし出されるヤエベニシダレザクラは必見です。

基本情報

開催期間
<宝物館>
2017年3月20日〜5月25日
<五重塔初層の特別拝観>
2017年4月29日〜5月25日
<夜間特別拝観>
2017年3月18日〜4月17日
開催時間
<宝物館>
9時〜17時
<五重塔初層の特別拝観>
8時半〜18時
<夜間特別拝観>
18時半〜22時
料金
<金堂・講堂>
大人:500円
高校生:400円
中学生以下:300円
<金堂・講堂・五重塔初層>
大人:800円
高校生:700円
中学生以下:500円
<宝物館>
大人・高校生:500円
中学生以下:300円
所在地
京都市南区九条町1
アクセス
・近鉄京都線「東寺駅」から徒歩10分

2:醍醐寺

874年に空海の孫弟子・理源大師聖宝が開山、国宝約7万点、重要文化財約6,500点もの文化財を保有する世界遺産です。

春と秋には、これら文化財の一部が特別に公開されます。

また、3月下旬〜4月中旬には、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に訪れたことでも有名な1,000本もの桜が見頃を迎えます。

特別拝観、桜の鑑賞にぜひ訪れたい寺院です。

基本情報

開催期間
2017年3月20日〜5月15日
開催時間
9時〜17時
料金
<3箇所共通券(三宝院・霊宝館・伽藍)>
大人:1,500円
中高生:1,000円
所在地
京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス
地下鉄「醍醐駅」から徒歩13分

上京区・北区エリア

1:相国寺

室町幕府の3代将軍・足利義満により創建され、金閣寺・銀閣寺は相国寺の塔頭にあたります。

春の特別拝観では、運慶作と言われる重要文化財の本尊釈迦如来像、法堂の天井に描かれた「鳴き龍」が最大の見所。

特に「鳴き龍」は、どこから見上げても睨まらているようで、さらに、手を叩くと反響して返ってくる音は迫力満天です。

基本情報

開催期間
2017年3月24日〜6月4日
開催時間
10時〜16時半
料金
大人:800円
中高生:700円
小学生:400円
所在地
京都市上京区今出川通烏丸東入る相国寺門前町701
アクセス
・京都駅から京都市バス45系統乗車
⇒「烏丸今出川」から徒歩5分
・四条河原町から京都市バス51系統乗車
⇒「烏丸今出川」から徒歩5分
・地下鉄「今出川駅」から徒歩5分

2:宝鏡寺

室町時代に創建以来、歴代皇女が住持となったお寺で、孝明天皇遺愛の人形を始め、多くの人形を保有し、「人形の寺」とも呼ばれています。

普段は非公開ですが、秋と春には「人形展」が開催され、京人形を中心に各地で作られた名品、御所人形、内裏雛などが展示されます。

3月1日にはひな祭りも行われますので、他のお寺・神社とは一風違う雰囲気を味わいたい方にオススメです。

基本情報
開催期間
2017年3月1日〜4月3日
開催時間
10時〜16時
料金
大人:600円
小人:300円
所在地
京都市上京区寺之内通堀川東入る
アクセス
・京都駅から京都市バス9系統乗車
⇒「堀川寺之内」から徒歩1分

3:本法寺

1436年に日親が創建した日蓮宗の本山にあたる寺で、豊臣秀吉の命により現在の位置に移転されました。

桃山時代の絵師・長谷川等伯作は日親と親交があり、その縁から、等伯の作品やゆかりの品が多数保管されています。

春には、等伯筆の縦約10m・横約6mにも及ぶ紙本濃彩画・涅槃図(重要文化財)が期間限定で特別公開されます。

基本情報
開催期間
2017年3月14日〜4月15日
開催時間
10時〜16時
料金
大人:1,000円
中高生:600円
小学生以下:無料
所在地
京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町
アクセス
・京都駅から京都市バス9系統乗車
⇒「堀川寺之内」から徒歩1分

4:黄梅院

織田信長が父・信秀の供養のために創建したのが始まりで、本能寺の変で信長が急逝した後、豊臣秀吉により増築され、現在の形となりました。

境内には、毛利家・織田家の墓所、小早川隆景・蒲生氏郷の墓塔もあります。

春の特別公開では、千利休作で苔の美しい「直中庭」、加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰ったとされる釣鐘など、戦国大名ゆかりの文化財が公開されます。

戦国ファン必見のお寺ですね。

基本情報
開催期間
2017年3月23日〜5月22日
開催時間
10時〜16時
料金
大人:600円
高校生:400円
中学生:300円
小学生以下:無料
所在地
京都市北区紫野大徳寺町83-1
アクセス
・京都駅から京都市バス205、206系統乗車
⇒「大徳寺前」から徒歩5分

5:総見院

織田信長の菩提寺として、豊臣秀吉により建立されたお寺です。

信長亡き後の政権争いの中、秀吉は主導権を握る目的で総見院を建立したとも言われています。

春の特別公開では、秀吉が奉納した木造織田信長公坐像(重要文化財)、秀吉が茶席を設けたとの記録が残る「大徳寺大茶会」が行われた茶室、信長公一族の墓がなどを見ることができます。

こちらも、戦国ファンは必ず訪れたい貴重なお寺です。

基本情報
開催期間
2017年4月12日〜5月22日
開催時間
10時〜16時
料金
大人:600円
高校生:400円
中学生:300円
小学生以下:無料
所在地
京都市北区紫野大徳寺町59
アクセス
・京都駅から京都市バス205、206系統乗車
⇒「大徳寺前」から徒歩7分

6:興臨院

能登国の大名・畠山義総が建立した後、加賀百万石の大名として知られる前田利家により改修され、前田家の菩提寺となりました。

春には、本堂・方丈庭園・唐門が特別に公開されます。

優美な姿で、静寂と落ち着きのある雰囲気を感じ取ることができるお寺です。

基本情報
開催期間
2017年3月23日〜6月5日
開催時間
10時〜16時
料金
大人:600円
高校生:400円
中学生:300円
所在地
京都市北区紫野大徳寺町80
アクセス
・京都駅から京都市バス205、206系統乗車
⇒「大徳寺前」から徒歩5分

あとがき

京都の春に特別公開される寺社仏閣一覧を紹介しました。

想像より数が多く、まとめるのも一苦労でした(笑)

桜など、花の美しい名所もあれば、貴重な文化財が見られるところもありますので、お好みに合わせて、ぜひ訪問してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す