2017京都・下鴨神社の流し雛は春の恒例行事!時間と混雑は?

3月3日ひな祭りです。

ひな祭りは女の子のための神事。

ひな人形を用意し、女の子の健やかな成長と幸せを祈願するお祭りですね。

京都でも、ひな祭りには多くのお寺・神社でお祭りが開催されますが、中でも最も有名なのが、下鴨神社の流し雛です。

流し雛とは、子供の身代わりとなる、和紙でできたひな人形を藁で編んだ桟俵に乗せ、御手洗川に流し、子供の無病息災を祈願する神事です。

ここでは、流し雛の歴史、概要から混雑予想まで、紹介します。

1. 流し雛の歴史

流し雛の起源には、悲しい歴史があります。

その昔、中国・漢の時代、ある男が3人の女の子をもうけましたが、3人とも3日のうちに亡くなってしまいました。

男の悲しむ姿を見た村人たちが3人の女の子の亡骸を水葬したことから、平安時代には、自身に降りかかる災難を人形に身代わりさせて川に流すという慣習が始まったと言われています。

この流し雛がさらに発展し、現在では豪華なひな人形を飾るようになったとされています。

2. 下鴨神社の流し雛

下鴨神社の流し雛は平安時代から続く歴史ある神事です。

先述のとおり、下鴨神社の流し雛では、子供の身代わりとなるひな人形を藁で編んだ桟俵に乗せ、御手洗川に流し、子供の無病息災を祈願します。

この流し雛は一般の参拝者でも参加可能。

販売所にて、ひな人形の大1,000円、小500円にて購入できますので、お子さんの成長と健康を祈って参加してみてはいかがでしょうか?

その他、十二単着付けのお披露目、お内裏様・お雛様による流し雛の神事も行われ、歴史ある伝統行事を間近で見ることができますよ。

2.1 時間

流し雛当日のスケジュールは以下の通りとなっています。

10時20分 :受付開始・桟俵販売
10時30分 :十二単・束帯衣着付け
11時00分 :流し雛の儀式典
12時00分~:一般参拝者による流し雛

3. 混雑予想

下鴨神社の流し雛は伝統ある行事ですから、当日は非常に混み合います。

ひな人形の販売は10時20分から開始ですが、1時間後には売り切れとなる年もあるので、お子さんの厄払いのために必ず参加されたい方は、受付開始前には並んでおくことをオススメします。

また、十二単着付け、お内裏様・お雛様による神事は多くの観光客でごった返すため、全景をしっかり見たい方は、開始1時間前には場所取りしておくことが必須になります。

ただし、流し雛自体は、時間が経つにつれて徐々に混雑が解消されるので、比較的ゆっくりと、自分のペースで流すことができますよ。

4. 基本情報

では、最後に基本情報をまとめて記載します。

基本情報
日程
3月3日
時間
受付開始:10時20分
流し雛:12時~
参拝料
境内無料
※流し雛は有料。
所在地
京都市左京区下鴨泉川町59

アクセス
・京都駅から京都市バス4、205系統乗車
⇒「下鴨神社前」下車すぐ
・京阪電車「出町柳駅」下車 徒歩12分

あとがき

下鴨神社では、葵祭・御手洗祭など、様々な祭りが行われますが、この流し雛を含めて、どれも伝統があり特徴的なものばかりです。

いかに下鴨神社が由緒正しい史跡であるかがわかりますね。

また、下鴨神社はパワースポットとしても知られており、縁結びのご利益は全国的にも非常に有名です。

流し雛に参加すると、必ずや子供の厄を払ってくれることでしょう。

コメントを残す